POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

リーチコンセンサスの2013(シュネルギア)【キャロットクラブ募集番号62】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします。

<主な分析ファクター>
・種牡馬傾向、性別による傾向
・厩舎力、厩舎傾向
・DVDでの動き(怪我のリスク)

——————————————

62_リーチコンセンサス2013

父:ワークフォース
母:リーチコンセンサス
牝馬

募集価格:1,800万円
予定預託先:平田修厩舎

この馬を検討する場合にポイントになるのは、母父フレンチデピュティの存在です。
母父フレンチデピュティはそれなりに優秀な成績を収めていていいのですが、その大半がSS系種牡馬との交配パターンです。しかし、この仔の場合は母自体がSS系なので、SS系をつけることができません。ですから成功パターンには入れないことになります。その結果、サンデーサイレンスなどのスピードを支える血が薄くなり、この日本の馬場では苦しむことが予想されます。

それに加えて、他の馬のコラムでも書きましたが、個人的にはワークフォースが種牡馬として成功するか、かなり怪しいと踏んでいますので血統的には推奨できません。

平田厩舎は騎手の進言(主に秋山騎手)でダートを使ったりなど、いろいろ条件を変えてくることが特長です。
それがいいか悪いかはさておき、この馬もかなり活躍の条件が想定しづらいので、出資者が想定していない条件でいろいろ走らされる事態も想定しておきたいところです。

(文=桜木悟史)

——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。

 

■2013年産の他の産駒の診断も見てみる!
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2013




コメントを残す

必須欄は * がついています