POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ラボーナ(ハッピーパスの2014)和田稔夫記者1位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/13(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は5/30発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎和田記者 1位指名

ラボーナ
父:ルーラーシップ
母:ハッピーパス
牡馬

入厩予定:美浦・藤沢和雄厩舎



◆会議内でのコメント

今年のルーラーシップ産駒の中でトップクラス。馬っぷりが良い。ハッピーパスの仔は気がよいのが特徴で、この仔も素軽い。(ルーラーシップの)トニービンの血が入ったことで兄や姉よりも距離の融通がきくはず。昨秋時点で「今年の1歳はいいよ」と評判で、チェッキーノの取材時にもしばしば名前が挙がるほど。すでにNF天栄へ移動しており、来週中に美浦へ入厩予定。札幌デビューを目指す(和田)

◆情報局の見解

ルーラーシップ産駒についてはキングカメハメハと比較してエアグルーヴの血が入ったことでやや奥手になったようなイメージがあります。たとえばキャロットクラブのルーラーシップ産駒の場合、調教ペースをアップしたところで頓挫した馬が何頭かいましたのでPOGでカギとなる早熟性の部分に不安はあります。

その中で和田記者が指名したラボーナはすでに今の時点である程度の仕上がりを見せており、札幌デビューという具体的な目標も出ていることからルーラーシップ産駒の不安点はあまり考慮しなくてもよいとは言えそうです。

配合的な話をすると、キングカメハメハ産駒を父に持つ兄コディーノ、姉チェッキーノが重賞勝ちを収めていますからキングカメハメハの系統との不安はありません。さらにキングカメハメハ+エアグルーヴ+サンデーサイレンスという組み合わせはドゥラメンテという大成功例がありますので期待のほうが大きくて当然でしょう。

強いてケチをつける部分があるとすればNothernDancerの血がやや薄いかもしれないという点。近年のクラシックレースの上位馬は高い確率で5代目までのノーザンダンサーのクロスを持っているのに対して、本馬は5代目までにクロスはなし(※NothernDancer6×6のクロス)。このあたりが底力にどう影響してくるかがカギとみます。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

各記者の指名馬リスト

◇渡辺武仁記者
フローレスマジック(マジックストームの2014)【メス】
アルアイン(ドバイマジェスティの2014)【牡】
ミスエルテ(ミスエーニョの2014)【メス】
サトノアーサー(キングスローズの2014)【牡】
サトノヴィクトリー(ジョコンダ2の2014)【牡】
グラニーズチップス(ココシュニックの2014)【メス】

◇和田稔夫記者
ラボーナ(ハッピーパスの2014)【牡】
レイデオロ(ラドラーダの2014)【牡】
エディフィス(シーズオールエルティッシュの2014)【メス】
ハウメア(ダイヤモンドディーバの2014)【メス】
レジェンドセラー(トップセラーの2014)【牡】
アルミレーナ(ナイトマジックの2014)【メス】

◇板津雄志記者
トゥザクラウン(トゥザヴィクトリーの2014)【牡】
モクレレ(アパパネの2014)【牡】
ルーズベルトゲーム(サプレザの2014)【メス】
ミリッサ(シンハリーズの2014)【メス】
フュージョンロック(シャピーラの2014)【牡】
コロナシオン(ブエナビスタの2014)【メス】

※リンクを押すと各馬の解説記事へと移動できます

▼『丸ごとPOG』も併せてお読みください


コメントを残す

必須欄は * がついています