POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

Gallop記者がオススメするPOG指名馬&近況情報

| 0件のコメント

5/13『週刊Gallop』POGドラフト会議で出た情報です

イタリアンホワイト(リリウムの2014、父ステイゴールド)
広いコースで走らせたいので新潟開催狙い。6月下旬以降に本州へ移動予定(渡辺)

ダブルバインド(ラッシュラッシーズの2014、父ディープインパクト)
4月の段階ではまだまだだが、NF早来・林主任「一番のびしろがある」
体重は変わってないが、筋肉のメリハリがついている。秋デビュー予定(渡辺)

ヘリファルテ(シューマの2014、父ディープインパクト)
堀調教師への取材はできていないが、走る馬という噂がある(和田)
NF空港・細田誠二厩舎で評判がよい。母系の血統が凄い(渡辺)

ヒシマサル(シェリールの2014、父ルーラーシップ)
最近よくなっている1頭。横手主任「1回休んでよくなった」。北海道デビューを目指す(渡辺)

スプリングゲイル(サンスプリングの2014、父キンシャサノキセキ
そろそろ鹿戸入厩の予定。函館2歳S狙い(和田)

ファイナンス(ファシネーションの2014、父ルーラーシップ)
横手主任「ここ1カ月で変わってきた馬は当たりが多い」(渡辺)

バックドアルート(ウィキッドリーパーフェクトの2014、父ステイゴールド)
サンチバを欠場したが秋デビューに変更したためで問題は何もない。
最近、金子オーナーが見学に来た。必ず良くなって来るとのこと(渡辺)

Broadway lullabyの2014(父The Factor)
バレッツセールの最高価格取引馬で、某調教師が褒めていた1頭。
コーナーまでキャンターで走っていたところから直線で追った時の爆発力が凄い。
検疫の関係で早くて7月以降だが、おそらく秋デビュー。
オーナーはアジアエクスプレスの馬場幸夫オーナーあたりが有力(和田)

アンティノウス(ミクロコスモスの2014、父クロフネ)
東京開催開幕週・6/5東京芝1600でデビュー予定(和田)

マイティーキュート(マイティースルーの2014、父ダイワメジャー)
田村調教師への取材で紹介された1頭。馬っぷりが良くなっているとのこと(和田)



←他のPOGサイトも見てみる

■こちらの記事も読まれています

調教師データ分析:リーディング上位厩舎の1馬房平均出走数、依頼騎手ベスト5など

2016年度デビュー新種牡馬の分析[タートルボウル、ルーラーシップ、ストリートセンス、ディープブリランテ]

POG2016-2017 関連書籍発売日まとめ


コメントを残す

必須欄は * がついています