POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ブライアンズタイム産駒のダンツリウスがOP勝ち/裏POG途中経過

| 0件のコメント

uraPOG201601
▼裏POG2015-2016のページはこちら
http://pogstarion.com/groupuserlist.do?group_num=0703194424

※「裏フリスタPOG」とは?
人数制限なしのオープン参加で開催している市場取引馬限定のPOGです。毎年5~6月ごろに募集を開始しています。気軽にご参加ください。



――――――――――――――――――
■千代翁 出資合計額:19982万
打点(賞金合計額):4570万
打率(賞金回収率):22.8%
本塁打(勝ち星数):2勝

サトノケンシロウ(母マジックストーム)【9200万→未出走】
スズカボルト(母アルカイックレディ)【3150万→110万】
ランデックアブデル(母ラバデヤール)【3150万→0万】
ヒットリターンキー(母キャッチザゴールド)【1296万→280万】
(母スペシャルウーマン)【324万→未出走】
◎ダンツプリウス(母ストロングレダ)【745.2万→3490万】
サダムギフテッド(母フラワーアーチ)【594万→未出走】
マチャプチャレ(母テンシノキセキ)【734.4万→0万】
◎テンプルツリー(母シルクヴィーナス)【572.4万→690万】
ダンデライオンマル(母アズサローレル)【216万→未出走】
――――――――――――――――――
■桜木悟史 出資合計額:19996万
打点(賞金合計額):1610万
打率(賞金回収率):8.0%
本塁打(勝ち星数):2勝

ダノンスパーク(母スターアイル)【4100万→780万】
シャケトラ(母サマーハ)【3070万→未出走】
ルックトゥワイス(母エスユーエフシー)【3000万→未出走】
スマートアンカー(母マサコチャン)【2730万→未出走】
ヴィグラスムーヴ(母ムービングアウト)【1318万→未出走】
シーブリーズラブ(母サンデースマイルⅡ)【2268万→780万】
(母カイゼリン)【2268万→未出走】
タガノバトラ(母ホワイトペッパー)【1242万→50万】
――――――――――――――――――
■mootin 出資合計額:19931万
打点(賞金合計額):7035万
打率(賞金回収率):35.2%
本塁打(勝ち星数):6勝

ヴァンキッシュラン(母リリーオブザヴァレー)【3800万→1110万】
レインボーライン(母レーゲンボーゲン)【3000万→2380万】
サトノエトワール(母マドモアゼルドパリ)【3000万→710万】
パールフューチャー(母スターペスミツコ)【2835万→950万】
トラストルーク(母ジターナ)【1890万→385万】※登録抹消
エマノン(母ピラミマ)【1680万→405万】
ダイトカイ(母マネーペニー)【1296万→未出走】
(母ホットマンボ)【1080万→未出走】
インフィニティラヴ(母スターリットラヴ)【864万→0万】
◎ヨシオ(母フローラルホーム)【486万→1095万】
――――――――――――――――――
■たっくん 出資合計額:18418万
打点(賞金合計額):5844万
打率(賞金回収率):31.7%
本塁打(勝ち星数):5勝

[地]ライゾマティクス(母プラススキー)【3000万→0万】
スイフトアタック(母ヴィアラクテア)【3024万→0万】
◎オデュッセウス(母ライツェント)【2052万→2564万】
(母ユウキフジサン)【2052万→未出走】
アフターダーク(母エリザベスムーン)【1944万→700万】
エフハリスト(母ラヴアズギフト)【1782万→75万】
エマノン(母ピラミマ)【1680万→405万】
タンギモウジア(母シアトルサンセット)【1620万→1160万】
ハッピーダンサー(母ハッピーダイアリー)【702万→未出走】
◎ウインクレド(母キリエ)【562万→940万】
――――――――――――――――――
■sea-biscuit 出資合計額:20000万
打点(賞金合計額):960万
打率(賞金回収率):4.8%
本塁打(勝ち星数):0勝

カフジプリンス(母ギンザフローラル)【7458万→450万】
(母カイゼリン)【2268万→未出走】
アドルナメンテ(母インディゴワルツ)【2100万→510万】
サンライズユウオウ(母タツグレース)【1944万→0万】
リンドバーグ(母ハーマジェスティ)【1785万→未出走】
アズマタックン(母ネイチャーガイド)【1220万→0万】
バンダムザマジック(母ナスノテイラー)【1026万→0万】
ストライクイーグル(母Miss Aircraft)【903万→0万】
タケルナイト(母リズムオブザレイン)【756万→未出走】
キングジャスパー(母スズカゲラン)【540万→0万】
――――――――――――――――――
■ランディ 出資合計額:19454.4万
打点(賞金合計額):7855万
打率(賞金回収率):40.3%
本塁打(勝ち星数):3勝

ミッキーロケット(母マネーキャントバイミーラヴ)【3000万→780万】
◎ロードクエスト(母マツリダワルツ)【626.4万→6300万】
ラカリフォルニー(母Secret History)【3000万→280万】
ダイワオッズ(母ケープコーラル)【1944万→145万】
マツリダインゴット(母アロマキャンドル)【4644万→70万】
ハリケーンバローズ(母Naughty Mambo)【3600万→280万】
エイシンビジョン(母Christine Daae)【1440万→未出走】
ワンダーウノ(母Remembermefondly)【1200万→0万】
――――――――――――――――――
■貴行 出資合計額:19803万
打点(賞金合計額):16960万
打率(賞金回収率):85.6%
本塁打(勝ち星数):9勝

◎プロディガルサン(母ラヴズオンリーミー)【3500万→3600万】
サトノダイヤモンド(母マルペンサ)【3020万→1420万】
ハンナ(母リップスポイズン)【2916万→未出走】
◎レッドカーペット(母タペストリー)【1404万円→1870万】
◎ロードクエスト(母マツリダワルツ)【626.4万→6300万】
◎コウエイテンマ(母プリモピアット)【561.6万→3310万】
アドマイヤウェーブ(母ブランシュネージュ)【1296万→未出走】
ラスファジャス(母ラフィエスタ)【2100万→未出走】
(母Leaning Tower)【1571万→未出走】
ホーマンビジュー(母ゴレラ)【2808万→180万】
――――――――――――――――――
■コイコイ 出資合計額:19900万
打点(賞金合計額):5000万
打率(賞金回収率):25.1%
本塁打(勝ち星数):5勝

ジュンヴァルカン(母ピンクリップス)【3270万→610万】
スキャットエディ(母Hopeoverexperience)【3013万→880万】
ミッキーグローリー(母メリッサ)【4170万→380万】
エリテュイア(母リオエワン)【324万→未出走】
ラッキーガナドール(母フジティアス)【972万円→240万】
グッドスカイ(母プラチナチャリス)【1728万円→0万】
ファビラスヒーロー(母サトノサクラ)【767万円→500万】
◎ウインクレド(母キリエ)【562万円→940万】
ダンスウィズミー(母スプリングマンボ)【4050万円→60万】
◎リッチーリッチー(母Nick’s Nikita)【1044万円→1390万】
――――――――――――――――――
■黙殺常習犯 出資合計額:19991万
打点(賞金合計額):1940万
打率(賞金回収率):9.7%
本塁打(勝ち星数):2勝

ベアインマインド(母ウルトラブレンド)【3200万→50万】
ムーチャスエルテ(母ラグジャリー)【3150万→未出走】
トライブキング(母ブロームフォンテン)【3000万→160万】
ラシーム(母クランチーカ)【713万→700万】
ラッキーガナドール(母フジティアス)【972万→240万】
アドマイヤデライト(母アドバンスクラーレ)【1296万→0万】
リボンドグレープス(母スペシャルリボン)【1944万→700万】
エイシンビリケン(母Thundersnow)【3826万→未出走】
ミエノサクシード(母ハピネスフォーユー)【1890万→90万】
――――――――――――――――――
■ゆう 出資合計額:19846万
打点(賞金合計額):3170万
打率(賞金回収率):15.9%
本塁打(勝ち星数):1勝

アドマイヤピュア(母トキオタヒーチ)【4000万→未出走】※登録抹消
アークアーセナル(母ディスカバリングビューティー)【4000万→310万】
カントリーロード(母アグネスショコラ)【3800万→未出走】
◎ノーブルマーズ(母アイアンドユー)【1188万→2860万】
アスコットチャンプ(母ウララカ)【1728万→0万】
(母ラプターセイハート)【540万→未出走】
オメガアドーネ(母ノンコ)【3456万→未出走】
シルバージュビリー(母シルバーパラダイス)【1134万→未出走】
――――――――――――――――――

大きな順位の変動はありませんが、個人的に興味を持ったのは千代翁さん指名のダンツプリウス
今の時代にブライアンズタイム産駒というのがなんとも凄いですが、今年はスマートシャレードもOP入りと実質ラストクロップとなるこの世代の躍進が目立ちます。

そしてこのダンツプリウスが出走してきたレースを見てみると、たとえば近年活躍馬を多く輩出しているきんもくせい特別で2着になっていますが、この時の1着馬が京成杯2着のケルフロイデ。この馬が戦ってきた相手は意外とレベルが高いかもしれません。

ダンツプリウスが次走を予定しているアーリントンCには、こうやまき賞で先着を許したマディディあたりも出走を予定していますし、なかなか面白い戦いになりそうです。

←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています