POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

フローレスマジック(マジックストームの2014)渡辺武仁記者1位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/13(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は5/30発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎渡辺記者 1位指名

フローレスマジック
父:ディープインパクト
母:マジックストーム
牝馬

入厩予定:美浦・木村哲也厩舎



◆会議内でのコメント

今年のヴィクトリアMに自身が手掛けた馬を4頭も送り出したNF空港の窪田淳調教主任が「牝馬四天王のエース格で抜けた存在」と話すのが同馬。渡辺記者自身も昨年、この会議で指名したサトノダイヤモンドと同じ匂いを感じたほどで、丸ごとPOGの巻頭に持ってきたほどの逸材。牧場見学時には、簡単に人に従わないところを見せておりこれが勝負根性につながると判断。5/11に牧場へ最新の取材を行なったところ「14-14のペースに上げたがに楽に対応しており、まだまだ行けそう」との回答を得られた。まずは一旦、6月中にゲート試験を受ける予定。そのまま使えそうなら夏の新潟開催でのデビューを目指す(渡辺)

【参考】窪田主任が話す牝馬四天王
マジックストームの2014ココシュニックの2014コケレールの2014リリウムの2014

2位で指名する予定だった。サンデーレーシングの関東馬の中心的存在(和田)

姉(ラキシス)などの活躍を考えると、血統的には古馬になってから走るのでは?最後まで悩んだ1頭(板津)

◆情報局の見解

この会議に出席しているメンバーの中では一番ノーザンファームへの取材を行なっているのが渡辺記者。私を含め、多くの人が渡辺記者の1位は“ノーザンファームの一番馬”ともっぱら噂のトゥザクラウンだと予想していたと思いますが、その予想に反してフローレスマジックを指名。
理由としては、1位で獲っておかないと美浦の担当である和田記者に獲られてしまう可能性があり、順番をずらして1位に上げたとのこと。それだけ欲しかった1頭だということは伝わってきます。

ここで少し余談をさせて頂くと、今年のPOGリストを作成している時に感じたのは「牡馬は大物感がある当たりっぽい馬が多い一方で、牝馬の選定がやや難しい」という印象。語弊があるといけないのでフォローしておくと、決して牝馬のレベルが低いとは感じてはいませんが、どの馬も一長一短という印象です。

では、このフローレスマジックの場合はどうかというと、配合的にはラキシスサトノアラジンの全妹ですから文句のつけようはありません。結局のところ、木村哲也厩舎の実績をどう考えるのかという点に集約されるのではないでしょうか。
厩舎だけの問題ではなく、たとえば美浦と栗東の施設の差、NF天栄とNFしがらきの差という部分も影響してくる可能性があります。その部分を考慮して指名をしなければいけないのではないでしょうか。

POGのトレンドという観点で見ると、牡馬に関しては中山がだいぶディープインパクト向きの馬場になったことで、ディーマジェスティが皐月賞を制するなど東西の差が少し縮まった印象を受けますが、その一方で牝馬路線はまだまだ西高東低の印象は強く、関東馬のディープインパクト産駒の牝馬を1位に持ってくるのは大胆な作戦だと感じました。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

各記者の指名馬リスト

◇渡辺武仁記者
フローレスマジック(マジックストームの2014)【メス】
アルアイン(ドバイマジェスティの2014)【牡】
ミスエルテ(ミスエーニョの2014)【メス】
サトノアーサー(キングスローズの2014)【牡】
サトノヴィクトリー(ジョコンダ2の2014)【牡】
グラニーズチップス(ココシュニックの2014)【メス】

◇和田稔夫記者
ラボーナ(ハッピーパスの2014)【牡】
レイデオロ(ラドラーダの2014)【牡】
エディフィス(シーズオールエルティッシュの2014)【メス】
ハウメア(ダイヤモンドディーバの2014)【メス】
レジェンドセラー(トップセラーの2014)【牡】
アルミレーナ(ナイトマジックの2014)【メス】

◇板津雄志記者
トゥザクラウン(トゥザヴィクトリーの2014)【牡】
モクレレ(アパパネの2014)【牡】
ルーズベルトゲーム(サプレザの2014)【メス】
ミリッサ(シンハリーズの2014)【メス】
フュージョンロック(シャピーラの2014)【牡】
コロナシオン(ブエナビスタの2014)【メス】

※リンクを押すと各馬の解説記事へと移動できます

▼『丸ごとPOG』も併せてお読みください


コメントを残す

必須欄は * がついています