POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ディアデラノビアの2014(バルデス)評価【キャロットクラブ募集番号9】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします(当診断記事シリーズを初めてご覧になられる方は先に こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する賞金回収率を重視
・クラブ内世代トップ10を目指せるか?

<主な分析ファクター>
・血統&配合、種牡馬傾向、性別傾向
・厩舎力、厩舎傾向
・DVDでの動き(怪我のリスク)



9_ディアデラノビア2015

ディアデラノビアの2014

父:ハービンジャー
母:ディアデラノビア
牡馬

募集価格:4000万
預託予定先:木村哲也厩舎(美浦)

ディアデラマドレの活躍などキャロットクラブを象徴する繁殖牝馬の1頭となっていますが、今年の産駒の出来はどうでしょうか。

まず注目したいのは3年連続でハービンジャーをつけているという点。これは産駒の出来としては、ハービンジャーとの交配に牧場側が手ごたえを感じていると判断できます。それを裏付けるかのように2つ上の全兄サンマルティンは新馬戦を快勝。一時期はクラシックに乗ってくるのではないかというほど期待されました。

ただやはり難しかったのはハービンジャー産駒が好走する条件として競馬場を選ぶという点。ご存じの通り、北海道2場は文句なしに得意ですが、それ以外だと他のSS系種牡馬にやや劣る面も。その点を踏まえて募集価格4,000万円というのは少し割高感を感じるところ。ただ牡馬なので、超長期的に5,6歳以降に賞金を回収していく可能性があるので、そういう可能性があるのかどうかをイメージしつつ出資を決めたほうがよさそうです。

あとは体調面の評価ですが、これは故障リスクを高めに判定しました。

理由としては、歩かせている時の後脚の運び方が不自然に映りました。言葉では説明しがたいですが、これまでの故障馬と似た嫌な感じを受けたので、脚元関連のトラブルには気を配りたいところ。また内面的な部分でもサンマルティンが蕁麻疹になったことがあるので、これが血統に由来するものなのか1つ上の全兄ドレッドノータスの近況も含めて観察していきたいところです。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。

※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2014年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2014



←他のサイトも見てみる

▼各種データはこちらを参考にしています

種牡馬辞典(2015-2016)

種牡馬辞典(2015-2016)
著者:競馬道OnLine編集部
価格:2,700円(税込、送料込)
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています