POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2014年凱旋門賞のレースを振り返る(ハープスター、ゴールドシップ、ジャスタウェイ)

| 0件のコメント

昨日行なわれた凱旋門賞を振り返ってみたい。

今回はハープスター、ゴールドシップ、ジャスタウェイと日本のエース級が3頭も出走するということで例年以上に盛り上がっていた。それに反して結果はここ2年のオルフェーヴルのような結果を出すことはできなかった。今回はどうしてそのような結果になったのか分析してみたい。

まず、多くの人が言っている前哨戦の有無だ。これについては、過去のデータが示す通り、エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴルと前哨戦を使った馬は好走しており、前哨戦を使ったから好走できると断言できるわけではないが、統計的には好走の確率を高めることはできるという仮説は有力だ。

ただ、それだけでは凱旋門賞を勝つには足りない。
今回、ハープスターやゴールドシップの位置取りについて、騎手の判断や能力を問う意見を見受けられた。これについてはもう少し深く分析をするべきだろう。たとえば、2012年のオルフェーヴルはこの2頭と同じような位置で競馬を進めている。

【参考VTR】2012年凱旋門賞

もちろんペースの差や馬場の差があるので、単純な比較はできないが、現地での経験が豊富なスミヨン騎手も選択しうる位置取りであることを考えると、位置取り自体は問題でなかったとも解釈できる。

では何が悪かったのか? 上のVTRを見ていると、あることに気づく。それはフォルスストレートに入った時点でオルフェーヴルに騎乗していたスミヨン騎手は少しポジションを上げて馬群の横につけている。しかも、そうなることを見越してか、帯同馬のアヴェンティーノが進路を開けるかのように外へと逃げていくことが見て取れる。

このことからスミヨン騎手が以下のような思考を持っていたと推察できる。

・凱旋門賞で馬群を縫うような追い込みはできない
・外から差す場合、外に膨れてしまうと可能性が低くなる

それに対して今回のハープスターやゴールドシップはかなり外を走らされたことは一目瞭然だ。これが決定的な敗因というわけではないだろうが、ただこんな走りをしていたら、いつまで経っても凱旋門賞を勝てないのは素人目にもわかる。

いよいよ本題に近づいてきたが、日本馬が日本人騎手で凱旋門賞を勝つために必要なもの、それは「騎手の経験値」だろう。

本番前に数回乗った程度で感覚を掴むというほうが無茶な話だろう。馬に前哨戦が必要なように、騎手にも経験が必要である。それを1週間程度、試しで乗ってなんとかしようというのは、都合がよすぎる。日本で活躍するデムーロ騎手やルメール騎手にしても毎年、数ヵ月という単位で日本の競馬に参加しているからこそビッグレースで勝てるわけである。もし日本の競馬関係者が本気で凱旋門賞を勝とうと考えているのであれば、たとえば本番前に騎手が現地で何ヵ月か修行をするという選択肢があってもいいはずだ。

この観点でいえば、最終的には本番での騎乗は叶わなかったが、オルフェーヴルに乗るために池添騎手がフランスでの修業をしようとした(※結局スミヨン騎手への依頼が判明し、すぐに日本へ帰国した)姿勢というのは評価できる。このあたりの騎手の意気込みとか、そこに賭ける想いという部分で、まだまだ日本の競馬関係者は前進できる余地は大いにあるだろう。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ




←他のPOGサイトも見てみる

■最近気になったニュース

サクセスブロッケンが1日駅長に就任!

【基本に忠実で安心感がある!】飯田橋の博多ラーメンセンターで特製ラーメンを食べてみた!


コメントを残す

必須欄は * がついています