POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ラドラーダの2013(ティソーナ)【キャロットクラブ募集番号11】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方を披露します。

<主な分析ファクター>

・種牡馬傾向、性別による傾向

・厩舎力、厩舎傾向

・DVDでの動き(怪我のリスク)

——————————————

11_ラドラーダ2013

父:ダイワメジャー
母:ラドラーダ
牡馬

募集価格:4,000万円
予定預託先:藤沢和雄厩舎

この馬は関東で募集されている馬の中で一番いいと感じた馬です。
DVDを見たところ、踏み込みも良く、オーラを感じる1頭。体型的には胴が少し詰まった感じでカタログにある通り、マイルが主戦場になるでしょう。

ダイワメジャー産駒なので、芝馬の確率が高いのですが、血統構成から言えばダート適性もあるとみています。その場合、関東だと東京ダート1600mや中山ダート1800mというレース数の多い舞台で戦えるので、上のクラスでもレース選びに困りにくいと予測しています。

懸念点をあげるならば2つ。まずは母父のシンボリクリスエスの存在。シンボリクリスエスの血は実態以上に馬をよく見せる傾向があり、そこが落とし穴になるケースがあるのでDVDの雰囲気を鵜呑みにしたくはない部分もあります。
そして2つ目の懸念点は厩舎。藤沢和厩舎の方針自体は事前に理解をしておけば問題ないかと思いますが、北村宏騎手など上位リーディングの中では勝率が低い騎手が主戦となるので、そのあたりのフラストレーションに耐える覚悟は必要です。それでもこれだけの雰囲気を持った馬はなかなかいないと思うので、ぜひ出資を検討したい1頭です。

(文=桜木悟史)

——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。

 

■2013年産の他の産駒の診断も見てみる!

http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2013


コメントを残す

必須欄は * がついています