POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

調教師データ分析:本田優厩舎(栗東)

| 0件のコメント

本田優厩舎(栗東)

■2015年度成績
28-21-16-21-24-224

2015年リーディング:33位
特別レース勝利数:9

勝率:0.084
連対率:0.147
複勝率:0.195

馬房数:20

1馬房あたり平均出走数:16.70(2位)
1馬房あたり平均賞金額:20,941千円
1出走あたり平均賞金額:1,254千円
※馬房数は2015年3月末日時点
※順位はリーディング50位以内が対象

■依頼騎手
1位:武豊 29鞍(4)
2位:太宰啓介 27鞍(1)
3位:藤岡佑介 26鞍(3)
4位:藤田伸二 24鞍(2)
5位:北村友一 20鞍(2)
※( )内は勝ち鞍数

■分析
ノーザンファームの馬を預からず、独自のスタイルで厩舎を運営しているのが本田優厩舎だが、同じスタイルの昆貢厩舎と対照的なのは1馬房あたりの出走回数だろう。16.70はリーディング50位以内で矢作芳人厩舎に次ぐ2番目に高い数値で「とにかく出走させる厩舎」だと言っていいだろう。

そのため1出走あたりの平均賞金額は低めだが、この順位帯としては勝率が大きく劣ることはない(※連対率・複勝率は低め)

一口クラブとしてはブルーやユニオンあたりが中心となるが、このスタイルに共感できるならば投資先としては面白い厩舎だと言えるだろう。

騎手の起用は関西の騎手が多め、外国人騎手は少なめ。特定の騎手に多く騎乗依頼する傾向が読み取れるので乗り替わりなどは少ないかもしれない。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ




コメントを残す

必須欄は * がついています