POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2017年11月24日
から poginfo
4件のコメント

予想大会「複勝名人への道」投票所

毎週、中央競馬の重賞で複勝圏に入る馬を選ぶシンプルな予想大会です

優勝者には、賞品をご用意しております。新規参加をご希望の場合はコメント欄に参加の旨をお書きください。そのコメントをもって参加受付としますので、そのまま投票して頂いて結構です(今週より予想大会に参戦できます)

ルールは こちら

今週の対象レースは

「京都2歳S」「ジャパンC」「京阪杯」

※ジャパンCはG1チャンスでポイントが2倍となります
※2ndシーズンは、ラジオNIKKEI賞~有馬記念となります

・投票は各レースにつき1頭までです。2頭以上の投票は無効です
・投票・変更は各レース発走予定時刻の5分前までにお願いいたします
・コメント欄が見つからない時は記事一番下の「パーマリンク」を押してください

◆オプションの説明
【単勝勝負】1レースのみ選択して単勝を予想。的中で単オッズ×3倍
【一点入魂】1レースのみ選択して複勝を予想。的中で複オッズ×当週対象レース数(G1はさらに2倍)
※使用可能回数・詳しいことはルールをご覧ください

▼前節までの途中経過はこちら
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/pointdata.htm



<順位表>
1位() ランディ・10430pts ※13週連続
2位() 千代翁・8840pts ※15週連続
3位() たっくん・8020pts
4位() 桜館・6650pts ※7週連続
5位() mootin・6530pts
6位() sea-biscuit・6170pts
7位() 黙殺常習犯・5920pts
7位() yukimiyu・5920pts
9位() 桜木悟史・5190pts
10位() ローレライ・5160pts
11位() 地下馬道・4760pts
12位() 地球限定シンガー・4510pts
13位() 桜橋みさと・4500pts
14位() オーゴンカープ・4220pts
15位() 2525紫・3730pts
16位() GIGA・3330pts ※4週連続

▼投票の際に1クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ




2017年11月23日
から poginfo
0件のコメント

【ジャパンカップ】キタサンブラック・レイデオロに対する見解

これまで何度かレイデオロが出走するレースについて記事を書いてきましたが、今回の相手は王者キタサンブラック。いろいろシミュレートしましたが、今回に関しては勝てる確信には至りません。ただ、レイデオロが勝つために必要な展開・条件は見えています。

■キタサンブラック攻略法

まずキタサンブラックが自分の力を発揮しづらい条件について考えます。キタサンブラックが軌道に乗り始めた昨年秋以降に敗戦を喫したレースは2つあります。それが昨年の有馬記念と、今年の宝塚記念です。

今年の宝塚については、春G13連戦で体調が戻り切らなかったことが敗因とされていますが、それ以外に有馬記念との共通項があります。それは「3角でプレッシャーを受けている」という点。

有馬記念では、サトノダイヤモンドならびにサトノノブレスのチームプレイにより3角付近で力み、宝塚記念ではサトノクラウン騎乗のデムーロ騎手の絶妙なプレッシャーによって敗戦を喫しています。キタサンブラックは単純な逃げ馬ではありませんが、本質的には自分のペースを守って力を発揮するタイプですから、3角あたりで息を入れさせないことに、負かすためのヒントがあるように思えます。

そこで「自ら動いて、前にプレッシャーをかけられる馬」はキタサンブラックを負かす可能性を秘めていると言えます。そんな馬がいるか? それがずばりレイデオロなわけです。

ダービーでは向こう正面で動いて先頭マイスタイルのすぐ後ろにつけて、横山典弘騎手の変態的なスローペースを乱し、自ら勝利をもぎとったことは皆さんも覚えていることでしょう。

休み明け2戦目なので今回キタサンブラックはきちんとゲートを決めて前のほうにいくでしょう。そのキタサンブラックに対して、3角で一度プレッシャーをかけることができるかどうか?

ここがキタサンブラックを負かすためのターニングポイントになるでしょう。

私のイメージとしては、神戸新聞杯の展開で、前にいる武豊(ダンビュライト)に対して、一度、3角で横につけるぐらいの積極性が加われば、レイデオロがキタサンブラックを上回る可能性が出てくると思います。

あとルメール騎手は武豊騎手が作り出すペースに絶対的な信頼を置いています。この点は大きなポイントです。上記の神戸新聞杯ではルメール騎手はダンビュライトのすぐ後ろにつけていますし、昨年の有馬記念でも似たような乗り方をしています。ですから「キタサンブラックを倒す最右翼はレイデオロ」という大衆心理(2番人気が濃厚)はあながち的外れな感覚ではないと思います。

ただし懸念点となるなのは武豊騎手の右膝の状態。仮にこれが万全でなく、馬を抑えきれず、キタサンブラックが間違って60秒を切るようなペースになってしまった場合はこの記事に書いている予想はすべて破綻します。その時点で私の馬券は紙くずになると思います。

今回はレイデオロ出資者の視点でお話ししていますが、馬の資質という意味では最近スタートが安定してきたサトノクラウンも同様のことをすればキタサンブラックを負かすことが可能のはずです(鞍上がそういう作戦をとるかはさておき)。

■枠順・展開

さて、枠順が出ましたが、ポイントはレイデオロ(サトノクラウン)がキタサンブラックにプレッシャーをかけられるかどうかです。

キタサンブラックが2枠4番、レイデオロは1枠2番とともに良い枠に入りました。一方、サトノクラウンは自らプレッシャーをかけにいくには少し難しい枠になったように思えます。サトノクラウンが勝つには他の馬の補助が必要でしょう。

レイデオロに関しては、欲をいえばキタサンブラックの外からプレッシャーをかける競馬が理想なので、枠が逆だったら理想的だったと思いますが、それでもここ10年で最も連対率・複勝率がいい1枠ですから悪い枠ではありません。あとはゲートをきちんと出るかどうか。神戸新聞杯並みの好スタートを切れれば高い確率で1着になれます。逆に皐月賞ぐらいに出遅れれば勝てる確率はかなり低いでしょう。そのあたりはルメール騎手も把握していますし、なんとか良いスタートを切ってもらいたいと思います。

展開は3番枠に入ったギニョールが逃げる可能性もありますが、キタサンブラックにまったく影響は与えないでしょう。昨年の有馬記念でのマルターズアポジーの大逃げも一切気にしなかったですし、何番手でも競馬ができるのがキタサンブラックの強み。キタサンブラックは再度、出遅れない限り、力を出し切れる枠・隊列になるはずです。

イメージとしては、キタサンブラックが内ラチ沿いの1~3番手で、レイデオロがそのすぐ後ろか、1頭挟んでキタサンブラックをマークできる位置。3角でプレッシャーをかけられるかどうかはレイデオロの外にどんな馬がいるか次第。候補としては、ディサイファ・ソウルスターリング・シャケトラあたりでしょうか。

ここでポイントになるかもしれないのがソウルスターリング。藤沢調教師はCデムーロ騎手にこれまでのレース映像での勉強と「エンジンのかかりが遅いのでそれを考慮した乗り方」を注文するそうです。ですから、今回は早めに仕掛ける競馬をしてくる可能師があり、仮にレイデオロが内で動けない場合はソウルスターリングがプレッシャーにかけに行く可能性もあります。藤沢厩舎2騎でのチームプレイも考慮に入れておいてもよいかもしれません。

レイデオロはキタサンブラックをマークできる5番手前後ならチャンスあり、新馬戦やホープフルSのように狭いところを抜けてくるのも得意なので、直線、内側か外側にスペースがあればいい勝負に持ち込めるでしょう。

■結論

◎レイデオロ
〇ソウルスターリング
▲サトノクラウン
注キタサンブラック
△シュヴァルグラン
△イキートス

◎については毎回のことなので説明はしません。ただ2歳戦の時から書いていますが、レイデオロは重馬場だと足が滑りやすいので週末、晴れ予報の今回、大崩れは考えにくいとみます。

〇はサトノクラウンでも良かったのですが、ソウルスターリングにしました。とにかく調教の走りがいいですね。ソウルスターリングに関しては、夏の休養中に体調を崩しており、一時、毎日王冠の出走が危ぶまれていたぐらいですから、むしろここにきて体調が上がってきているように感じます。もしかすると寒い時期が得意なタイプかもしれません。

あと、これはあまり真に受けないほうがいい考え方なのですが、ここ数週の3歳馬の活躍で3歳世代の活躍に注目が集まっています。私自身はスワーヴリチャードやペルシアンナイトの勝利はまったくレイデオロが勝つ根拠にはならないと考えますが(キタサンブラックやサトノクラウンに先着している3歳馬がいれば少しは参考になりますが)、ただ勝負の世界の流れとして仮にレイデオロが勝って「世代交代!」と銘打つような結果になるとすれば、同じく3歳馬のソウルスターリングを連れてきて、それを一層印象づける結果になりそうな気がしています。レイデオロが優勝争いをするという前提のもとソウルスターリングの印を上げました。

以下、天皇賞1,2着の▲注は押さえますが、どうも武豊騎手の状態に対する不安が払拭できないのでキタサンブラックには絶対的な信頼は置かないことにしました。下手すると4着以内に沈むイメージもあります。今回は2頭軸などの作戦はとらない予定です(そういった馬券の作戦をとるとしても軸の片方はソウルスターリングか、サトノクラウンにします)。

連下候補は、左回りでこそのハーツクライ産駒シュヴァルグラン。ただしボウマン騎手はJRAのG1で馬券圏内に来たことがないので薄めの評価とします。

あと伏兵でイキートス。去年のジャパンカップでは、内を突いたとはいえシュヴァルグランと同じ34.4(上がり2位)を使って7着。3着とは0.1差で、最後の攻防で名前を呼ばれるほどの好走を見せました。

この馬には血統的に日本の馬場を走れる背景があります。2代父In the WingsはジャパンCの勝ち馬シングスピールを輩出、このIn the Wings-シングスピールの系譜からはローエングリンやアサクサデンエン、そしてロゴタイプが生まれており、鈍重なSadler’s Wells系にあって珍しい「日本の馬場(特に東京)を走れてしまう」タイプの父系です。

昨年のレースを振り返ると、ゲートでかなりごねており、初めてであろう大観衆の前でのスタートに興奮してしまい、スタートは出遅れ気味。仕方なく後方からの競馬を強いられましたが、この部分に慣れが見込めるなら去年より前進は可能。今度は3着に食い込む可能性もありそうです。

馬券はとりあえず3連単フォーメーション◎→〇▲注→〇▲注△の12点。
あと、◎〇の藤沢厩舎どんぶりの馬連かワイドは押さえる予定です。

挑む壁は高いですが、レイデオロには頑張ってもらいたいと思います。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ




←他のPOGサイトも見てみる


2017年11月22日
から poginfo
0件のコメント

美浦トレセン見学ツアーレポート【後編】(プール調教、厩舎見学)

こんにちは。桜木悟史です。

2017年10月18日に美浦トレーニングセンターの見学ツアーに参加してきたレポートです。今回は 先週公開した前編 の続きです。

■プール調教

坂路タワーでの見学のあとは美浦トレセンの敷地から少し外に出て、馬運車の見学を行ないました。

実際に馬運車の中に入れさせてもらい、競走馬が輸送時にどのように過ごしているか、またそのためにどのような工夫がなされているかなどを解説して頂きました(注:馬運車の内装は各業者で異なり、企業秘密などもあるので写真の掲載はありません)。

その後、再び敷地内に戻って、今度はプール調教を見学させて頂きました。その様子がこちら。

こちらの直線プール以外にも円形でもっと長い時間泳ぐことができるプールや、水中の床がウォーキングマシンになっているプールなどもあります。

プール調教は、脚への負担が少なく、心臓や肺を鍛えることができます。また、ジャグジー付きのプールもあり、調教後にリラックスさせるためにプールを利用する厩舎もあるとのこと。

今回いろいろなプール調教を間近で見学させてくれた高市厩舎のヤマイチジャスティ(牝4)

今回いろいろなプール調教を間近で見学させてくれた高市厩舎のヤマイチジャスティ(牝4)


リラックス効果を狙った調教といえば、美浦トレセンには森林馬道もあります。森林馬道をちょうど訪問した時に超クセのある馬として先日のアメトークでも紹介されたサトノティターン(牡4・堀厩舎)が1頭で歩いていました。堀厩舎の馬は原則的に集団行動をしているので、堀厩舎の馬が1頭で歩いているのは珍しいそうです。

■厩舎見学

今回の調教見学ツアー、なぜ思い切って仕事を休んで参加してみたかというと、今回見学する田中剛厩舎にはちょうど皐月賞馬ロゴタイプが富士Sに出走するために厩舎にいるスケジュールだったため。大好きなスターホースを間近で見れることを楽しみにしていました。しかし、皆さんご存知の通り、ロゴタイプは体調が整わず富士Sは出走回避、見学の前に放牧へ。そのまま引退となってしまいました。ロゴタイプに会うのは来年以降の社台スタリオン見学までお預けです。

それでも厩舎では、ロゴタイプの調教用ゼッケンを持っての撮影会や、厩舎に来た当時ロゴタイプはにんじんが好きでなかった話を聞かせてもらうなど面白かったですね(トレセンの厩舎で初めてにんじんを食べるという競走馬も多いらしく、にんじん嫌いは珍しいことではないそうです)。

G1勝馬は名前入りのゼッケンで調教を行なう。★はG1の勝利数を示している。

G1勝馬は名前入りのゼッケンで調教を行なう。★はG1の勝利数を示している。


また厩舎には、ちょうどデビューを目前に控えていたロゴタイプの全妹フェイスマーク(牝2)がいて、そのつぶらな瞳と大人しい応対でツアー参加の皆さんから大人気でした!

田中調教師によれば、まだ成長が必要だが、兄妹の中では一番ロゴタイプに似ているとのこと

田中調教師によれば、まだ成長が必要だが、兄妹の中では一番ロゴタイプに似ているとのこと


厩舎では、田中剛調教師の生い立ちや、エピソード、そして厩舎としての目標などの話や、厩舎でどのようなエサの管理をしているなどのレクチャーがありました。田中調教師、そして厩舎のスタッフの皆さま、お忙しい中、本当にありがとうございました。

田中剛調教師の目標「平地と障害で海外でも活躍する馬を育てる」

田中剛調教師の目標「平地と障害で海外でも活躍する馬を育てる」


田中剛厩舎

■おまけ

こうして朝5時半に開始したトレセン見学ツアーは11時すぎに終了。駐車場近くの建物に戻って、アンケートを書いてツアーは終了となります。

ここで、JRAからのお土産などがあります。実は、これが今回の見学ツアーの個人的な目的の狙いの2つ目でして、なんと美浦トレセン限定のレイデオロの人形(非売品!!)を頂戴しました♪

IMG_0456
ロゴタイプを厩舎で見られなかったのは本当に残念ですが、レイデオロの限定グッズをもらえただけでも大満足。しかし、今回のツアーではさらに田中剛厩舎のご厚意で、ロゴタイプグッズがもらえるじゃんけん大会もあり、ロゴタイプの朝日杯優勝時のパネルもGETしました!!

パネルには映っていませんが、このレースで私の愛馬ゴットフリートは3着でした(笑)

パネルには映っていませんが、このレースで私の愛馬ゴットフリートは3着でした(笑)


こうした厩舎関連のプレゼントが毎回あるのかは不明ですが、ここまで貴重なプレゼントもあって、厩舎見学ツアーは最高にコスパが高いと思います(参加料自体は無料ですし)。

そこで気になったので職員の方に、ツアーの倍率をお聞きしたところ、明確な倍率こそ教えて頂けませんでしたが、毎回それなりの抽選になっているとのこと。今回初めて見学ツアーに応募しましたが、初めての応募で当選できたのはラッキーだったかもしれません。

行なわれるのが平日で、かつ交通手段の問題で、なかなか参加しづらいトレセン見学ツアーですが、競馬ファンであれば間違いなく満足できると思います。ぜひ皆さんも機会があれば参加してみてください!

▼トレセン見学ツアーの情報はJRAのHPでご確認ください
http://www.jra.go.jp/news/

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ




←他のPOGサイトも見てみる


2017年11月22日
から poginfo
0件のコメント

【フリスタPOG】ワグネリアンの重賞勝利でビッグレッドさんが2位に浮上!

POG20171119_1
POG20171119_2




【特別ルールのご案内】
9~12月の間、自分の指名馬の中から未出走馬を選び、他の方が指名していない未デビュー馬1頭と交換できます。交換指名は以下の掲示板でお願いいたします。
http://9318.teacup.com/furisuta/bbs?
―――――――――――――――――――――――

ワグネリアン、東スポ杯2歳Sを勝利!
ビッグレッドさん、おめでとうございます!

暮れのG1前の天王山と思われた一戦はワグネリアンの完勝!
管理人指名のルーカスは完敗でした。

ワグネリアンは今年は休養で弥生賞からの始動が濃厚。賞金も十分に積んだと思いますし、クラシックに向けて順調そのものです。
それにしても管理人、ワグネリアンの全姉を指名しておきながら弟を指名しないで、その馬にヘンリーバローズ、ルーカスの2本の矢を両方へし折られるとは、、、虚しすぎて言葉もありません。。。||| 〇| ̄|_ ||||

そんな訳で今週の更新は軽めで終わります(苦笑)

▼全参加者の指名馬一覧
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/horselist_17.htm

←他のPOGサイトも見てみる


2017年11月19日
から poginfo
0件のコメント

【POG】ダークリパルサーは全日本2歳優駿、フラットレーはホープフルSへ ほか

※こちらの情報は個人調べとなります。誤りなどご容赦頂ければ幸いです
※情報が古い場合がございます。あらかじめご了承ください

■近況

コズミックフォース
年内はレースに使わないことが決定。次走は年明けとなる

アルビオリクス(母スカイディーバ)
11/26 東京芝1800mでデビュー予定。鞍上はルメール騎手。同レースにはテトラルキア・ピラータ・ヒーロークライシス等が出走予定

ヴェルテアシャフト(母ヒルダズパッション)
12/2 阪神芝2000mでデビュー予定。鞍上はデムーロ騎手

■レース別 出走予定

★12/2 葉牡丹賞 [中山芝2000m]
マイネルファンロン、キングスヴァリュー、プロトスター、シャルドネゴールド、ジェネラーレウーノ

★12/2 シクラメン賞 [阪神芝1800m]
オブセッション(ルメール)、ダノンフォーチュン、アイトーン、トゥラヴェスーラ、リュクスポケット、ソシアルクラブ?

★12/2 寒椿賞 [中京ダ1400m]
ミスターメロディ、デルマシャンパン、メイショウオーパス

★12/9 樅の木賞 [阪神ダ1800m]
テーオーエナジー

★12/10 黒松賞 [中山芝1200m]
サブリナ、ヴェルスパー

★12/10 こうやまき賞 [中京芝1600m]
グローリーヴェイズ、ケイアイノーテック?

★12/10 阪神JF [阪神芝1600m]
ベルーガ、レグルドール(高倉)、ロックディスタウン(ルメール)、モルトアレグロ(C.デム?)、ラッキーライラック(石橋)、サヤカチャン、コーディエライト、アマルフィコースト(C.デム?)、マドモアゼル、ソシアルクラブ、トーセンブレス、ラテュロス、ナスノシンフォニー?

★12/13 全日本2歳優駿 [川崎ダ1600m]
ドンフォルティス(武)、タイセイプライド(戸崎)、フィールシュパース、ルヴァンスレーヴ、ダークリパルサー、テーオーエナジー?

★12/16 ひいらぎ賞 [中山芝1600m]
カーボナード

★12/17 朝日杯FS [阪神芝1600m]
アサクサゲンキ、タワーオブロンドン(ルメール)、カツジ(松山)、ファストアプローチ、ステルヴィオ、ダノンプレミアム(川田)、ダノンスマッシュ、アイアンクロー、カシアス(浜中)、サウンドキアラ、ケイアイノーテック、タングルウッド?、ダークリパルサー?

★12/24 千両賞 [阪神芝1600m]
アドマイヤアルバ、ケイアイノーテック?

★12/24 クリスマスローズS [中山芝1200m]
アイスフィヨルド、ペイシャルアス

★12/28 エスペランサ賞 [中山ダ1200m]
アメリカンファクト

★12/28 ホープフルS [中山芝2000m]
サンリヴァル、ジャンダルム、フラットレー、プタハ、ジュンヴァルロ(藤岡康)、ゴーフォザサミット?、ナスノシンフォニー?

★福寿草特別 [京都芝2000m]
アドマイヤキング

★若駒S [京都芝2000m]
スーパーフェザー

★フィリーズR [阪神芝1400m]
アンヴァル

■ゲート合格情報

★11/15栗東
アメリカンエース、イラプション、ギベオン、クリスタルシャイン、サンライズフルメン、スマートパートナー、ダイアトニック、ダッシャードリーム、ブライトパス、プリヒストリー、マレインジェニイ、マンテンファースト、スペシャルグルーヴの2015

★11/15美浦
アルトコイン、ウインアイスバーグ、カズノポケット、キットドリームス、キュイーヴル、グレンガリー、サンクエトワール、ティーキャッスル、ドナファウスタ、トミケンミルト、トーセンプラウド、ニュムパ、ビクトリーモーン、ミメウルワシ、ミヤコキング、ラティカ、リベラシオン、レジーナドーロ、アルファグリンの2015、アンビエッツァの2015、トーセンエトワールの2015、ピーチフィズの2015、ミラクルベリーの2015、It’schemistrybabyの2015

★11/16栗東
ウインプライマリー、オールフォーラヴ、キョウワセロトーレ、キンショーウタヒメ、クリノセザンヌ、クリノタカラモノ、グリム、ジョユウ、スパーダドーロ、チャーミングホープ、トーセンフレール、ナポリタン、ナムラセンリョウ、ハクユウヴィグラス、バレーノロッソ、フラッグサルート、マイウェイカイ、マロンコート、クィーンヘイローの2015、ジャパニーズウィスパーの2015、ノベンバースルーの2015、ウェルカムゴールド、マヤノトリンケットの2015、メイショウハイパスの2015、レッドエルザの2015、Frontの2015、Harbinger Lassの2015、Love Walked Inの2015

★11/16美浦
オフザロック、オーネットタイガー、クールキャスト、ケイアイテディ、コスモキリュウ、サクラトップスター、スーパーアキラ、ダイヤモンドビーム、パワーバンド、フィエールマン、ペルネッティア、マイネルスカイ、マルーンエンブレム、ユウセイフラッシュ、ラルーナ、ヴェスティード、エイシンベリンダの2015、オンワードミシェルの2015、キラリダイヤモンドの2015、コズミックフレイムの2015、サインゴールドの2015、シャドウキャスターの2015、チェインブラッドの2015、プレンティフェスタの2015、レッドミスティ、ミスティックグロウ、メジロルバートの2015

★11/17栗東
アンジェロッティ、オースミバレル、カネトシレーヌ、キャンドゥ、コウユープリプリ、コマノジャスパ、サンティーニ、シーサイドイン、スエヒロドラ、タイセイトレンディ、チムニースイーパー、ディアアルム、バンブトンエガオ、ピオレ、フラッシュイメル、ポールウィン、メイショウグレン、メイショウテンモン、ラインクロノス、レクイエム、ワンダーゲッティン、エンジェルファタルの2015、バージニアキャットの2015

★11/17美浦
ウィズデライト、ヴィーヴァマーレ、エンチャントメント、エンパイヤアーサー、オテンバランナー、カレンアネーロ、キョウエイオビエド、ケネディーズネイル、サンドスピーダー、ジョーカー、スタートアップ、ダイワギャバン、トーホウキャサリン、ヌージェプレジール、バスクインザサン、フォールライン、プロットツイスト、エアリカコの2015、グリッターズの2015、スイートライラックの2015、ハイデルベーレの2015、フサイチリニモの2015、ロイヤルインパクトの2015




←他のPOGサイトも見てみる