POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

POG指名馬の指名理由を募集します

| 14件のコメント

フリスタPOGの恒例行事ですが、皆さまの指名理由や意気込みを募集します。個人的にドラフトもそうですが、このコメント募集が1年で一番楽しみなイベントでもあります。ぜひ積極的にコメントして頂きたいと思います!

ちなみに今年はオマケとして「本当に獲りたかった1頭」という欄も追加しました。ドラフトの順位によって、ドラフトにも入れなかった本当に獲りたかった馬がいると思うので、そういう馬を教えて頂けると勉強になります。獲れた馬でもいいですし、獲れなかった馬でもいいので、今年最も注目・期待している1頭を教えて頂けると嬉しいです。

■コメント例

母ハルーワスウィート(ヴィブロス)
体のバランスはいいですが、完全に成長待ち。おそらく三振かホームランというタイプ。ホームランなら桜花賞を勝つような気がします。兄シュヴァルグランが果たせなかったクラシック出走を目指して欲しいですね。

母ダイワスカーレット(ダイワウィズミー)
この馬がドラフトで単独指名だったのがかなりショックでした。…まぁ昨年も誰も指名してしない訳ですが…。キングカメハメハ×ダイワスカーレットというマツクニブランドの結晶とも呼べるこの馬が不人気というのは、「時代が変わったなぁ…」としみじみ感じるわけでございます。個人的に一番頑張って欲しい1頭です。

母ステレオタイプ(ナイトインブラック)
兄ロゴタイプで好走条件がはっきりしているはずなのに、函館芝1200mから使い始める厩舎にかなり不満はあるのですが、ローエングリン好きに課せられたハンデとして受け入れます。

母タイキクラリティ(フィールドシャルム)
この馬はドラフトで獲れると思ってなかったので想定外の1頭です。単純に小倉でデビューしそうな馬が欲しかったのが理由。小倉2歳Sで掲示板を拾って、暮れのクリスマスローズSを勝つ、そんなイメージです。

母トウカイミステリー(トウカイメジャー)
小倉系で本当に期待しているのは、実はこのトウカイメジャー。ただこれまでの経験上、これは晩成タイプっぽいので、「目指せ!母娘での北九州記念制覇」を目標に頑張って欲しいと思います(笑)

母ファンジカ(ファンタサイズ)
補充指名は中距離牡馬を中心に補強。矢作厩舎は今年は預託頭数が多くて、回転率が悪そうな懸念はありますが、ハードトレで鍛えてくれればハーツクライ産駒だけに急浮上してきそうな予感はあります。

母マルヴァーンスプリング(ペガサスバローズ)
今年は指名で失敗を繰り返しましたが、この馬を獲れたことだけは本当に満足。この馬が重賞を勝ったら成績はどうでもいい感じです(笑)今年は角居厩舎にいい馬が揃っていますが、その中でも一番いいなと感じた1頭。自分の相馬眼に一切自信はありませんが、この馬が活躍したら「自分の見る眼に狂いはなかったな」と。血統イメージ的には共同通信杯あたり勝ちそうです。

母エスユーエフシー(馬名未定)
上記のマルヴァーンスプリングもそうですが、13年産駒は12年の前半に種付けしており、2011年の産駒成績が大きく反映されます。その2011年はオルフェーヴル三冠の年。つまりステイゴールド産駒の質は良いだろうと推理。あまりハズレの馬を買わないシャドウの飯塚氏が購入、さらに競馬カメラマンの荒木氏もPOGで指名。こちらは他人の相馬眼に便乗しました(笑)

母レストレスハート(レイジングハート)
これは出資馬という理由だけです(笑)
カジノドライヴの評判は無風状態ですが、そこまで悪くないかなというのが個人的な印象。この馬に関してはPOG期間中に1勝でもしてくれれば合格点です。

母レンⅡ(ウルトラバロック)
今回の補充指名は原則的に牡馬に絞りました。いろいろ即戦力候補を探すも断念。最終的には馬体だけでこの馬をチョイス。
レインダンスの下と良血ですし、兄姉の戦績を見るとエルコンドルパサー・ダンスインザダーク・マンハッタンカフェで結果を出しているように、かえってヴィクトワールピサのような重厚な感じの血統のほうがマッチしそうと読みました。ダイワディズミーも合わせてマツクニ王国の復権を期待します。

■本当に獲りたかった1頭:母ウィキッドリーパーフェクト(ハートレー)
本来であれば、関東のディープインパクト産駒は敬遠するのですが、それを差し引いてもこの馬の雰囲気はいいですね。個人的にマークしている、いい馬を多く持っている某一口馬主さんが今年はこの馬を持っているみたいなので注目しています。ドラフトは実質3巡目で消えてしまったのでどうしようもなかったですが、この馬は中距離路線のエースとして欲しかったです。

☆総括
今年はドラフトの結果が自分のPOG史上最悪レベルの結果だったので、優勝争いはすでに諦めています。とりあえず今年の目標は3年連続の重賞勝ちに設定したので、ダイワウィズミーやペガサスバローズを中心に応援していけたらと思います。

ちなみに昨年の皆さんの指名理由は コチラ

いま見返すと、やはりいろいろ面白いです。
私の場合ですと、フローレスダンサーはハービンジャー牝馬の中で2位(全体でも7位)だし、サフィロスも2歳戦の稼ぎ方は良かった。ベルラップも予告通りにダービーに出走。そして、勇気を出して池江寿厩舎の牝馬という地雷も踏みにいっている!でも踏む地雷を間違えるという痛恨のミス(笑)

今年は上に書いた予告がどれだけ的を射ているのか楽しめればと思います。




←他のPOGサイトも見てみる

■最近気になったニュース

サクセスブロッケンが1日駅長に就任!

【秋葉原の個性派ラーメン!】『かごしまラーメン 我流風』で極旨我流風を食べてみた!


14件のコメント

  1. 桜木さん

    お世話になってます。

    応援コメントなのですが、メールで送る方式なのでしょうか?

  2. >コイコイさん
    この記事へのコメントをつけて頂く形で応援コメントを書いて頂ければと思います!お時間があればぜひ^^

  3. 指名が終わりましたので書かせていただきます。

    本当に獲りたかった1頭・・・母ゴールデンドックエー(リライアブルエース)
    →指名順が下位なので回避しましたが、これは走ると思います。
    素質を見せるも善戦止まりだった馬の弟妹を狙うのはPOGで有効な戦略。

    1位・・・母オンヴェラ(アストロブレーム)
    →社台F-藤原英厩舎は相性よし、過去にはエイシンフラッシュ、トーセンラー、デアリングハートと活躍馬がズラリ。
    ディープと母父スマートストライクの配合からはレッドオーヴァルが出ている。

    2位・・・母シャイニングエナジー(アイアンマン)
    →アトムの全弟で池江厩舎。マイル路線で期待します。

    3位・・・母ウィキウィキ
    →全姉ウリウリが短距離路線で活躍中。牡馬ということで2000mぐらいまでこなしてくれないか。

    4位・・・母インディアナギャル(ロードプレミアム)
    →全兄ロードグランツは1戦で引退と厳しい結果となったが、その分この馬にかかる期待は大きい。
    ディープと母父インティカブからはサトノラーゼンが出た。

    5位・・・母ピースオブラヴ(アズナヴァル)
    →新進気鋭の牧場チャンピオンズファーム生産。今期の隠し玉です。
    母父マイネルラヴがひっかかりますが、そこは父ディープの威光でなんとか・・

    6位・・・母アーマイン(キングオブアームズ)
    →全兄コートオブアームズのリベンジ指名です。今期もダメだったら、もうこの血統を追いかけるのはやめておきます(笑)

    7位・・・母ワンカラット(ワントゥワン)
    →POG本での情報が少ないなか、優駿で本馬の紹介記事を発見。
    母似の黒鹿毛の馬体で太い首差し。ディープと母父ファルブラヴからはハープスターが出ていることも後押しとなりました。

    8位・・・母スズカエルマンボ(ダノンプレシャス)
    →やや短距離馬に偏り気味なので、芝2400mを走れそうな血統で選びました。
    2歳馬受け入れを再開した角居厩舎の逆襲に期待です。

    9位・・・母チューニー(グランドバローズ)
    →ここで新種牡馬枠としてワークフォースから1頭。
    古くはサクラプレジデント、最近ではチチカステナンゴと新種牡馬に飛びついて痛い目にあっている私ですが、チューニーは何をつけてもそこそこ走らせるので期待です。

    10位・・・母フレンチアイドル(ディッタースドルフ)
    ローエングリン産駒は現1歳馬から豪華なラインナップとなってますが、再来年の活躍を見越してここは先物買いで指名します。
    馬名も馬体もかっこいいですよ。

  4. ブロードアピール 本当にとりたかった一頭 
     今年はドラフト一位に根拠のない自信あり
     アドマイヤシャイの成績を見れば、納得です。

    ビリーヴ
     このお母さんにして、走らないわけはない・・・はず

    ソニックグルーヴ&スペシャルグルーヴ
     とれてよかった・・・競争能力よりも、身体故障率をどこまで下げられるかが重要。
     私の大好きな血統なのです。

    マンデーデライト
     勘です。相変わらず、フィーリング。未勝利脱出くらいはしてほしい。
      
    ディスカバリングビューティー
     バランスいいなぁ・・・と感じました。サラブレ見てて。

    ゴッドフェニックス
     この血統からも、そろそろ大物の予感

    レッドステラーノ
     お願いします。せめて500万下までは・・・
     
    フラワーパーク
     ヴァンセンヌを見てたら、おく手なのかなぁと・・・

  5. 桜木さん

    返信ありがとうございます。

    裏POGリストがまだ提出できていないので、そちらを出してからコメントします。

  6. 今年から参加させて頂くコイコイです

    よろしくお願いします

    1位・・・母ローブデコルテ
    母系もディープと相性がよさそうで、姉は素質馬
    この母の仔ですし、松元厩舎も気合をいれて頑張ってくれるでしょう

    2位・・・母ターフローズ
    兄ロサギガンティアにお世話になったのでターフローズの仔は絶対欲しかったです
    (馬名がかっこいいのも含めて)
    予定外なのは開幕週デビューで注目を浴びてしまったこと
    しかも蓋を開けてみれば単独指名・・・
    デビューは4着でしたが、先行できれば持ち味がでると思っています

    3位・・・母シャルマンスタイル
    社台が他牧場から買ってきて、ハーツと相性のいい血統で、須貝厩舎
    完全に匂いますね

    4位・・・母メリッサ
    ディープと相性のいいLyphard 、トニービンが入っていて、中位で狙い目だと思いました
    馬主ミッキーも勢いがありますし、国枝厩舎の1番馬になってもらいたいです

    5位・・・母ココシュニック
    兄も実績馬で早期デビューできそうなのと馬主の勢いですかね
    ただよくよく血統見ると自分好みじゃなかった笑

    6位・・・母ゴールドレリック
    Mr. Prospector 、Nureyev (Forli )、Tudor Minstrel 、Lyphard とディープと相性抜群の血統だと思っています
    問題は名前以外情報が全くないところ
    チェンジ候補の一頭です

    7位・・・母アイランドファッション
    個人的には評価していないロブロイでパシフィックギャルがでるなら
    ディープならもっと走るんじゃない?ってことで
    (血統的にも相性よさそう)
    ただこちらも問題は名前以外情報がないことです
    よってこちらもチェンジ候補の1頭です

    8位・・・母Hopeoverexperience
    海外セール馬を調べていて1番気になったのがこの馬の父Scat Daddy
    ヨハネスブルグの仔なら早期芝短距離でいけるんではと思っています
    さらにホウライアキコと一緒でSecretariat、Mr. Prospector持ち
    斎藤誠厩舎、林正道氏なのも激熱です

    9位・・・母パイタ
    ディープ×Roberto系は個人的にないの組み合わせなのですが、Intikhabだけは別なのではないかと思いの指名です
    サトノラーゼンの後追いって言われればそれまでですけど笑

    10位・・・母ディアデラノビア
    桜木さんに例の馬を獲られたのでこちらを笑
    兄のデビュー戦は強かったですし、順調にいっていればもっと上までいけたと思っています
    冬の中山で頑張ってください

    本当に獲りたかった1頭
    もちろん母マルヴァーンスプリングです
    Deputy Minister系は一発長打がありますし、三嶋牧場が2年連続でステゴを付けてるのも気になります
    さらに最近社台の恩恵を受けつつあるバローズ×角居厩舎なのも匂います

    指名を終えての感想ですが、単独を狙いにいって情報の少ない馬を指名しすぎたと思いました

    今回の結果次第ですが、来年は良血を攻めて足りなければ補充というスタンスも考えなければいけないと思いました

    目標は10位以内です笑

  7. 1位:サプレザ
    複数回来日すると、前回とは別馬のように凡走する馬も多い中で
    3年連続の来日、勝てはしませんでしたが、すべて掲示板と、立派でした。
    ネオの牝馬は難しい馬が多いですが、ピサの牝馬はどうなりますでしょうか。
    追いつけ、追い越せ、キストゥヘブン。

    2位:アコースティクス
    配合としては、ディープ活躍馬たちに近いものがあり、申し分なし。
    ロジユニヴァース以後の人気も、そろそろ収まってきたところで、狙い目かなと。
    小さかった馬体も、どんどん増えてきて、そこも好感触ですね。

    3位:ローズバド
    全姉ロザリウムが走っていない点は気になりますが、馬は良いと思いますし
    兄弟の中では値段が安いですが、値段が走るわけでもありません。
    「値付けを安く間違えた」というお話は、本当になるか否か。

    4位:ファーストバイオリン
    ピサの牡馬が欲しかったので、期待されているこの母の子を選びました。
    サウンズオブアースは、良い馬ながら突き抜けきれないところがありますので
    当馬には、どこか1点突きぬけてほしいものです。

    5位:ボルドグザグ
    どんどん派手になっていく千葉セールから1頭狙いたく、当馬を選びました。
    この父と言えば、日本ではダービー馬エイシンフラッシュになりますが
    スピード系の母系から、マイルぐらいで活躍してくれればと思います。

    6位:ホクレレ
    初仔のワイカヘは、5月にやっと初出走とデビューが遅れていますし
    当馬もあまり情報もなく、村山厩舎も、活躍馬は牡馬が思いつきますね。
    母は、体もあり、ポテンシャルも高かったと思うので、金子血統で1発。

    7位:ショウナンカッサイ
    面白い血統背景、母のような路線を期待しています。
    ただ、カッサイ自身は惜しくも亡くなり、当馬が唯一の後継牝馬となりそうで
    まずは競走生活に集中、ともいかなさそうなのが心配ですね。

    8位:シャンラン
    ショウナンアルバにお世話になったのでシリーズ、第2弾、半弟です。
    昨年のタガノレジェンドは、残念ながら病気で亡くなってしまいました。
    若駒に定評のある斎藤厩舎で、関東から出世してもらえればと思います。

    9位:ドリームモーメント
    須貝厩舎のハーツ牡馬ですが、馬主が意外な久米田さんなので狙ってみました。
    血統的な裏付けもあるようで、ユニヴァース以来の大当たりを期待しています。
    ゲート合格後放牧に出たようですが、それが予定通りならいいですね。

    10位:テイエムユメノコ
    母自身を指名したこともありますが、スクリーンヒーロー狙いでもあります。
    安田記念馬モーリスらと同じ、スクリーンヒーロー×サドラーということで
    テイエムの夢の仔は、この仔なんじゃないかと思っています。
    この仔は、なかなか情報が出なくても交換しないつもりです(笑)

    一番取りたかった馬:ゴールデンドックエー
    前の7頭で消えると思い回避、事実、直前で指名されました。
    アルバートドックは、力はありながら、ちょっともどかしい成績になりました。
    白百合Sをしっかり勝ってきたあたり、やはりポテンシャルのある馬でしたし
    いかにも狙い目の弟、といった感じで、指名したい1頭でした。

  8. 母チャールストンハーバー
    良血の速攻マイル系をいの一番に指名したいと考え、20番目の指名順ということもありディープインパクト産を避け、情報ではデビューが速そうな本馬を選ぶも、デビュー日直前にガリガリで放牧という悲しい状況に。デビューはいつの日やら。

    母キャタリナ
    エイシンヒカリの下。残っていれば2巡目は最初に指名できるということもあり、ここで指名。体質とか諸々考えるとPOGでどうかなと思うものの、ヒカリのレースを見ちゃうと期待をせずには…..という感じで指名。

    母パーシステントリー・母ノーブルストーン・母エルメスティアラ
    明らかにそんなに人気しないディープインパクト産駒3頭。ワタクシ単なる馬好き、馬体がどうだとか血統がどうだとかは全然わからないもので、人気の盲点的な馬を選びたくて指名。

    母Singing Sensation
    マル外枠で人気のなさそうなところを。半兄アースゼウスが以前のPOということで。

    母ディソサード
    半姉レッドリヴェールは元PO。早くから動けそうなのと、父スウィフトカレントという渋さに魅かれ指名。

    母シャルマンレーヌ
    人気をかなり落としているハービンジャーから1頭選んでみた次第。

    母ショアー
    金子馬。兄のエックスマークがPOG期間は走らなかったので、皆さん避け気味かなと思って。

    母ペレブラッサム
    新種牡馬枠。ドリームジャーニーから選んでみました。

    今回初参加ですので、皆さんの指名の傾向などは全く白紙で指名してみました。実家の近くにJRAの育成牧場があった関係で「単なる馬好き」なだけなので、皆さんのように詳しくもなく、勘頼りがほとんどです。
    皆様よろしくお願いいたします。

  9. 皆さん、コメントありがとうございます!
    ダービーと新馬戦がつながってしまったので、なかなか前年度の復習に時間を充てることができないのですが、このコメントを見返すといろいろ勉強になります。ここまでいろいろな視点でのコメントが集まっている記事は他にないのではないかと思っています。そういう点ではとても貴重な記事になっていると思います。
    私の指名はここ近年のイメージでは「馬体:3、データ統計:4、思い入れ:3」ぐらいの割合で指名をしてします。POGを始めた当初は馬体ばかり見ていましたが、それでは成績が上がらず、厩舎傾向や種牡馬別成績などのデータ分析を積極的に取り入れたところ、成績が安定し始めました。面白いもので、そうなると馬体の見方もレベルアップしてきて、去年のケースだとシュヴァルグラン・サフィロスあたりが馬体で良かったと思い指名できたので、昔に比べれば着実ではありますが、馬体を見るレベルもアップしたんだなぁと分析しています。ちなみに今年、馬体でいいと感じたのはヴィブロス・トウカイメジャー・ペガサスバローズの3頭。このあたりからOP・重賞勝ちが出てくるとちょっと自慢できるんですけどね(笑)

    指名理由・応援コメントは引き続き募集しております。どうぞよろしくお願いいたします。

  10. 今期のフリスタPOG指名馬が確定しましたので、指名理由をコメントさせていただきます。

    1位 ヴァンキッシュラン(父ディープインパクト×母リリーオブザヴァレー 牡・角居)
    結果的に今期唯一のディープ産駒。
    プロディガルサンに匹敵する馬体の素晴らしさに加え、早期入厩→ゲート試験合格→放牧の角居厩舎黄金パターン。
    狙うは当然クラシックです。

    2位 コアコンピタンス(父キングカメハメハ×母スティンガー 牡・国枝)
    シンボリクリスエス、チチカステナンゴから重賞級を輩出する母に待望のキンカメを付けたら最高傑作間違いなし。
    来春の府中の直線を乾坤一擲の末脚で駆け抜ける姿が浮かびます(笑)

    3位 シャケトラ(父マンハッタンカフェ×母サマーハ 牡・角居)
    金子オーナーがセレクトセールで落札したノーザンファーム生産馬が角居厩舎に預託された馬(7頭)は最低3勝以上。
    マンカフェ産駒が敬遠されたのか単独指名できたのはラッキー。噂では「G1級」とか。

    4位 ティソード(父ダイワメジャー×母ラドラーダ 牡・藤沢和)
    今期はダイワメジャー産駒の前評判が高かったので、色々迷いましたが人気の盲点になりそうな本馬を目論見どおり単独指名に成功。
    初子ながらド迫力の馬体、ノーザンF早来の販路調教が抜群の動きとその評価はマキシマム!
    中世スペインの英雄エル・シドの剣から名付けられた馬名も気に入っています。

    5位 オーパ(父ゼンノロブロイ×母ヴィヤダーナ 牡・石坂) 
    POG媒体に殆ど露出がなかったが、セレクトセール時の馬体の素晴らしさと母のきょうだい9頭が重賞級若しくは種牡馬という最高級のブラックタイプに惚れました。
    半兄(ダノンメジャー)が走ったので間違いなくこの馬にも走る遺伝子は受け継がれているはずです。

    6位 カラクプア(父キングカメハメハ×母リリウオカラニ 牡・松田国)
    血統表にサンデーサイレンスがない唯一の指名馬です。
    ノースヒルズとマツクニ厩舎は恐らく初めて。過去新規馬主所有馬で結果を出しているマツクニ師はこの馬に対して力が入るのは必至。
    キンカメ産駒の本馬で名門復活の烽火をあげることを期待します。

    7位 カイザーバル(父エンパイアメーカー 母ダンスインザムード 牝・角居)
    運良く指名できた2頭目のダンスインザムードっ仔。アドマイヤオーラを指名できたときと同じパターンなので走ってくれるでしょう。
    近々入厩予定の情報も期待大です。

    8位 タンギモウジア(父ハーツクライ 母シアトルサンセット 牝・橋口)
    敬愛する橋口先生に捧ぐ最後の指名です。
    血統的にも成功例の多いハーツクライ産駒の配合(ノーザンダンサーのクロス、ニックスであるシアトルスルー)なので、暮れの阪神JFに駒を進めてくれることを期待します。

    9位 オデュッセウス(父ファルブラヴ 母ライツェント 牡・手塚)
    速攻枠から指名です。この日曜日に函館でたっくん厩舎の先鋒としてデビュー予定。
    函館2歳S、京王杯2歳S、ファルコン狙いのイメージですね。

    10位 レオナルド(父アドマイヤムーン 母リオズスターレット 牡・藤原英?)
    最後は吉澤ステーブル育成馬枠からの指名で、既に栗東近郊に移動済。マイラータイプだがダーレーのトップ級の評価とのこと。14年産がディープインパクトなので恐らく本馬の出来が相当良かった故ではと推測しています。

    本当に取りたかった1頭:プロディガルサン(父ディープインパクト 母ラヴズオンリーミー)
    とにかくモノが違います。クラシック二冠の可能性も現実的に思えるぐらいのオーラを感じる馬に見えますね。

    みなさま、1年間よろしくお願いします。

  11. みなさん何かしら自信がにじみでておられますね(笑)

    ①ダリシア・・・・mootinさんがおりて下さった?のでいただきます。ネオユニ⇒ハーツ⇒ディープと順に父が変わって、今年は狙い目の年。うちのエースとして!
    ②ムーンレディ・・・・POG本で見た馬体と、セリに出てきた時の馬体の変化に驚き。全く走らないという事はないだろうと。
    ③プリティカリーナ・・・・上のアンタラジーのファンなので、ひとまず妹をという指名。
    ④コージーロージー・・・・高馬の割に案外人気がないなあと、気になっていた馬。ひとまずもう一頭ディープの牡馬をと指名。
    ⑤バイユーストーム・・・・ブラックタイドに何か惹かれ始めてきたところに金子さんの馬を発見!迷わず指名。
    ⑥ボーンスター・・・・ショウナンカンプは毎年お世話になっており。
    ⑦ヘヴンリーロマンス・・・・自分の趣味ではないかもですが、順々に皆さんの指名を見てきてついついこの馬を押さえたくなったので。
    ⑧モーニングタイド・・・・母は高齢、遅生まれ、馬体も小さい。でも写真みると凄いバネを感じるんだなあ。マイルでの活躍期待大。
    ⑨サセッティ・・・・ここではお約束サセッティ!
    ⑩ローレンシア・・・・父バトルプランっていいですよ(笑)クロスも好みだし、早期から動きそう。

    やっぱりナイトマジックは欲しかったですよ。馬群の中に一頭だけ黒豹が混じっているってイメージの馬体ですね。ビュンビュン切れて来そうです。ドラフトの順位が悪かったので最初から諦めました。
    以上ですが、自分的には結構満足してるんですよ。桜木さんお疲れ様でした!

  12. 指名終了したので指名理由を。

    1位 母ゴールデンドックエー(父ディープインパクト)
    全兄アルバートドックは期間内3勝+重賞でも入着。
    昨年はひっそりと単独で指名できたのですが、今年は前評判高かったので1位で。
    正直取れないかなと思ってました。

    2位 母イタリアンレッド(父キングカメハメハ)
    過去の指名馬の初子です。
    古馬になってから重賞3連勝したような馬なので、2位で指名しておきながら何ですが、期間内はどうだろう?

    3・4位母ストゥデンテッサ、ライラックスアンドレース(父ディープインパクト)
    松永幹夫厩舎のディープの牝馬。どちらか取れれば思って指名したら両方取れた♪

    5位 母Coyote(父Dubawi)
    昨年期待したアールブリュットの父がMakfiでこれの父がDubawi.
    直でMakfi産駒に行きたかったけど1頭だけでこれはパス。
    で、その父のDubawi産駒をチェック。斎藤厩舎、馬主林正道ならいいかと指名。

    6位 母レディドーヴィル(父ディープインパクト)
    こっからは補充指名。
    リストアップしてたディープ産駒の牡馬これくらいしか残ってなかった・・
    でもこれは残っててくれて嬉しかった。朝日FS狙い。

    7位 母ピンクリップス(父ネオユニヴァース)
    もうネオ産駒は指名しないと思ってた。イタリアンレッドの子を取ったので、
    ちょっとネオ産駒をチェック。早めに動けそうで、雑誌なので取り上げられてたので思い切って指名。中京あたりでデビュー。

    8、10位 母サンヴィクトワール・ランズエッジ(父ハービンジャー)
    昨年は完全無視を決め込んだハービンジャー産駒から。
    サンヴィクトワールも早めに動けそう(新潟、札幌あたり?)
    ランズエッジはロカの全妹。厩舎が変わってどうか。

    9位 母メリュジーヌ(母ディープインパクト)
    北海道でデビューする馬を。
    なんか調教動いたみたいなので急遽指名。

    本当に取りたかった馬というか、取られてショックだったのが・・
    母インディアナギャル(父ディープインパクト)
    昨年も指名したのですが1戦して2着(勝ち馬はOP勝ったエイシンライダー)。
    一旦休んで復帰目前で故障してしまったのでリベンジと思ってたのですが。
    ちょっと指名順、低すぎました・・・

    今年はちょっと食わず嫌いをやめてネオとかハービンジャー産駒を。
    たまにはこういう年もあっていいかなと。

    皆様これから1年間またよろしくお願いいたします

  13. 表も裏も指名終了したので指名馬応援コメント

    ①母マジックストーム (サトノケンシロウ)

    言わずと知れたディープ×Storm Catのニックス配合。
    全兄弟にGⅠ馬がいる分、血統で言えば、デビュー戦を勝利で飾った今シーズンの目玉母ラヴズオンリーミー(プロディガルサン)にも負けてない。しかし、上が本格化したのが共にダービー後だったことや、ややネーミングに難ある(苦笑)ことで、この位置でも獲得できたか?

    ②母エアトゥーレ (テラノヴァ)

    かつての指名馬ヴィクトワールピサの仔はぜひとも欲しくて上位指名←意外と人気ありませんでしたが(笑)
    この母の仔はみんな堅実に走る優秀お母さん。
    キャプテントゥーレ以来のGⅠを母にプレゼント!

    ③母レジネッタ (ブリゲード)

    この母もかつての指名馬。母自身が、フレンチ×サンデーのニックス配合、つまりキンカメ×サンデー、キンカメ×フレンチのダブルニックスの完成!
    初仔のレジメンタルは素質の片鱗見せながらいまだ未勝利だが、兄よりもバランス良いとの評判で夏デビューの噂もあり。

    ④母バディーラ (リボンフラワー)

    他にも気になるディープ牝馬いたが、上位で消えると見てこの馬に。全兄ダノンプラチナが2歳王者になったにも関わらず、クラシックでは距離の不安か?チョイ足らずのもどかしい競馬続きで、この馬自身も5月産まれで人気落ちると見て中位で指名(案の定、単独指名でしたね)しかし、成長も早く、先週すでに入厩済みと聞きテンションUP↑

    ⑤母ワイ (フリーフォール)

    母エアトゥーレがもっと人気すると見て保険指名がヴィクトワールピサ産駒2頭持ち(苦笑)
    しかし、血統見れば世界的にも走る要素満載!父自身がネオユニ×MachiavellianでHaloクロス持ち、母がGalileo×デインヒル、更にミスプロのクロスまで!正直、欧州向きの重さも感じるものの、本格化すれば父が勝てなかった、凱旋門賞まで見据えて指名←集計期間外ですけどね(笑)

    ⑥母ヒカルカリーナ (メイケイレジェンド)

    3歳世代では、母父デインヒル系がブレイクしてやや色あせてきた感じですがステゴの黄金配合ステマ配合。
    同配合の須貝厩舎母ディアジーナも気になるんですが、有力馬多くクラシック戦線に乗ったときのジョッキーのバッティングなく固定できそうな厩舎から選択。
    ただ・・・ゴールドアリュール牝馬に京都2400mGⅡで牡馬相手に勝ち負けさせる母だけに、ステゴが父なら狙いは菊花賞なのかも?(苦笑)

    ⑦母レッドディザイア (レッドディヴェル)

    昨年ブレイクしたハービンジャー産駒で、ブエナビスタの好敵手レッドディザイアの初仔なのに、この位置で単独指名。ネガティブ情報でもあるかと心配でしたが、報知ブログによれば、来週入厩とか?で一安心

    ⑧母Taitan Queen (ストロングタイタン)

    指名してるサトノケンシロウ、リボンフラワー始めディープの銀河星軍団抱える池江厩舎のダート担当。昨年のタップザット同様、UAEダービー出走も視野に指名。

    ⑨母シーザリオ (リオンディーズ)

    今期の成績浮沈のカギ握るキーホース(笑)
    正直、これだけの血統馬が補充指名で指名できるとは?何かのワナかと心配するも、各メディアの評判上々。昨年、あれだけ絶賛されたクローディオが7戦未勝利、全兄は1戦1勝も脚元弱く引退、全姉に至ってはデビューすら出来ず・・・が嫌われた理由か?
    今週、入厩もしてるようなので、走ると信じて応援します。

    ⑩母ケアレスウィスパー (フレグラントプレス)

    最後は、毎年欠かさず指名してるマイ牝系クラフテイワイフ族から1頭。ハービンジャー産駒の兄は地力ありながら、後一歩足りない競馬続きでしたが、クロフネ牝馬ならクラシックまで楽しませてくれると信じて指名。

    本当に獲りたかった1頭は・・・

    ノリで言えば・・・母ダルシアなんでしょうが、関東馬はどれだけ思い入れある血統でもオミットしてるので・・・

    母シャルマンスタイル (ケルティックソード)

    それ程POG本でも取り上げられてなかったので、中位でも獲れるとタカくくってて指名出来ず残念な1頭。
    ダービー、オークス制覇でハーツクライバブルだった昨シーズンと比べて頭数も少なく、ここでもあまり指名のなかったハーツクライ産駒ですが、この馬は。ワンアンドオンリーと同様母父タイキシャトル経由でHaloのクロスを持ち、ヌーヴォレコルト同様Chief’s Crownを持ち、ジャスタウェイ育てた須貝厩舎・・・と走るハーツクライの要素満載!ぜひとも欲しかった1頭です。

    以上10頭プラス1頭を今シーズンは思いっきり応援します

  14. 10頭決まりましたので応援コメント。
    ドラフト順位は下から3番目、と言う事は評判の牡馬はほぼほぼ取れない、、、と判断し、牝馬を上位に集中して指名しました。

    ★シンハリーズ
    ノーザンホースパークのマラソン大会男子の部の商品がこの仔の一口らしいですね。
    過去、ハープスターやディアデラマドレがそうだった様で。
    その年の1番期待している馬の一口を、、、と言う事なんで、期待せずにはいられないかと。
    よって、この仔とドバウィハイツの仔が牝馬では双璧かなと思ってます。
    オークス行かんかなー。
    ★ドバウィハイツ
    初仔は避けようと思いましたが、殊の外良いコメントを彼方此方で拝見したのと、写真での佇まいや雰囲気が良かったんで。
    力の要らない、短いところが合うのかな。
    順調に来ている様子で安心してます。
    7月デビュー?
    ★レクレドール
    ダートの方に適性ありっぽい。
    遅いかなー、ダービールールでは微妙かなー、と思いましたが、バランスの良さそうな馬体と堀厩舎だし、気になったんでチョイス。
    ★マネーキャントバイミーラヴ
    三振かホームラン狙い その①
    連年で春のG1を取っている、野田さんのセレクト高額馬を押さえたかったんで。
    ★アビラ
    ジャーニーとは異なる大きさがどちらに出るか?という興味と、一見してやけに馬体が綺麗だなー、良いんじゃないかな、という直感で。
    個人的には一番楽しみであり、気になる馬かも知れません。
    ★ヒストリックスター
    補充ドラフトに残ってたんで迷わずチョイス。
    ハープスター程ではなくとも、スピードがあるらしいんでオープンには、、、と期待をしてしまう1頭。
    ★ヒカルアモーレ
    三振かホームラン その②
    さぁー、どちらに出るか?
    (顔はオルフェそっくりとの事。。。)
    ★スーア
    ハーツ産駒も押さえとこうと。
    凄まじい2歳メンバーの国枝厩舎にあって、目立たないけど名前に期待が表れている気がしたんでチョイス。
    蛯名が乗れば、ジャスティス+正義のコンボが。
    ★コマーサント
    どうしてもディープ産駒の牡馬が欲しかったんで、残った仔の中では良いのかな?と思いチョイス。
    ★モアザンベスト
    千代田牧場期待の1頭?
    昨年は全姉がやらかしたみたいですが、2年連続でやらかさない方にかけてチョイス。

    ※ゴールデンドッグエー
    取れてればサイコーでしたが、甘くはなかったです。
    でも、POG関係なく応援していきたいですね。

    今シーズンもよろしくお願いします。

    以上です。

コメントを残す

必須欄は * がついています