POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ヴァイスハイトの2014(クルークハイト)評価【キャロットクラブ募集番号66】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします(当診断記事シリーズを初めてご覧になられる方は先に こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する賞金回収率を重視
・クラブ内世代トップ10を目指せるか?

<主な分析ファクター>
・種牡馬傾向、性別による傾向
・厩舎力、厩舎傾向
・DVDでの動き(怪我のリスク)



66_ヴァイスハイト2014

クルークハイト

父:クロフネ
母:ヴァイスハイト
牝馬

募集価格:1800万
預託予定先:藤岡健一厩舎(栗東)

この一族はこれまで2頭がキャロットクラブで募集されて、初仔のロスヴァイセ(父シンボリクリスエス)が現役中で3勝、2番仔のシェーンハイト(父バゴ)が未出走引退、繁殖成績としては判断に迷うところです。ただシェーンハイトについて調べてみると25%同血の強烈なインブリード。これが完全に裏目に出てしまった形なので、まともな配合に戻った今回は見直し可能です。

そこで今回のクロフネとの配合を見ていくと、まずクロフネのセオリーは「母父サンデーサイレンスが王道」です。そしてそのサンデーの部分は「SSの息子たちではあまり代替が利かない」というのも特長。いかにサンデーの血を濃く伝えるかがポイントです。

本馬の母父はアドマイヤベガということで、これはマイナス評価。ただクロフネ産駒はトニービン肌との相性がよく(例:カレンチャン、クロフネサプライズ)、「ベガ側のトニービンがうまく作用するのでは?」という仮説のもと、父クロフネ×母父アドマイヤベガの組み合わせについても調べました。すると中央では、6頭がデビュー、うち2頭が勝ち上がりと微妙な結果。ただ、そのうちの1頭、ウエスタンムサシが4500万近くを稼いでおり、絶望的でもないようです。ちなみに傾向としてはどちらかというとダート寄り、適性距離はかなり短めになるようです。

馬体については、歩かせると力が後ろに逃げるようなところがあるので、これは能力的にマイナス評価としました。加えて、キャロットクラブから藤岡健一厩舎へ預託された7頭のうち2頭しか勝ち上がりをしていない点。そして最高獲得賞金額もマジッククレストの1710万円ですから、回収率という観点からも狙いづらい印象です。

個人的には今回のクロフネ産駒の中ではフローリッドコートの2014を推しているので、牝馬なのにそれよりも高い本馬には食指が動きません。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます

※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2014年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2014



←他のサイトも見てみる

▼各種データはこちらを参考にしています

種牡馬辞典(2015-2016)

種牡馬辞典(2015-2016)
著者:競馬道OnLine編集部
価格:2,700円(税込、送料込)
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています