POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

【朝日杯FS 枠番発表前ジャッジ】ポイントは鞍上の性格の差か?

| 1件のコメント

まず先週の結果を振り返ると、1800m戦の新馬戦で勝ち上がったメジャーエンブレムが勝利、2着にも1800m戦で勝ち上がったウインファビラスが2着と距離適性は重要だ。同じ舞台で行なわれる今週の朝日杯FSもまずは「マイル以上で勝ち鞍があるか?」をひとつ目の基準としたい。その観点でいけば、サイモンゼーレ・シャドウアプローチ・ショウナンライズは減点したい。

さて、前哨戦を振り返りたい。まず人気が予想されるエアスピネルが出走したデイリー杯2歳Sの内容について、個人的な印象ではあるが「過大評価は危険」だと感じている。

理由としては、あまりにうまく行きすぎた感があるからだ。レース内容としては、1番人気のシュウジが押しだされるように逃げてそのシュウジを終始マークして、最後は抜け出すだけレース。それゆえに派手な着差となったが、今回頭数も増えて特定のライバルをマークするような形ではなくなる。レースが前走よりはしづらくなることを考慮すれば、過信はできないだろう。

その点でいえば、デイリー杯2着のシュウジは前走の内容は物足りなかったわけだが、今回は終始マークされるとは考えにくく、前走よりも競馬はしやすくなる。少なくとも大外からの逃げは厳しかっただろう。枠順次第では、先週のメジャーエンブレムのようにポンとスタートを切って逃げるようなことにあれば逆転まであってもおかしくない。

そして、もうひとつの前哨戦・京王杯2歳Sについてだが、これまで中山で行なわれてきた朝日杯では先行力・持久力と似たような適性を求められるが、阪神となるとやや求められる適性が変わってくる。基本的には評価は低くしたいが、それでもこのレースを勝ったボールライトニングは侮れない1頭だろう。

この馬もまた前走大外からの発走だったが、スタート直後に好位をとれるとスピードとセンスを備えている。そして血統的にも先週2歳女王に輝いたメジャーエンブレムと同じダイワメジャー産駒。去年の阪神JF-朝日杯FSがディープ-ディープで決まった通り、仮に去年同様、同じような馬場傾向で行なわれると仮定すればメジャー-メジャー決着になる可能性が頭をよぎる。内枠に入ることを条件にボールライトニングは不気味な存在となりそうだ。

朝日杯FSの歴史をみていくと、基本的は前走重賞で好走している組が強い。それ以外の路線の場合は、基本的には前走1着の馬だけを評価する。該当する馬の中で人気になりそうなのがリオンディーズだ。

リオンディーズについては前走2000m戦を使って、道中ずっとかかるような走り方しながらも終わってみれば強い勝ち方だった。この気性面を不安にあげる人もいるだろうが、今回の1戦関していえば距離短縮は歓迎だろう。この距離短縮が将来的なキャリアに悪影響をもたらすリスクはあるが、マイルならばさらに能力を発揮できる予感はある。

唯一怖いパターンは出遅れるパターン。新馬戦では少し伸びあがるようなスタートをしており、また鞍上を考慮すると、この可能性は否定できない。仮に出遅れて最後方近くからとなると厳しくなる。あれだけの気性を考えると、途中からポジションをあげていくのには非常に勇気がいる。スタミナ的には途中からまくっていっても最後まで脚が続きそうな気もするが、それを鞍上が選択できるかどうかまでは不明だ。この馬に関してはゲート次第だろう。



その他では、準重賞のサウジアラビアRCの評価は難しいところ。イモータルは前走で鞍上がかなり脚を引っ張っっており、またマンハッタンカフェ産駒は過去5年で阪神の芝コースで単勝回収率176%と非常に優秀であり魅力的なのだが、予定されていたムーア騎手から武幸四郎騎手への今回の変更はあまりに痛い。ここでは評価を下げて連下評価とした。

むしろ個人的には、ビッグレッドファームの知人の方から「コスモビューファームの今年の一番馬」と教えてもらったウインオスカーのほうが魅力的に映る。香港マイルを制したモーリスと同じスクリーンヒーロー産駒ということで今年の勢いを考えれば、キングカメハメハ産駒の人気2頭を脅かすのはこの馬かもしれない。

【枠番発表前ジャッジ】
リオンディーズ[ゲート出れば] ≧ エアスピネル[基準] ≧ シュウジ、ボールライニング[逆転可] > ウインオスカー[侮れない] > アドマイヤモラール、イモータル[連下まで]

この時点ではリオンディーズを上位にとった。正直、馬の能力比較はやってみないとわからないところはあるのだが、今回は「騎手」というファクターを重要視した。

私の見方でいえば、武豊騎手とデムーロ騎手は非常に対照的な騎手と言える。

武豊騎手の乗り方は、たとえるなら馬の能力が100だとすれば、いかに馬の邪魔をしないで100に近い能力を発揮するかということに重点を置いている。だから、先日香港で見せた華麗な逃げ切りであったり、馬の前に壁ができないよう大外からの差しを得意とする。だからこそ、エアスピネルの前走のような外枠から他の馬に邪魔されずに好位をとれるレースは、武豊騎手にとって理想的な競馬だったと言える。今回、果たしてどんな枠になるのかは大きなポイントになりそうだ。

一方、デムーロ騎手は、馬の能力が100だとすれば、時として鞍上の力によってそれを110にするような乗り方を見せる。たとえばペースが遅いと判断すればすぐにポジションをあげるし、絶妙な手綱さばきでとても狭い馬群の間や内ラチ沿いを突くような競馬をする。少なくとも武豊騎手はこのような競馬をすることは少ない。

誤解のないように書いておくが、どちらが優れていて、優れていないという議論ではない。ただし先週のメジャーエンブレムの勝ち方を見ると、今の阪神の馬場は鞍上の積極性が活きる馬場のように感じられる。そのような仮説から今回はデムーロ騎手の騎乗に注目をしてみたい。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ

←他のPOGサイトも見てみる

■最近気になったニュース

抱腹絶倒!私が遭遇した「寝ぼけ&寝言」エピソード

【チャーシューの量がスゴい!!】姫路発祥『希望軒』でとんこつラーメンをちゃーしゅー大盛りで頼んでみた!


1件のコメント

  1. 桜木さんのリオンディーズの評価…素直に嬉しいですねf^_^;

    後の期待馬が、思うほど勝ててない今シーズンですが、久しぶりのGⅠ勝ちといきたいですね(笑)

    オマケに、他所での指名馬ウインオスカーの穴評価

    馬券は、この2頭で勝負してみますか?

コメントを残す

必須欄は * がついています