POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

アルアイン(ドバイマジェスティの2014)渡辺武仁記者2位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/13(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は5/30発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎渡辺記者 2位指名

アルアイン
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
牡馬

入厩予定:栗東・池江泰寿厩舎



◆会議内でのコメント

NF早来・山内大輔厩舎長が自信を示している。ディープインパクトっぽくバネがあり、大物感がある。5/11の最新取材では「走ってもらわないと困る。秋デビューの王道路線を歩ませたい」とのこと(渡辺)

◆情報局の見解

名門厩舎のディープインパクト産駒ということでPOGの王道指名です。ぜひチェックしておくべき1頭でしょう。

母のドバイマジェスティはBCフィリー&メアスプリントなどダートの7F競走を中心に活躍した牝馬です。その父Essence of Dubaiは、UAEダービーやノーフォークS(現フロントランナーS)を制するなど、ダート1600~2000mの条件で活躍した種牡馬です。

正直な話、配合的にはこれだけのダート血統にディープインパクトをつけてどんな馬になるのか想像がつきづらいのですが、血統表の中でNorthernDancerの血がかなり薄いことは近年の競馬トレンドから考えるとマイナスとなるかもしれません。

厩舎的な話もしておくと、池江厩舎はここ数年、あまり皐月賞トライアルに積極的ではなく、きさらぎ賞などをステップに使うケースが多め。ただこれが本番に直結しているかというとやや微妙で、厩舎の力は認めますが、この馬も特殊なローテーションになっていくような予感はあります。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

各記者の指名馬リスト

◇渡辺武仁記者
フローレスマジック(マジックストームの2014)【メス】
アルアイン(ドバイマジェスティの2014)【牡】
ミスエルテ(ミスエーニョの2014)【メス】
サトノアーサー(キングスローズの2014)【牡】
サトノヴィクトリー(ジョコンダ2の2014)【牡】
グラニーズチップス(ココシュニックの2014)【メス】

◇和田稔夫記者
ラボーナ(ハッピーパスの2014)【牡】
レイデオロ(ラドラーダの2014)【牡】
エディフィス(シーズオールエルティッシュの2014)【メス】
ハウメア(ダイヤモンドディーバの2014)【メス】
レジェンドセラー(トップセラーの2014)【牡】
アルミレーナ(ナイトマジックの2014)【メス】

◇板津雄志記者
トゥザクラウン(トゥザヴィクトリーの2014)【牡】
モクレレ(アパパネの2014)【牡】
ルーズベルトゲーム(サプレザの2014)【メス】
ミリッサ(シンハリーズの2014)【メス】
フュージョンロック(シャピーラの2014)【牡】
コロナシオン(ブエナビスタの2014)【メス】

※リンクを押すと各馬の解説記事へと移動できます

▼『丸ごとPOG』も併せてお読みください


コメントを残す

必須欄は * がついています