POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

調教師データ分析:尾関知人厩舎(美浦)

| 0件のコメント


尾関知人厩舎(美浦)

■2015年度成績
35-26-17-22-14-165

2015年リーディング:12位
特別レース勝利数:13

勝率:0.125(10位)
連対率:0.219
複勝率:0.280

馬房数:24

1馬房あたり平均出走数:11.63
1馬房あたり平均賞金額:25,991千円
1出走あたり平均賞金額:2,235千円
※馬房数は2015年3月末日時点

■依頼騎手
1位:吉田豊 32鞍(4)
2位:戸崎圭太 30鞍(7)
3位:黛弘人 24鞍(2)
4位:蛯名正義 20鞍(3)
5位:横山典弘 17鞍(1)
※( )内は勝ち鞍数

■分析
厩舎成績としては勝率がリーディング50位以内では10番目の成績を残しているのが尾関知人厩舎。
特別レース勝利数も13と、この順位帯としては悪くない数値を出しているが、気になるのは馬房・出走あたりの平均賞金額の低さ。

データ上、極端に劣っているわけではないが、2015年度の成績に関してはサクラゴスペルが重賞2勝、スプリンターズS2着で厩舎全体の賞金額を底上げしており、額面通りの評価はできない。おそらくこれらのデータから500万下・1000万下ぐらいのクラスでうまく特別勝ちを拾っており、OPクラスぐらいになるとそこまで勝負強くはないと推測される。

騎手の起用は関東の騎手が中心で、関西所属騎手へのコネクションは弱い。その中で戸崎騎手との相性は抜群で勝率2割超・重賞2勝である。

また中央35勝のうち2割にあたる7勝が芝1200mで相性がよい。過去の重賞馬もすべてマイル以下で短距離指向の強い厩舎だと言える。また下級条件でも地方競馬への遠征を行なうことも特長。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ




コメントを残す

必須欄は * がついています