POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ステイゴールド産駒について考える(キャロットクラブ2014年産ステイゴールド産駒考察付)

| 0件のコメント

今週はステイゴールド産駒について考えてみたい。

なお先に断っておくが、筆者はステイゴールド産駒の見極めにまったく自信がない。

自身の一口馬主ライフでもひさしぶりに選んでしまった未勝利引退馬がステイゴールド産駒だったりと相性が悪い。さらに言えば、ゴールドシップとは馬券の相性が悪すぎて、ゴールドシップの出るレースはすべて馬券を買うのをやめてしまったぐらいである(苦笑)。

それぐらい個性派揃いの種牡馬で、統計学を主とする分析ではなかなか正解を導き出せないだけに苦手な存在なのだが、今回はその苦手意識を少しでも払拭できるよう分析を行なってみたいと思う。

まずステイゴールドに関しては「父ステイゴールド×母父メジロマックイーン」の黄金配合が有名だ。

ステイゴールド産駒の獲得賞金上位を見てもゴールドシップ、オルフェーヴル、ドリームジャーニーと上位3位までを独占。その存在感は偉大だ。ただこの3頭はやはり異例中の異例、特にオルフェーヴルとドリームジャーニーは全兄弟であり、特例と考えるべきだろう。

■ステイゴールド産駒の特徴

まず賞金上位を見ていくと、非常に面白い点は他のSS産駒と違って、ベスト20位までに一切ノーザンファーム生産の馬がいないという点だろう。

これはステイゴールドの繋養先の問題が大きく影響しているわけだが、2015年7月時点で最も賞金を獲得している馬でも約1億円を稼いだパーフェクトジョイと物足りない印象。ちなみに私が出資していたステイゴールド産駒もノーザンファーム生産だった。

ただこれは育成牧場などの経験値の問題ではないだろうか?

おそらくこれだけ癖の強い種牡馬なので、生産地もなかなかステイゴールド産駒に対する正しい接し方がわからなかった部分もあったはずだ。やっと今年になり、ノーザンファーム生産のグランシルクがNZTで2着になるなど重賞でも結果が出つつある。よって、2013年産、2014年産のノーザンファーム生産馬から重賞級の活躍馬がもっと出てくる可能性はあるだろう。

上記のことを考えると今後トレンドが変わる可能性もあるが、現時点では「ステイゴールド産駒は一口クラブと相性が少し悪い」

獲得賞金上位10頭を見ると、サンデーレーシング3頭・シルク1頭・ラフィアン1頭と標準の水準だが、しかしサンデーレーシングの3頭のうち2頭がオリエンタルアートの仔だと考えると、一口クラブの馬の成績は他のSS系種牡馬と比較するとイマイチだ。
言い方は悪いかもしれないが、ラフィアンなどでは繁殖牝馬の質に恵まれなかったことが原因に挙げられるだろう。この点からもノーザンファーム生産馬が増えた2012年以降の産駒から上位に食い込む馬が増えていく可能性もあるが、これは今後も継続して見ていきたいポイントだ。

■ステイゴールド産駒の血統ポイント

ステイゴールド産駒はメジロマックイーン以外はマイナーな組み合わせが多く「これだ!」と思える組み合わせが少ない。ただ賞金上位を見てみるとNothernDancerの5×5・5×4・5×4×5といったクロスを持っている。これが1つのヒントになりそうだ。



この少ないヒントから今年度のキャロットクラブの募集予定馬を見てみると、

シェアザストーリーの2014(NothernDancer5×5)
ヒストリックスターの2014(NothernDancer5×4×4)

の2頭がこの条件に該当する。

ちなみに今年のキャロットクラブは現時点で4頭のステイゴールド産駒の募集を予定しているが、そのうち3頭が牝馬。ステイゴールド産駒の性別による性能差を見てみると、基本的には牡馬優勢。獲得賞金上位10頭中、9頭が牡馬。唯一の牝馬アルコセニョーラも10位だ。この一因としては「距離適性」「晩成傾向」にある。

例外はあるが、基本的には中距離路線での活躍が目立つので牡馬のほうが路線が充実している点、そしてステイゴールド自身が6歳になってから初重賞制覇を果たした通り、晩成傾向がやや強め。それを考慮すると多くのクラブなどで牝馬は6歳で引退させる規定があることを踏まえると牡馬のほうが安心できる。

ちなみに馬体重について触れておくと、牡馬は馬体重の特長はあまりないが、牝馬で重賞級の活躍をしている馬には450kg未満の馬が多い。470kg台で中山牝馬S2着となったアイスフォーリスなど例外もいるが、重賞級の馬を選ぶ際には馬体重にも注目をしたほうが良さそうだ。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ

←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています