POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

調教師データ分析:山内研二厩舎(栗東)

| 0件のコメント

山内研二厩舎(栗東)

■2015年度成績
27-26-23-25-29-188

2015年リーディング:35位
特別レース勝利数:4

勝率:0.085
連対率:0.167
複勝率:0.239

馬房数:24

1馬房あたり平均出走数:13.25
1馬房あたり平均賞金額:18,535千円
1出走あたり平均賞金額:1,398千円
※馬房数は2015年3月末日時点

■依頼騎手
1位:松山弘平 51鞍(6)
2位:和田竜二 44鞍(2)
3位:松若風馬 24鞍(3)
4位:秋山真一郎 24鞍(2)
5位:藤懸貴志 20鞍(1)
※( )内は勝ち鞍数

■分析
連闘が多いイメージのある山内研二厩舎だが、数字を見てみると実態はやや異なるようだ。1馬房あたりの平均出走数は13.25ととりわけ高い数字ではない。

しかし、その割に勝率が高いわけでもなく、また特別競走4勝という数字は高いとは言いづらい。当然、1馬房・1出走あたりの賞金額も低めとなっている。

過去の活躍馬データを見ても現役で獲得賞金額で1億円を超えているのは3頭のみ。かつて多くの億超えホースを輩出していただけでに厩舎の勢いは下降線を辿っていると言わざるをえない。

騎手の起用としてはリーディング上位の騎手への依頼は少なく、第3場に回るような騎手への依頼が多い。ローカルの勝てそうなレース選びに力を入れていることはうかがえる。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ




コメントを残す

必須欄は * がついています