POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

フュージョンロック(シャピーラの2014)板津雄志記者5位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/13(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は5/30発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎板津記者 5位指名

フュージョンロック
父:ステイゴールド
母:シャピーラ
牡馬

入厩予定:栗東・須貝尚介厩舎



◆会議内でのコメント

すでにゲート試験に合格、6月デビューを目指して調整されている。担当はゴールドシップを担当していた今浪隆利厩務員。「さすがにゴールドシップより上とは言えないが、レッドリヴェールよりも上の可能性はある」。賢い点が良い(板津)

◆情報局の見解

過去のPOGを見ると須貝厩舎の6月デビュー組からはレッドリヴェール(阪神JF)やベルラップ(京都2歳S)が出ており、注目しておくべき存在だと言えるでしょう。

配合に目を移すと、ステイゴールド×ドイツ牝馬という観点で調べていくと金鯱賞などを勝ったオーシャンブルーなどが参考になります。
オーシャンブルーの母プアプーも、本馬の母シャピーラもNasrullah[ナスルーラ]の流れを汲む牝馬で、母方でLyphard[リファール]でパワーやスタミナを補っている形は似ています。
適性距離は気性面で違ってくるとみますが、タイプ的にはオーシャンブルーに似たようなタイプになると予想しています(急坂があって機動力も求められる中山のようなコースが得意)。

ステイゴールド産駒は総じてノーザンテーストを代表としたNothernDancerの血が母系に入っていることが好ましく、本馬もそこそこ相性のよいリファールの血が入っているので配合のポテンシャルは高いと見ています。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

各記者の指名馬リスト

◇渡辺武仁記者
フローレスマジック(マジックストームの2014)【メス】
アルアイン(ドバイマジェスティの2014)【牡】
ミスエルテ(ミスエーニョの2014)【メス】
サトノアーサー(キングスローズの2014)【牡】
サトノヴィクトリー(ジョコンダ2の2014)【牡】
グラニーズチップス(ココシュニックの2014)【メス】

◇和田稔夫記者
ラボーナ(ハッピーパスの2014)【牡】
レイデオロ(ラドラーダの2014)【牡】
エディフィス(シーズオールエルティッシュの2014)【メス】
ハウメア(ダイヤモンドディーバの2014)【メス】
レジェンドセラー(トップセラーの2014)【牡】
アルミレーナ(ナイトマジックの2014)【メス】

◇板津雄志記者
トゥザクラウン(トゥザヴィクトリーの2014)【牡】
モクレレ(アパパネの2014)【牡】
ルーズベルトゲーム(サプレザの2014)【メス】
ミリッサ(シンハリーズの2014)【メス】
フュージョンロック(シャピーラの2014)【牡】
コロナシオン(ブエナビスタの2014)【メス】

※リンクを押すと各馬の解説記事へと移動できます

▼『丸ごとPOG』も併せてお読みください


コメントを残す

必須欄は * がついています