POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

メジロジョーンズの2014(ヴァントシルム)評価【キャロットクラブ募集番号77】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします(当診断記事シリーズを初めてご覧になられる方は先に こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する賞金回収率を重視
・クラブ内世代トップ10を目指せるか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・厩舎力、厩舎傾向
・DVDでの動き(怪我のリスク)



77_メジロジョーンズ2014

メジロジョーンズの2014

父:タートルボウル
母:メジロジョーンズ
牡馬

募集価格:1600万
預託予定先:清水久詞厩舎(栗東)

まず新種牡馬タートルボウルの評価から入りましょう。
素人である筆者の血統の話は 「2016年度デビュー新種牡馬の分析」 に譲るとして、プロの見解を紹介したいと思います。

まずノーザンファームの木實谷雄太場長は、自分は血統の専門家ではないが…と前置きした上で「ヴェラブランカの2014などを見ていると、非常に母に似ている。母系の良さを引き出すタイプかもしれない」とコメント。競馬評論家の古谷剛彦氏は「タートルボウル自身はいかにもマイラーという体型だったが、産駒は父とはイメージが異なる。パワーもあってダートもこなしそう」と評価しています。

これらの意見を踏まえた上でキャロットクラブの永島氏は「キャロットクラブはセール出身の馬と相性が良い。この馬も母の全姉にあたるメジロドーベルの良さが引き出され、そこにタートルボウルの欧州の強さが加わっていることを期待している」と自信を示しています。

今年のセレクトセールの中継を見ていて、キャロットクラブが落札した3頭の中では個人的にもこの馬が一番良いかなと感じていたので、クラブがこの仔に自信を示しているのには納得しました。

ただし、あらためてカタログを見ましたが、正直、馬体にあまり迫力はなく、歩き方にもパワーは感じませんでした。一方、故障リスクなどは低そうな印象を受けました。今回の写真、募集動画だけでは適性を推理することができないのですが、母系から考えると芝で活躍してきそうな気配はあります。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます

※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2014年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2014



←他のサイトも見てみる

▼各種データはこちらを参考にしています

種牡馬辞典(2015-2016)

種牡馬辞典(2015-2016)
著者:競馬道OnLine編集部
価格:2,700円(税込、送料込)
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています