POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2016年12月9日
から poginfo
5件のコメント

予想大会「複勝名人への道」投票所

毎週、中央競馬の重賞で3着以内に入る馬を選ぶシンプルな予想大会です

優勝者には、賞品をご用意しております。新規参加をご希望の場合はコメント欄に参加の旨をお書きください。そのコメントをもって参加受付としますので、そのまま投票して頂いて結構です(今週より予想大会に参戦できます)

ルールは こちら

今週の対象レースは…

「チャレンジC」「カペラS」「阪神JF」

※阪神JFはG1チャンスでポイントが2倍となります
※2ndシーズンは、ラジオNIKKEI賞~有馬記念となります

・投票は各レースにつき1頭までです。2頭以上の投票は無効です
・投票は各レース発走予定時刻の5分前までにお願いいたします
・コメント欄が見つからない時は記事一番下の「パーマリンク」を押してください

▼前節までの途中経過はこちら
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/pointdata.htm



<順位表>
1位() 桜木悟史・10400pts
2位() ランディ・9660pts
3位() 黙殺常習犯・8290pts
4位() ローレライ・8130pts ※14週連続
5位() sea-biscuit・8010pts
6位() GIGA・7620pts
7位() 桜橋一己・6850pts
8位() オーゴンカープ・4430pts
9位() 地球限定シンガー・4310pts
10位() 桜館・3540pts ※4週連続
11位() たっくん・2160pts
12位() 貴行・2100pts
13位() 番長マリオ・1810pts
14位() 地下馬道・650pts

▼投票の際に1クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ




2016年12月8日
から poginfo
0件のコメント

マツリダゴッホ産駒2015年度産駒 配合注目馬(ブライトキャンパス、コスモラフェットなど)

▼マツリダゴッホ産駒の配合分析記事はこちら
http://pog-info.com/archives/3787

上記の観点で経過を観察していきたい馬を列挙しておきます。

ゲイリーピクシーの2015(母父Rahy)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015100691/
生産者:ビッグレッドファーム
馬名:ブライトキャンパス
馬主:ビッグレッドファーム
メモ:全姉エンゲルヘンは新馬勝ち。上記考察記事で挙げた3つのポイントを押さえており配合はポイント高い。

タニノジュレップの2015(母父コロナドズクエスト)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015105432/
生産者:岡田スタッド
馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング
厩舎:美浦・国枝栄厩舎
メモ:全兄ローズジュレップが兵庫ジュニアGPを勝利。3つの配合ポイントのうち、1つしか特徴を押さえてはいないが、ボルキロではないもののBold Rulerのクロスが効いている。

ヤマニンプチフールの2015(母父フレンチデピュティ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015100584/
生産者:錦岡牧場
メモ:半兄ヤマニンプチガトーは中央5勝。フレンチデピュティの母Mitterandがボルキロの組み合わせ。好相性のDanzig持ちでNorthern Dancerの血量も多く芝路線で期待。

コスモクラッベの2015(母父マイネルラヴ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015100694/
生産者:ビッグレッドファーム
馬名:コスモラフェット
馬主:ビッグレッドファーム
厩舎:美浦・田島俊明厩舎
メモ:5代目にボルキロの代表格Secretariatを持ち、母系のNorthern Dancerの6×5のクロスで芝適性をアップ。母父マイネルラヴで距離適性は1200m寄りか?

ローズウッドの2015(母父ホワイトマズル)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015105474/
生産者:岡田スタッド
落札者:ミルファーム
メモ:2016年サマーセールで236万円で落札。全姉パオロッサは2歳未勝利[芝1400m]を14番人気で逃げ切り、地方2勝。4代母Autocraticがボルキロの組み合わせ。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ



←他のPOGサイトも見てみる


■こちらの記事も読まれています

調教師データ分析:リーディング上位厩舎の1馬房平均出走数、依頼騎手ベスト5など

2016年度デビュー新種牡馬の分析[オルフェーヴル、ロードカナロア、ノヴェリスト、エイシンフラッシュ、ヘニーヒューズ]

POG2016-2017 関連書籍発売日まとめ


2016年12月7日
から poginfo
0件のコメント

マツリダゴッホ産駒の成功配合パターン(エンゲルヘン、アリンナ)

先週の阪神の新馬戦ではエンゲルヘンが新馬勝ちを収めた。昨年、ロードクエストの活躍で注目を集めたマツリダゴッホだが、今週末の阪神JFにもアリンナが出走を予定しており注目したい種牡馬だ。

そこで今回はマツリダゴッホ産駒の配合の好配合パターンについて探っていきたい。

■Point1:ボルキロが欠かせない!

まずマツリダゴッホ産駒の基本理論は『パーフェクト種牡馬辞典2016-2017』の望田潤氏の受け売りとなるが「マツリダゴッホにはボルキロが合う」が定説だ。ボルキロとはBold RulerとPrincequilloの組み合わせで、代表的なところだとSecretariat[セクレタリアト]などの血が入っているとマツリダゴッホが持つBold Bidderとボルキロのクロスになり、これが能力にプラスになっているという仮説が立てられる。

ただボルキロの血は幅広くそれだけだとなかなか好配合を絞ることができないので、この記事ではその考察をさらに深堀りしていきたい。

■Point2:母系にノーザンダンサー

まずマツリダゴッホの血統表を見た時に気になるのはマツリダゴッホ自身がまったくNorthern Dancerを持たないという点だろう。今の日本の芝への適性を考えるとノーザンダンサーの血は欠かせない存在で、可能な限り母系でNorthern Dancerを補ってあげるということがポイントになりそうだ。

実際に活躍馬の血統表を見てみると

■サンプル
マツリダゴッホ:母系にNorthern Dancer 5×5のクロス[Danzig,ノーザンテースト]
ウインマーレライ:母系の5代目にNorthern Dancer[Danzig]
エンゲルヘン:母系の4代目にNorthern Dancer[ノーザンテースト]
アリンナ:母系の5代目にNorthern Dancer[Danzig]

というようにノーザンダンサーの血が補われている。特にDanzigやノーザンテーストを経由してNorthern Dancerの血が入ってくると良さそうだ。

■Point3:機動力配合に注目

次にマツリダゴッホ産駒はマイル前後での活躍が目立つ。今年のエンゲルヘンやアリンナが逃げ切り勝ちをしており、1400mからマイルぐらいの競馬が合うようだ。そこでその舞台で大きな武器となる【機動力】というキーワードを意識してみると面白い馬を見つけられるかもしれない。

そういう観点で血統表を見ていくと、有望なのは「母系にHaloを持ち、Haloのクロスを持つ産駒」には注目してみたい。

■サンプル
エンゲルヘン:Halo 3×4のクロス持ち
ウインマーレライ:Halo 3×5のクロス持ち

またHaloでなくてもマツリダゴッホ産駒はHail to Reasonの血と相性がよく、Roberto系の血を母系に持っているケースが多い。上記の「ボルキロ」「Northern Dancer」に加えて「Halo,RobertoなどのHail to Reason」の血に注目すると良い産駒を見つけるヒントになりそうだ。

■マツリダゴッホ産駒まとめ

・「Bold Ruler×Princequillo」の血が入っているか探す
・母系でNorthern Dancerの薄さを補う[Danzigやノーザンテーストは好相性]
・Haloをクロスさせると機動力がアップ、逃げで強い

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ



←他のPOGサイトも見てみる


■こちらの記事も読まれています

調教師データ分析:リーディング上位厩舎の1馬房平均出走数、依頼騎手ベスト5など

2016年度デビュー新種牡馬の分析[オルフェーヴル、ロードカナロア、ノヴェリスト、エイシンフラッシュ、ヘニーヒューズ]


2016年12月5日
から poginfo
6件のコメント

レイデオロ、サトノアーサーのOP入りで牡馬戦線に動きあり!

pog20161204_1
pog20161204_2
pog20161204_3
【コメントのつけかた】
下記のURLよりPOGスタリオンへ ⇒ PO名をクリック ⇒ 近況コメント

▼POGスタリオンのページはこちら
http://pogstarion.com/groupuserlist.do?group_num=0603190621

【お知らせ】
9-12月限定オプション:未出走PO馬の指名変更(1頭のみ)はこちら

http://9318.teacup.com/furisuta/bbs




先週はようやく牡馬戦線を盛り上げる馬たちが出てきたという感じでしょう。

まずは土曜の中山・葉牡丹賞を制した私の愛馬でもあるレイデオロ(母ラドラーダ)。POGではあまり注目されていない存在でしたが、やっと少しは存在感を示せたかなと思います(笑)。

こうやって注目され始めると、過去の名馬と比較されたり、ラップなどが検証されるわけですが、個人的にいうと今回のレースはそこまで強くなかったかなというのが正直な感想です。内容の濃さでいえば、個人的には新馬戦のほうが強さを感じさせたと思います。ただそれはレイデオロが弱いというよりは、まだ本格化まで時間がかかるだろうという見方です。

血統的にみても祖母のレディブロンドは5歳でデビュー、母ラドラーダも3歳夏に勝ち上がり、早熟傾向のあるダイワメジャーをつけた半兄ティソーナも3歳春に連勝していますし、これから良くなっていくのだと思います。

ただ新馬戦後にルメール騎手が「良馬場ならもっと切れる」と話しており、その片鱗がうかがえたことはとても良かったかと思います。出資決定時の記事 にも書きましたが、私はレイデオロの身体的特徴から「ウインドインハーヘアの血が濃く出ている」という仮説のもと本馬に出資しているので、その仮説がある程度は的を射ていたことに一安心したという感じです(笑)。大げさな夢を言わせてもらえば「ミスプロ系ディープインパクト」みたいなポジションを目指して欲しいものです。

レイデオロの次走に関しては、ホープフルSが検討されているそうです。藤沢厩舎が中山を連戦させるイメージは私の中にはなかったのですが、今年の藤沢厩舎はサトノアレスを中山でしっかり勝ち上がらせたりと、一味違う使い方をしているのも事実。藤沢厩舎の牡馬クラシック制覇も本当に現実味を帯びてきているのかもしれません。

一方、日曜の阪神でも楽しみな馬がOP入り。
今年の当POG全体1位で指名されたサトノアーサー(母キングスローズ)が難なく500万下をクリア。こちらは32.7といういかにもディープという末脚。しかも直線でふらつく1番の馬に前をカットされる場面もあっての32秒台ですから、まともに600m追っていたらどれだけの脚を使っていたのか…そう思うと本当に怖い1頭が出てきたと思います。

こちらの馬は私も血統でピックアップしており、他のPOGでも指名しているので走って欲しいという気持ちと、レイデオロにとって嫌な相手が出てきたな…という複雑な感情が混ざり合っています(笑)

次走は2月のきさらぎ賞ということで厩舎の先輩サトノダイヤモンドと同じようなローテとなるかもしれません。ここには牝馬の期待株アドマイヤミヤビも出走を予定していますし、こちらも本当に楽しみ1戦となりそうです。

▼全参加者の指名馬一覧
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/horselist_16.htm

←他のPOGサイトも見てみる


2016年12月4日
から poginfo
0件のコメント

サトノアーサーはきさらぎ賞、レイデオロはホープフルSへ ほか/POG次走報

■レース別次走報

※現時点の次走予定を掲載。変更となる場合もあります。

★12/17ひいらぎ賞[中山芝1600m]
アウトライアーズ、ウインブライト、エトルディーニュ、ビルズトレジャー、ルートディレクトリ

★12/23千両賞[阪神芝1600m]
アルアイン

★12/25ホープフルS[中山芝2000m]
アドマイヤウイナー、グローブシアター、コスモス、ベストリゾート、レイデオロ

★1/7福寿草特別[京都芝2000m]
ワンダープチュック

★1/8シンザン記念[京都芝1600m]
タイセイスターリー

★1/28梅花賞[京都芝2400m]
インヴィクタ

★2/5きさらぎ賞[京都芝1800m]
アドマイヤミヤビ、サトノアーサー、プラチナヴォイス

★2/11クイーンC[東京芝1600m]
フローレスマジック

★2/12共同通信杯[東京芝1800m]
スワーヴリチャード

★3/5弥生賞[中山芝2000m]
カデナ

■ゲート試験合格(11/30-12/2)

★11/30栗東
オーサム、スズカウイング、ディヴィデント、ペイントドーロの2014

★11/30美浦
アトラクティヴアイ、サウスギガパワー、サコウイッパク、サーブルエトワール、ジェイケイマヤヒメ、タマモパレード、テギル、プリンスオブサクラ、ブレイビットアウト、ラティエラの2014、リーツリーの2014

★12/1栗東
アスターゴールド、アルセーヌメジャー、アングレカム、エアシャマール、エモーションブルー、キャンディストーム、スペシャルホース、タイムキーパー、タガノカトレア、タガノカピート、ピンクノミーナ、ホーリーブレイズ、メイショウツムギ、メイショウミハル、ラーケン、レッドスイング、ロードスタルディ、アスタラビクトリアの2014、アンダンテの2014、サイモンドルチェの2014、ドリームチャッターの2014、ナスヲアイシテの2014、ハッピーマキシマムの2014、メイショウナナボシの2014

★12/1美浦
アレジャポン、ファインパープル、ペイシャオブワキア、ランボシ、カフェドマーニの2014、タケデンサファイアの2014、ダブルプライムの2014、ハナショウブの2014、ポトリザリスの2014、ポロメリアの2014

★12/2栗東
アスターストーリー、エイトクレイン、オスカークイーン、キタサンシーザー、キンショーフェスタ、キーダッシュ、クラッシーデイム、グランフィーユ、クリノキング、シンギュラリティ、スエルテミノル、ステイウィズアンナ、ダノンロッソ、タンタグローリア、チタノプリンセス、ティンガティンガ、テンモース、ナムラヒート、ニホンピロハニー、ニホンピロメアリー、ネオヴェッキオ、ハギノエスカーダ、パステラリア、メイショウシオサイ、ラッレグラーレ、ロングアイガー、ワールドガーランド、ワールドフォーラブ、リードストーリーの2014

★12/2美浦
アーバンイェーガー、ウーヴリール、オフコース、オリジネイター、コハク、コンピレーション、シャムロック、スペシャルタレント、ゼットステイジ、ソルサリエンテ、ダイワオデッセイ、デアレガーロ、ディアユリアザミ、ドゥマイモンシェリ、ナマハゲ、パサデナ、ムードメーカー、ローザローザ、アースツリーの2014



←他のPOGサイトも見てみる


■こちらの記事も読まれています

調教師データ分析:リーディング上位厩舎の1馬房平均出走数、依頼騎手ベスト5など

2016年度デビュー新種牡馬の分析[オルフェーヴル、ロードカナロア、ノヴェリスト、エイシンフラッシュ、ヘニーヒューズ]

POG2016-2017 関連書籍発売日まとめ