POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

マカヒキが3強対決の弥生賞を制して皐月賞へ!(動画あり)/POG途中経過

| 2件のコメント

POG20160306_1
POG20160306_2
POG20160306_3
【コメントのつけかた】
下記のURLよりPOGスタリオンへ ⇒ PO名をクリック ⇒ 近況コメント

▼POGスタリオンのページはこちら
http://pogstarion.com/groupuserlist.do?group_num=0608233903




3強対決と言われた皐月賞トライアル・弥生賞はsea-biscuitさん指名のマカヒキが勝利!sea-biscuitさん、おめでとうございます!

レースを見ていて、リオンディーズが前に行った時点で「これは押し切るだろうなぁ」と思って観ていたのですが、あそこから差し切るマカヒキの脚はとてつもないですね!以前、このブログで「リオンディーズとサトノダイヤモンドの2強」と書きましたが、その見解は改めなければいけなさそうですね。正直、皐月賞・ダービーがどんな結果になるのか想像がつきません。

さて、こうなると問題になってきそうなのは以前にも指摘した「マカヒキの鞍上問題」。昨日から情報を見ているとマカヒキの鞍上に川田騎手という声もあるようですが、ここに短期免許組の外国人騎手という可能性もありそう。

ただ個人的な分析というか妄想を話させて頂くと、ルメール騎手の立場に立てば、一度中山で走ったマカヒキのほうが計算がしやすいわけで、騎手の判断が入る余地があるならばサトノダイヤモンドが乗り替わりという可能性もありそう。

またノーザンファームという視点に立てば、今年の凱旋門賞にはキングカメハメハ産駒のドゥラメンテを送り出すことが決定済み。種牡馬の幅としては、もう1頭がディープインパクト産駒になったほうがアピールという観点では好ましく、デムーロ騎手がマカヒキに乗り替わるという可能性も一概には否定はできなさそう。

いずれにしても本番まで話題が尽きない皐月賞になりそうです。一方、牝馬路線でもZioさん指名のシンハライトが無敗の3連勝でチューリップ賞を制覇。こちらもレベルが高いですね。

▼全参加者の指名馬一覧
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/horselist_15.htm

←他のPOGサイトも見てみる


2件のコメント

  1. 桜木さん、ありがとうございます!
    前からご指摘されていた通り、鞍上問題が出てきましたね
    昨年、金子さんの所有馬ラブリーデイで結果を出した川田騎手が乗るのが収まりはいいでしょうね
    ジョルジュサンクもいますので、調整が利くかどうか見守りたいです
    あとは無事にクラシックへいってくれることを願うばかりです

  2. >sea-biscuitさん
    いつもコメントありがとうございます!
    結局、マカヒキの鞍上は川田騎手に収まりましたね。
    マカヒキと手が合うのかはわかりませんが、皐月賞で勝ったこともある騎手なので残された選択肢の中では上々の騎手が選べたのではないでしょうか。ダービーまでは確約していないようですが、ダービーも乗れるような好走を期待したいですね!

コメントを残す

必須欄は * がついています