POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

調教師データ分析:浅見秀一厩舎(栗東)

| 0件のコメント

浅見秀一厩舎(栗東)

■2015年度成績

25-29-33-28-37-213

2015年リーディング:40位
特別レース勝利数:6

勝率:0.068
連対率:0.148
複勝率:0.238

■馬房数・各種データ

馬房数:22
1馬房あたり平均出走数:16.59(3位)
1馬房あたり平均賞金額:19,406千円
1出走あたり平均賞金額:1,169千円
※馬房数は2015年3月末日時点

■依頼騎手

1位:鮫島克駿 82鞍(6)
2位:田中健 45鞍(3)
3位:和田竜二 21鞍(0)
4位:岩田康誠 19鞍(3)
5位:四位洋文 18鞍(2)
※( )内は勝ち鞍数

■分析

浅見秀一厩舎を語る上で触れないといけないのは1馬房あたり平均出走数の16.59という高さだろう。
この16.59という高さは4位の斎藤誠厩舎の15.40に1pts以上の差をつけている特筆した数字。1位の矢作厩舎、2位の本田優厩舎と並んで「とにかく出走させる厩舎の3強」と位置付けていいだろう。

出走数が多いので勝率・1馬房あたりの平均出走数は低め。ローカルなど馬に合った条件があれば積極的に使うスタイルなので、一口馬主などで口取りなどは狙いにくい。

厩舎全体として短距離志向が強く、2000m以上での勝ち鞍は2015年はたったの1鞍のみ。POGや一口馬主では血統的に短距離の馬を狙ってみたい。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ




コメントを残す

必須欄は * がついています