POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2015年度POGドラフトの感想など

| 14件のコメント

指名馬の獲得状況も順調のようですので、今年のドラフトを振り返ってみます。個別の馬に関する感想については来週あたりに募集をしたいと思いますので、それまでお待ちください(今年も管理人は補充指名馬が決まらず、苦労しています……苦笑)

まず今年のドラフトの当落表はこちら
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/draft_15.htm

まず全体的な印象としては、

「ディープインパクト産駒の指名が多かった」

ような気がします。

これも最終的な数字が出てから昨年比を出したいと思いますが、ディープで固めたリストが多かったですね。奇しくも皐月賞・ダービーをディープインパクト産駒が勝てなかった年でも、ここまで人気が集中とは、やはりディープインパクトは偉大です(そうは言っても期間中に行なわれるG1レース6つのうち、3つを勝っているので、当たり前といえば当たり前ですが)

さて、今年のドラフトで人気を集めたのがリライアブルエース(父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー)と、エルプシャフト(父ディープインパクト、母ビワハイジ)で、各5票づつの指名を受けました。ただビワハイジについては7,8位で3名から指名されるという不思議な現象。「獲れるはずないけど…」と考えた人が管理人も含めて3人もいたところは面白かったところです。

あと下位で人気を集めたのが、ラルク(父ディープインパクト、母ライラックスアンドレース)が4票。6~8位で人気を集めるという珍しい人気の集め方です。

ちなみに去年、当POGのドラフトで人気だったのがレッドライジェルサトノシャルマンですから、ドラフトで人気した馬が必ず走るとは限りません。

そして次に感じたのは

「新種牡馬の不人気っぷり」

でしょうか。

昨年のハービンジャーが9頭の指名があったのに対して、今年はドラフト開票時点でヴィクトワールピサ産駒が5頭、ワークフォース産駒が2頭とかなり少なめ。個人的にはワークフォースは母系のSadler’s Wellsの鈍重そうな部分が嫌われたと解釈していますが、ヴィクトワールピサの不人気は意外でした。写真などで見る限りは筋肉が詰まった好馬体の馬が多かったと思いますが、やはりネオユニヴァース産駒が種牡馬デビュー当初、過剰に人気を集めて一部POGファンの期待を裏切ったような面があるので、これは仕方ないのかもしれません(それでもヴィクトワールピサ、ロジユニヴァースと2頭もクラシックホースを輩出したのは立派だとは思いますが)

ちなみに、ヴィクトワールピサ産駒の代表産駒になりそうなダノンスパーク(母スターアイル)を預かる音無調教師は直近のインタビューで「(ヴィクトワールピサ、ワークフォースの2頭の新種牡馬は)評価が難しいね」と話しており、関係者の間でも評価が難しいところのようです。なおダノンスパークに関しては距離は2000mぐらいまでは持つという見立てのようです。

最後にフリスタPOG、そして個人としての振り返りです。

まず当POGで定番になりつつMy血統という観点で言うと、シルクプリマドンナの2013は貴行さん、ダリシアの2013は千代翁さん、そしてソニックグルーヴ・スペシャルグルーヴの一族はゆうさんにいつも通りに落ち着いて一安心(ただ個人的にはダリシアには関西に流れてもらって、千代翁さんとmootinさんの殴り合い(譲り合い?)が見たかった気もします。笑)

逆に、My血統という観点でいくと、FUTABAさんがかつて指名していたレーヴディソール・ローブデコルテの仔2頭とも獲れなかったのは個人的に残念なところ。2,4位と上位指名していたのに獲れなかったあたりが、やはりドラフトの難しいところです。

個人的にドラフトで驚いたのは、黙殺常習犯さんのシャリオドール(父ヴィクトワールピサ、母サプレザ)と、おっちさんのアドヴェントス(父ジャングルポケット、母アドマイヤサンデー)のドラ1指名でした。

シャリオドールに関してはサプレザが日本の馬場への適性も高かったので引退当時は産駒に注目しておこうとは思っていましたが、実際には指名にはいたりませんでした。ただ、この仔は走ってもおかしくない気がします。

そして、個人的にやられたと思ったのがアドヴェントス。姉たちと比べると牧場関係者のトーンがいまいちだったですし、この春に一度、軽いアクシデントの情報もあったので、これは黙っていれば単独指名できると考えていましたが、その考えは甘かったようです(苦笑)
この馬に関しては、昨年のキャロットクラブ募集馬のレポートでも書きましたが、ぜひPOGで獲りたかった1頭だったので、今後も注目していきたいと思います。

今年のドラフトは個人的には40点ぐらいのデキです。いつも通りに単独指名できそうなギリギリの馬をチョイスしたつもりでしたが、今年は運悪くそれぞれ2人づつの競合になって肝心なところで負けすぎました。ただ順位をどう入れ替えても厳しい結果だったので今年はリストの作り方が悪かったと思って勉強の1年にしようと思います。




←他のPOGサイトも見てみる

■最近気になったニュース

サクセスブロッケンが1日駅長に就任!

【秋葉原の個性派ラーメン!】『かごしまラーメン 我流風』で極旨我流風を食べてみた!


14件のコメント

  1. こんばんわ!
    mootinさんは多分去年からダリシアに見切りをつけておられるような気がします。
    これからも私が引き受けさせていただきます(笑)
    以前、桜木さんのコラムで母サセッティに触れておられたので、ひょっとして指名があるのでは?と思っていたのですが、なさそうだったので9頭目の指名に充てました。
    もともと一次のドラフトで良くて7頭位・・・と踏んでましたから、一次の投票時点ですでに追加の馬のリストも作っておりました。
    桜木さんのハルーワスウィートはいいですね!今年の二歳の中で何かしら一番確実な馬ってイメージがありますが、どうでしょうか?

  2. >千代翁さん
    それでは、これからもダリシアの引き受けはよろしくお願いします?(笑)

    サセッティについては毎年、千代翁さんかポポさんが指名する運びですのでリストに入れませんでした。ただカジノドライヴ産駒については注目しているので、おそらくこのあと指名すると思います。

    ハルーワスウィートは正直、現状はよくわからないですね。兄に比べると成長度は遅いのでこれは堅実タイプというより、一発タイプな気がします。順位を1つでも落としていたら獲られていただけに活躍して欲しいですね。

  3. 例年、ドラ1は矢作厩舎から指名するんですが、ゴールデンドックエーに指名順17番目で特攻するのは無謀なのでやめておきました(笑)
    リリーオブザヴァレーは母父ガリレオや馬主がトーセンというのもあって、獲れるだろうと踏んでいたんですが、やはり角居ブランドは恐るべしといったところでしょうか。

    最後はローエングリンでいきました。上が走ってないにも関わらず、この馬は社台オーナーズ募集で2000万という強気の値付け。
    おそらく照哉社長が命名したであろうディッタースドルフという音楽関連馬名、父と同じ栗毛ということで期待できるのではないかと密かに思ってます!

  4. 毎年、ドラ1はレーヴドスカーで、彼女の産駒の性別により、そちらの路線は、その産駒にある意味任せていましたが
    今年は、当産駒を外したということで、昨年振るわなかった牝馬に重点を置きました。
    サプレザは、馬券でもお世話になりましたし、戸田先生にも、キストゥヘヴン以来のクラシックを期待します。
    ヴィクトワールに関しては、積極的に2頭指名しました。
    ファーストバイオリンは、サウンズオブアース時に比べますと、吹きが大人しくなったので、逆に狙い目かなと。
    最後に、テイエムユメノコ、配合からすれば、プロの方も高評価の当馬、勢いのある父で、この子こそ夢の子になれるでしょうか。

  5. 桜木さん、こんばんは。

    アドヴェントス、ドラ1指名してしまい
    すみません(笑)

    実はキャロで一口持っていまして
    走ってくれなきゃ困りますという
    希望も込めての1位指名です。

  6. 指名無事終わりました。
    キンカメ2頭以外はすべて違う種牡馬の仔となったのが吉と出るのか・・・。
    2頭目のダンスインザムードっ仔や最後の橋口先生の管理馬など趣味性も両立できた指名で満足しています。

    >sea-biscuitさん
    リリーオブザヴァレーは大物感たっぷりの馬体と世界的に最も勢いのある母系血統に惹かれました。
    また、母父ガリレオですが相性の良いラストタイクーンやスピード色の強いペニカンプが入っているので嫌う必要はないと判断しました。
    島川オーナーは今年の2歳から冠名を廃止されたことも好感を持ちましたね。

  7. 母ゴールデンドックエーは前期も指名して準エース級の働きを
    してくれたので、レーヴディソールとローブデコルテと合わせて
    ゆかりの馬として指名しました。
    レーヴは父ハービンジャー、ローブは姉が気性悪かったりとかで
    皆さんが上位指名避けてくれればいいな〜と思ったのですが甘かったです・・

    ちなみに母イタリアンレッドも指名馬だったのでなんとなく指名。
    期間中は全く走らなかったので、この子もどうかと思うのですが
    キンカメだしいいかなと♪

  8. >sea-biscuitさん
    ヴァンキッシュランは馬体が良くて、さらにおっしゃる通り、角居ブランドが強力でしたね。正直、私もここまで上位での獲り合いになるとは予測していませんでした。

    ローエングリン産駒は来年が本番ですが、そろそろ存在感がなくなってきたので、今年あたり重賞に出てくるような馬が出てくることを期待しています。それがナイトインブラックなのか、ディッターズドルフなのか、注目です。

  9. >おっちさん
    私も出資候補にしていましたが、これはいい馬だと思いますね。
    さらに今年からは堀厩舎人気が急騰するでしょうから、いい買い物だったのでは?他のPOGでは積極的に指名している1頭なので、私も応援させて頂きます!

  10. >たっくんさん
    個人的には、たっくんさんの指名馬の中に指名予定の馬がいっぱいいるので個人的にかなり注目度高いです。オデュッセウスもそうですが、ラドラーダは出資申込(落選)した馬ですが、思ったよりも始動は早そうでPOG期間の大活躍もありそうです。

    あと個人的に気になっているのはシャケトラですね。例年のセレクトの中で金子ブランドの成功パターンっぽい匂いがかなりあるので、さらっとNHKマイルCとか持っていきそうなイメージがあります。ただ自分はなんとなく名前が好きじゃなかったので今回は指名をスルーしました(笑)

  11. >FUTABAさん
    ゴールデンドックエーはうまく競合で獲れてよかったですよね。
    アラバスターはハービンジャーが不人気だったのでどういう指名になるかと気にしていましたが、2巡目で消えるのですからやはり注目度は高かったですね。

    イタリアンレッドに関しては東サラの代表のインタビューみましたが期待度は高いようですね。ただ意外とダート寄りっぽい印象が個人的にはありました。デビューも早そうなので、早く競馬場で走る姿をみたいですね!

  12. >黙殺常習犯さん
    今年は正直、レーヴドスカーをどうするのかなぁと思っていましたが、思い切って完全スルーでしたね。この作戦が吉と出るのか、凶と出るのかちょっと注目です。

    あと個人的にツボだったのは、やはりテイエムユメノコですね!
    父スクリーンヒーロー、母父テイエムオペラオー、母母テイエムオーシャンとPOGファン的には関心を持たざるをえない配合。テイエムオーシャンの一族はなかなか期待に沿うような活躍ができていませんが、どんな母系にも合うスクリーンヒーローが火付け役になって一気に能力が開花するストーリーはぜひ見てみたいですね!

  13. >千代翁さん

    ダリシアは見限った訳ではなく…POG本格参戦以来栗東縛りを貫いてる為、泣く泣くお譲りしました(涙)
    特に今年の仔は、父がディープに替わり注目してました。
    里見さんの栗東での預託厩舎の池江、角居、藤原英の3ブランド入りなら、殴りあってでも取りに行ったんですけどね(笑)

    個人的には、私もたっくんさんの指名馬に、気になる馬多いですね

    リリーオブザヴァレーは、sea-biscuitさん同様、POG本での露出も少ないので、中位で取れると思ってましたf^_^;)

    角居厩舎で、この時期にゲート通してじっくり成長待って馬に合わせてデビューっていうのは、厩舎の王道ですから…やはり甘かったですねf^_^;)

  14. >>たっくんさん
    トーセン〇〇も最近は定着してきましたが、ヴァンキッシュランのほうがいいですよね。この仔の活躍に期待しましょう!

コメントを残す

必須欄は * がついています