POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

グラニーズチップス(ココシュニックの2014)渡辺武仁記者6位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/13(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は5/30発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎渡辺記者 6位指名

グラニーズチップス
父:ハーツクライ
母:ココシュニック
牝馬

入厩予定:栗東・藤原英昭厩舎



◆会議内でのコメント

NF空港の窪田淳調教主任グループの牝馬四天王の1頭。5/11の最新取材では『14~15のペースで調教しており、ここにきて力をつけている。6月中にNFしがらきへ移動予定。身体がしっかりしており、藤原厩舎のハードな調教にも耐えられそう。オークス狙いの1頭(渡辺)

【参考】窪田主任が話す牝馬四天王
マジックストームの2014ココシュニックの2014コケレールの2014リリウムの2014

◆情報局の見解

ココシュニックの仔は半兄ステファノス(父ディープインパクト)などキャロットクラブで募集されることが多く、毎年のように分析を行なっている血統です。
半姉のココファンタジア(父ステイゴールド)は昨年のこのPOGドラフト会議でも名前が挙がり即戦力候補として期待されましたが、未だに勝ち上がることはできていません。半姉に関してはステイゴールド産駒の牝馬ということでデータ的に厳しい部分もありましたし、本馬は預託先がステファノスと同じ藤原英昭厩舎に戻ったあたりはプラス材料と見てよいでしょう。

ただ以前からも何度かこのサイトの記事に書いていますが、私は「母父クロフネ」をあまり高く評価していないので本馬のポテンシャルは低めの評価としています。
クロフネ産駒の牝馬はノーザンファームの良質な種牡馬に恵まれ、これまで400頭以上が仔が世に出ていますが1億円超えホースはステファノスアイスフォーリスカラフルデイスのたった3頭のみ。
さらに条件を絞ってハーツクライ×母父クロフネの組み合わせになると獲得賞金3千万を超えた馬をおらず、勝ち上がり率は50%未満。確率からいうと、当たりを引くのはなかなか難しいだろうというのが私の血統評価です。

6月中にしがらきへ移動という情報はプラスです。ただし2歳戦のポイントゲッターになるかは微妙でしょう。ステファノスも毎日杯3着という成績はありますが、本格化したのはPOG期間が終わってから。祖母ゴールドティアラも古馬になってから本格化していますので晩成気味の血統である点は忘れてはいけません。

さらに藤原厩舎は基本的には2歳戦からバリバリ出してくるという厩舎ではないので、オークス狙いという渡辺記者の見解は正しいでしょう。
藤原厩舎の特徴として調教についていけないと判断すれば長めの放牧で外厩に置かれて成長待ちというパターンもありますので、なかなか出走しないというケースも頭に入れつつ指名を検討したい1頭です。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

各記者の指名馬リスト

◇渡辺武仁記者
フローレスマジック(マジックストームの2014)【メス】
アルアイン(ドバイマジェスティの2014)【牡】
ミスエルテ(ミスエーニョの2014)【メス】
サトノアーサー(キングスローズの2014)【牡】
サトノヴィクトリー(ジョコンダ2の2014)【牡】
グラニーズチップス(ココシュニックの2014)【メス】

◇和田稔夫記者
ラボーナ(ハッピーパスの2014)【牡】
レイデオロ(ラドラーダの2014)【牡】
エディフィス(シーズオールエルティッシュの2014)【メス】
ハウメア(ダイヤモンドディーバの2014)【メス】
レジェンドセラー(トップセラーの2014)【牡】
アルミレーナ(ナイトマジックの2014)【メス】

◇板津雄志記者
トゥザクラウン(トゥザヴィクトリーの2014)【牡】
モクレレ(アパパネの2014)【牡】
ルーズベルトゲーム(サプレザの2014)【メス】
ミリッサ(シンハリーズの2014)【メス】
フュージョンロック(シャピーラの2014)【牡】
コロナシオン(ブエナビスタの2014)【メス】

※リンクを押すと各馬の解説記事へと移動できます

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください


コメントを残す

必須欄は * がついています