POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ラドラーダの2014(父キングカメハメハ)

ラドラーダの2014(父キングカメハメハ)牧場見学レポート_2015年10月22日NF空港牧場

| 0件のコメント

ラドラーダの2014(父キングカメハメハ)

ラドラーダの2014(父キングカメハメハ)

今回、北海道のノーザンファーム空港牧場を訪問し、出資馬であるラドラーダの2015(父キングカメハメハ)を見学した。

見学日の約1週間前にこちらへ移動してきたということで、まだ担当の方もすべては把握できていないとのことで詳しい話はお聞きできなかったが、気性面的にややうるさいところがありそうとのこと。このことはノーザンファームイヤリング時代の更新でもそれを匂わせる表現があり、今後POGなどで指名を検討する場合には頭に入れておきたい情報だ。場合によっては距離適性がマイルに寄る可能性もあるだろう。

実際、見学している間も何度も芝生のほうへ入っていこうとするなどワガママなところを見せていた。ただし物音に敏感というよりは、我が強いという感じで強い競走馬になるには必要は素質でもあるので、この点に関しては必要以上に不安に感じる必要はないだろう。イヤリングから移動してきた時も身体についているキズも少なく、「同期の中でも強い立場だったのでしょう」とのコメントもあり、その勝負根性の強さが競馬場でも発揮されることを期待したい。



体型について質問をすると「(体型だけなら)距離はこなせそうですよ」とのこと。距離適性については血統面や体型よりも、気性面のほうがカギになってきそうだ。このあたりは本当は半兄ティソーナ(父ダイワメジャー)との比較で聞いてみたいところだったが、兄が早来育成だったのに対してこちらは空港育成。残念ながら兄弟の比較の話はお聞きできなかった。

LaDorada2_w450

さて今後の育成方針についてお聞きすると「この馬に関してはじっくりやっていく予定です」とのこと。理由としては、現時点でまだまだ気性が幼いという点、そしてここには詳しくは載せられないが牧場側の意図として入厩時期に関してそのようにしたいという狙いがあるとのことで早期デビュータイプではなさそうだ。ちなみに8月のキャロットクラブの見学ツアーでは「札幌開催でのデビューを目指したい」とのリップサービスもあったが、今回の牧場側の話をお聞きする限りは札幌開催で1回、お試しという形でデビューするということはあっても、基本的には秋の府中以降で1勝目を挙げられれば十分という感触だった。

私自身は馬体を見る目がないので、今回の見学でどうこう評価することができないが、やはり気性面の幼さは目立ったので、まずはそのあたり成長を期待して見守っていきたいところだ。

(文/写真=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

■最近気になったニュース

抱腹絶倒!私が遭遇した「寝ぼけ&寝言」エピソード

【チャーシューの量がスゴい!!】姫路発祥『希望軒』でとんこつラーメンをちゃーしゅー大盛りで頼んでみた!


コメントを残す

必須欄は * がついています