POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

調教師データ分析:西園正都厩舎(栗東)

| 0件のコメント


西園正都厩舎(栗東)

■2015年度成績
34-37-32-27-33-223

2015年リーディング:14位
特別レース勝利数:12

勝率:0.088
連対率:0.184
複勝率:0.267

馬房数:26

1馬房あたり平均出走数:14.85(7位)
1馬房あたり平均賞金額:25,430千円
1出走あたり平均賞金額:1,712千円
※馬房数は2015年3月末日時点
※順位はリーディング50位以内が対象

■依頼騎手
1位:酒井学 76鞍(5)
2位:松山弘平 24鞍(4)
3位:和田竜二 23鞍(2)
4位:川田将雅 18鞍(2)
5位:武豊 13鞍(3)
※( )内は勝ち鞍数

■分析
2015年の出走数386は矢作厩舎に次いでの2位で「とにかく出走させる」のが西園正都厩舎。
1馬房あたりの平均出走数14.85も7位と高い数値になっており、1出走あたりの獲得賞金額も低めとなっている。

一口馬主という観点でいえば「賞金は二の次で、とにかく愛馬が競馬場で走っている姿を見たい」という方にはおすすめの厩舎。馬の走れそうな条件があれば東西問わず遠征もするので、関東所属の騎手への依頼も多い。

これまでの傾向としては中距離以上の馬を育てるのはそこまでうまくはない。
2015年も中央34勝のうち24勝が1400m以下。特にダート戦がそのうちの15勝を占めている。芝で勝ち上がれない馬は積極的にダートも試す傾向があるので「いろんな可能性を試して欲しい」という方にはおすすめ。よって狙い目は短距離~マイルタイプの馬(例:サダムパテック、シルポート、ハクサンムーンなど)。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ




コメントを残す

必須欄は * がついています