POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

アルミレーナ(ナイトマジックの2014)和田稔夫記者6位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/13(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は5/30発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎和田記者 6位指名

アルミレーナ
父:ディープインパクト
母:ナイトマジック
牝馬

入厩予定:美浦・国枝栄厩舎



◆会議内でのコメント

(狙っていたディープインパクト産駒が獲れなかったので)元々は獲るつもりがなかったものの指名。上が走らなかったら下が走るパターンはある。うまくいけば夏デビューだが、秋デビューでは? 夏の間に幅が出て欲しい。トレセン取材時に某騎手が本馬の写真を見て「これはいい」と発言(和田)

◆情報局の見解

昨年のPOGで悪い意味で話題となってしまったフォイヤーヴェルクの全妹が本馬。
配合を見ると、ディープインパクトにSadler’sWells系の配合、そして母母父がMonsunというスタミナ色の強い配合になっています。やはり配合のバランスという観点でいえば、スピードを支える部分やパワーを補う部分が欲しいというのが正直なところではないでしょうか。

フォイヤーヴェルクは先日、未勝利戦を勝ち上っていますが、その内容も芝2400m戦で向こう正面で先頭が入れ替わる出入りの激しい競馬で消耗戦になっての勝利。フォイヤーヴェルク自身の上がり35.9で、それが上がり1位でしたのでスタミナ勝負だったということが良くわかります。

全妹なので配合は変わらず、さらに本馬は兄と同じく430kg台の馬体とのことで現時点の情報を見る限りは指名しづらいことは確かでしょう。和田記者の言うとおり、この夏にどれだけの成長を見せてくれるか次第ですので、たとえば秋以降の追加補充候補という位置づけが妥当ではないでしょうか。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

各記者の指名馬リスト

◇渡辺武仁記者
フローレスマジック(マジックストームの2014)【メス】
アルアイン(ドバイマジェスティの2014)【牡】
ミスエルテ(ミスエーニョの2014)【メス】
サトノアーサー(キングスローズの2014)【牡】
サトノヴィクトリー(ジョコンダ2の2014)【牡】
グラニーズチップス(ココシュニックの2014)【メス】

◇和田稔夫記者
ラボーナ(ハッピーパスの2014)【牡】
レイデオロ(ラドラーダの2014)【牡】
エディフィス(シーズオールエルティッシュの2014)【メス】
ハウメア(ダイヤモンドディーバの2014)【メス】
レジェンドセラー(トップセラーの2014)【牡】
アルミレーナ(ナイトマジックの2014)【メス】

◇板津雄志記者
トゥザクラウン(トゥザヴィクトリーの2014)【牡】
モクレレ(アパパネの2014)【牡】
ルーズベルトゲーム(サプレザの2014)【メス】
ミリッサ(シンハリーズの2014)【メス】
フュージョンロック(シャピーラの2014)【牡】
コロナシオン(ブエナビスタの2014)【メス】

※リンクを押すと各馬の解説記事へと移動できます

▼『丸ごとPOG』も併せてお読みください


コメントを残す

必須欄は * がついています