POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

マルティンスタークの2014(マルムーティエ)評価【キャロットクラブ募集番号54】

| 2件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします(当診断記事シリーズを初めてご覧になられる方は先に こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する賞金回収率を重視
・クラブ内世代トップ10を目指せるか?

<主な分析ファクター>
・血統&配合、種牡馬傾向、性別傾向
・厩舎力、厩舎傾向
・DVDでの動き(怪我のリスク)



54_マルティンスターク2014

マルムーティエ

父:ダイワメジャー
母:マルティンスターク
牝馬

募集価格:1600万
預託予定先:高野友和厩舎(栗東)

母は4勝をあげたマルティンスタークです。
まず配合の話からすると「父ダイワメジャー×母父シンボリクリスエス」と書くと、字面を見るとキレ味が鈍い印象を受けます。実際、現3歳のヴェイルドスケール(母ヴェイルドクリス、社台HC)はダートで押し切る競馬でなんとか勝ち上がり、2歳のダイガーヴォーグ(母メイマドンナ)もダートで先行するも直線で伸びきれず連続2着。キレ味不足で苦労するタイプの配合のように見受けられます。

しかし、この配合である馬を思い出す人も多いのではないでしょうか?

そう、昨年のキャロットクラブの募集でも大人気となったティソーナ(母ラドラーダ)です。ティソーナ自身も昨年の見学などでは多くの方から「ダート向きだろう」と評価されていたと記憶していますが、デビュー戦はスタートでダッシュがつかなかったものの後方から34.1の上がりをマーク。これが札幌の1500mでの上がりですから、これでダイワメジャーとシンボリクリスエスの組み合わせの評価が少し変わってきます。

つまり、本馬に関する仮説は「芝のレースで使えば、普通かそれ以上のキレ味を発揮する可能性がある」というもの。価格を考えても安いほうに分類されるでしょうし、母の丈夫さを考えると1勝目さえ挙げられれば出資者を長く楽しませてくれるイメージは十分に湧きます。

馬体に関しては、さすがにこれだけ良血に囲まれると飛び抜けて良いということはありませんが、それでも故障リスクは低そうですし、前へ前へと進もうとする推進力のある歩き方は好感を受けます。一口4万円というコスパの良さそうな価格帯ですから、これは個人的にはおすすめしたい1頭です。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます

※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2014年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2014



←他のサイトも見てみる

▼各種データはこちらを参考にしています

種牡馬辞典(2015-2016)

種牡馬辞典(2015-2016)
著者:競馬道OnLine編集部
価格:2,700円(税込、送料込)
Amazonで詳細を見る


2件のコメント

  1. 昨日、早速、申し込みしました。20口。景気減速に負けずに、出資希望しました。
    とにかく何もかも楽しみです。

  2. >ゆうさん
    マルティンスターク、健康そうでいいですね!
    自分も最優先が外れたら行く可能性もありましたが、どうも残りそうになさそうですね。ツアーでもお母さんに出資していた方々が熱視線を送っていたそうです(笑)

コメントを残す

必須欄は * がついています