POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ハーツクライ産駒選びは「馬体重」が重要!

| 0件のコメント

今週はハーツクライ産駒について分析を行なう。

まずハーツクライ産駒の傾向を見ていきたい。
ハーツクライ自身も晩成型だったこともあり、これまでは古馬になってから活躍する産駒が多かったが、近年ワンアンドオンリー(日本ダービー)やヌーヴォレコルト(優駿牝馬)の登場でPOGでも注目が集まるようになった。

■ハーツクライ産駒の傾向

まず世代別の勝率を見てみよう。

2歳 :11.4%
3歳 : 9.8%
4歳 :11.4%
5歳 : 9.1%
6歳-: 7.1%

古馬になってくると強くなるという印象はあるが、実は産駒全体で見た場合に年齢による勝率の大きな差は見受けられない。
しかし、ハーツクライ産駒の獲得賞金上位を見てみると古馬重賞での活躍が目立ち、むしろワンアンドオンリーやヌーヴォレコルトのほうが例外と捉えたほうが適切だと言えそうだ。

<ハーツクライ産駒 賞金獲得上位>
ジャスタウェイ(天皇賞秋)
ウインバリアシオン(日経賞)
ヌーヴォレコルト(優駿牝馬)
ワンアンドオンリー(日本ダービー)
アドマイヤラクティ(コーフィールドC)
カレンミロティック(金鯱賞)
フェイムゲーム(アルゼンチン共和国杯)
メイショウナルト(七夕賞)
ギュスターヴクライ(阪神大賞典)
トウシンイーグル(シリウスS3着)

やはり基本方針としては「POGではなく、一口馬主向き」という意識をもって産駒を見極めていきたいところだろう。

また上記の一覧を見ると牡馬優勢にも見える。ただヌーヴォレコルト以外にも、コレクターアイテム(アルテミスS)キョウワジャンヌ(秋華賞2着)という活躍馬もいる。このあたりは遺伝的な能力の部分というよりも得意・不得意なコースの差に起因している可能性もある。

ハーツクライ産駒の競馬場別の芝コースの勝率を見てみると、東京10.9%・中山9.7%・阪神11.2%に対して、京都コースは7.9%。古馬牝馬戦線の頂点・エリザベス女王杯などではキレで勝るディープインパクト産駒に劣ることが多い。それに対して、牡馬は宝塚記念、天皇賞秋やジャパンCなど比較的、得意とする競馬場でのレースが多い。

「古馬になって完成」「京都コースが苦手」という2点を踏まえると、一口馬主で「G1勝ち」を目標とするならば牡馬を選ぶ方が近道と言えそうだ。ただし確率論を無視するならば、仕上がりの早い牝馬で桜花賞・優駿牝馬という春のクラシックを目標に出資してみるのも悪くない狙いだと個人的には捉えている。


■ハーツクライ産駒は馬体重に注目

そしてハーツクライ産駒でぜひ注目して欲しいのが「馬体重」だ。

ハーツクライ産駒の統計を見ていると、馬体重が450-510kgの範囲で勝率が良い。この範囲であれば勝率は10%を超える。一方、このゾーンを外れると勝率は8%台以下にまで低下してしまうので、カタログを見る際には馬体重に注目して欲しい。ちなみに上記で紹介した獲得賞金上位10頭のデビュー戦での馬体重を調べてみると、最低がヌーヴォレコルトの440kg(牡馬の最低はメイショウナルトの450kg)、最高がウインバリアシオンの504kg。このデータには一定の説得力があるとみてよさそうだ。

■ハーツクライ産駒の血統ポイント

最後に「血統」についても分析していこう。

これは非常にわかりやすく「Nothern Dancerのクロス持ち」が優秀。上記ベスト10位のうち、実に9頭が5代目までにこのクロスを持っており、唯一このクロスを持っていないジャスタウェイもNorthern Dancerと同じ流れをくむNearcoを母系に迎えており、母系側にNorthern Dancerの血が入っていることが好ましい。ちなみに以前、執筆した 「キングカメハメハ産駒の好配合パターン」 で紹介したとおり、Nothern Dancerの多重クロスは今の日本競馬の馬場に向いているようだ。底力を強調するこの配合には注目したい。

あとこれはいろいろな書籍やコラムなどでも書かれていることだが、ハーツクライがトニービン-アイリッシュダンスという重厚なヨーロピアンの血筋なので、それをいくらか軽くするような配合が好ましい。皆さんご存知なのはワンアンドオンリーの母父タイキシャトルだが、アメリカのA.P.Indyのようなダート血統でも構わないし、ヨーロッパのマイラー血統でも代用できる。逆にSadlers’s Wellのような重苦しい血統は避けたいところだ。ただ、いずれにしてもNorthern Dancerの血が入っているかどうかは最重要ポイントとしてみていきたい。

■ハーツクライ産駒まとめ


・大成するのは芝中距離タイプ
・原則、古馬になってからの活躍を期待するべき
・基本は牡馬を狙う
・馬格のある450-510kgぐらいの馬が良い
・5代目までのNorthern Dancerのクロス持ちで底力up

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ

←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています