POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

トゥザクラウン(トゥザヴィクトリーの2014)板津記者1位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/13(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は5/30発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎渡辺記者 1位指名

トゥザクラウン
父:ディープインパクト
母:トゥザヴィクトリー
牡馬

入厩予定:栗東・池江泰寿厩舎



◆会議内でのコメント

牧場に見に行った知り合いが絶賛。兄弟の中で一番瞬発力がある。秋デビュー予定。POGでは調教師の手腕も重要で、池江調教師のレース選びのうまさを評価した(板津)

フローレスマジック(マジックストームの2014)と1位指名を迷った1頭。NF早来の体制が変わり、厩舎長から主任となった林宏樹主任のコメントがあまり表に出なくなったが、林主任もイチオシしている。5/11の最新取材では「今年の三本柱は?」との問いに「今年は三本の“ミサイル”だよ」と答えるほど、自信を窺わせていた(渡辺)

◆情報局の見解

本馬に関しては、募集当時の昨年の夏から動画や写真をチェックしていますが、私が出資しているレイデオロ(ラドラーダの2014)よりやはり何枚か上の存在であることは素直に認めないといけないと思います。

募集当時から迫力のある馬体をしており、それこそ募集当時は少し体を持て余し気味な印象もありましたが、この半年間の成長で身体はすっきりしてきて、2歳にしてすでに古馬のような風格さえあります。
配合的にも全兄トゥザグローリートゥザワールドで実績があり、あとはG1に届くかどうかというレベルであって、ケチをつける部分はないと思います。調教の動画を見ていても走り方に変な癖もなく、故障リスクも低く見積もってよいと思います。

ただ、素直に褒めるだけでは面白くないと思うので最後にうがった見方も書いておきます。
昨年の夏、私もこの馬に出資するチャンスはあったわけですが、なぜ出資しなかったかというと写真を見た印象としてトゥザワールドのほうが衝撃が凄かったという点があります。これはトゥザワールドのほうが「伸びしろを感じた」と言い換えてもいいかもしれません。
トゥザクラウンはすでに古馬のような風格を感じさせますが、これが来年のクラシックシーズンにどうなっているのかという想像をした時にここからさらに良くなっているという想像があまりイメージできない点にあります。この不安は杞憂に終わると思いますが、来春どんな馬体になっているかはチェックしたいですね。

あともうひとつ、ここまで関係者全員が絶賛しているにもかかわらず、トゥザクラウンの下はキングカメハメハではなくロードカナロアをつけているという点は気にかけておきたいところです。牧場を代表するようなデキであれば、再度、同じ配合にチャレンジしてもよさそうなものですが、あえてそうしなかった理由は気になります。
キングカメハメハの体調が影響した可能性もありますし、「トゥザクラウンが駄目ならこの配合はもう上積みがない」とこの馬に過去最大級の期待をしていると好意的な解釈も可能です。果たしてトゥザヴィクトリー産駒の最高傑作となれるのか? 競馬ファンとして注目していきたい1頭です。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

各記者の指名馬リスト

◇渡辺武仁記者
フローレスマジック(マジックストームの2014)【メス】
アルアイン(ドバイマジェスティの2014)【牡】
ミスエルテ(ミスエーニョの2014)【メス】
サトノアーサー(キングスローズの2014)【牡】
サトノヴィクトリー(ジョコンダ2の2014)【牡】
グラニーズチップス(ココシュニックの2014)【メス】

◇和田稔夫記者
ラボーナ(ハッピーパスの2014)【牡】
レイデオロ(ラドラーダの2014)【牡】
エディフィス(シーズオールエルティッシュの2014)【メス】
ハウメア(ダイヤモンドディーバの2014)【メス】
レジェンドセラー(トップセラーの2014)【牡】
アルミレーナ(ナイトマジックの2014)【メス】

◇板津雄志記者
トゥザクラウン(トゥザヴィクトリーの2014)【牡】
モクレレ(アパパネの2014)【牡】
ルーズベルトゲーム(サプレザの2014)【メス】
ミリッサ(シンハリーズの2014)【メス】
フュージョンロック(シャピーラの2014)【牡】
コロナシオン(ブエナビスタの2014)【メス】

※リンクを押すと各馬の解説記事へと移動できます

▼『丸ごとPOG』も併せてお読みください


コメントを残す

必須欄は * がついています