POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

リッチダンサーの2013(ムーンクエイク)【キャロットクラブ募集番号30】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします。

<主な分析ファクター>
・種牡馬傾向、性別による傾向
・厩舎力、厩舎傾向
・DVDでの動き(怪我のリスク)

——————————————

30_リッチダンサー2013

父:アドマイヤムーン
母:リッチダンサー
牡馬

募集価格:4,000万円
予定預託先:藤沢和雄厩舎

フロアクラフト、バウンスシャッセなどクラシックでの活躍馬が次々に登場し、今キャロットで一番安定感のある繁殖の1頭だと言えるのがこのリッチダンサーです。
カタログが届くまでは関東ではこの馬を第一候補に考えていたのですが、DVDを見た瞬間に一発で候補から消えました。本当にわかりにくいのですが、すごく気になったのが左後脚の捌き。どうしても不自然な動きに見えて仕方ありませんでした。高額の部類に入る馬ですので、これだけの不安材料がある以上は出資はできません。

さて、もうひとつ気になったのがアドマイヤムーン産駒であるという点。
個人的にはアドマイヤムーンが大好きで、部屋にポスターを飾っているぐらいですが、産駒の活躍馬は関西に集中しています。この理由を考えると、活躍馬はハクサンムーンやルナフォンターナなどスプリンターが多いわけですが、関東は東京に1200mがない。これが活躍の舞台を狭めているという仮説が成り立つわけです。

本当に左脚の捌き以外はかなり雰囲気がいいので惜しい1頭ではありますが、故障リスクを考えると手が出ないのが残念ですね。

(文=桜木悟史)

——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。

 

■2013年産の他の産駒の診断も見てみる!
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2013




コメントを残す

必須欄は * がついています