POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2017年度デビュー予定の新種牡馬分析[オルフェーヴル、ロードカナロア、ノヴェリスト、エイシンフラッシュ、ヘニーヒューズ]

| 0件のコメント

今年も各クラブの1歳馬の募集が始まり、新種牡馬に対する関心も高まっていると思われる。
そこで今回は主要な一口クラブで募集がかかりそうなオルフェーヴル・ロードカナロア・ノヴェリスト・エイシンフラッシュ・ヘニーヒューズの紹介・分析を行なっていく。

■オルフェーヴル

オルフェーヴルに関しては、改めて現役時代について語る必要はないだろう。早速、血統の分析をしていきたい。

オルフェーヴルの特徴は体が小さく、体調も不安定なステイゴールド産駒においてノーザンテーストのクロスによって体質が安定していたという点だろう。
なので、オルフェーヴル産駒の好配合馬を探す上で大切にしたい視点は「このノーザンテーストの血をどう生かすのか?」という点になる。

ノーザンテーストの血を考える上で皆さんにお伝えしたいのは「ノーザンテーストに関することはドゥラメンテに聞け」という格言だ(そんな格言は実在しないが、勝手に作らせて頂いた)。つまりドゥラメンテの血統表を眺めていれば、ノーザンテーストと相性のよい血は見えてくるというわけである。

そのひとつは名牝Specialとの相性の良さだ。ドゥラメンテの成功要因のひとつにキングカメハメハが持つSpecialの血が効いているという仮説だ。
これを裏付けるかのようにオルフェーヴルの全兄で、一足先に種牡馬としての活動を始めているドリームジャーニーの仔で、母系にSpecialないしはその全弟Thatch[サッチ]を持っている仔は高い勝ちあがり率を見せている。このあたりのことは血統評論家の栗山求氏が『パーフェクト種牡馬辞典2016-2017』などにも書いているので参考にしてみるといいだろう。

そして、もうひとつ、ノーザンテーストの血はトニービンとも相性がよい。ドゥラメンテの祖母エアグルーヴはトニービン×ノーザンテーストの組み合わせ。
この組み合わせすべてが結果を出すわけではないが、ドリームジャーニー産駒の成績をチェックしていくと、母系にトニービンの血を持って勝ち上がっている馬は多い。この配合はチェックしておいて損はないはずだ。

オルフェーヴル産駒にはクラシックでの活躍を期待する人も多いだろう。そういう人にはLyphard[リファール]やダンシングブレーヴを母系に持つ組み合わせもおすすめ。オルフェーヴル自身もNorthernDancerの血はしっかり持っているものの、血の総量がやや薄めなので母系で補ってあげることもポイント。そういった点でもLyphard系はおすすめしたい。

兄ドリームジャーニーは体も小さく、また引退後も馬産地で暴れて骨折するなど問題が多かったのに対して、オルフェーヴルは体質も安定しており、気性面も兄ほどではないそうだ。
父ステイゴールドとも比較しても、前述のノーザンテーストのクロスで体質の問題も解消され、ステイゴールド産駒にとって最大のネックだった牝馬の打率の低さも解消してきそうな予感はある。馬産地の期待は大きいだろうが、それに応えるだけの活躍を楽しみにしたい。

■ロードカナロア

香港スプリントの2連覇などスプリントG1を多く勝利し、安田記念も勝つなど距離でも融通が利くので種牡馬としての素質は高そうだ。

2014年の種付け頭数は250頭、2015年度産駒で現在登録されているのは約180頭。
その分布をみていると、自身の血統表にサンデーサイレンスを含まないのでSS系牝馬との交配が目立つ。それ以外ではフレンチデピュティ・クロフネ産駒の牝馬との交配が多い。これはクロフネ牝馬はスプリント~マイルでの活躍が多く、ロードカナロアとの交配でその長所を伸ばそうという意図が感じられる。

まずロードカナロア自身がNorthernDancerの5×5×4クロスを持っているので、非常に現代のトレンドに合った種牡馬である可能性が高い。
種付け頭数も多く、おそらくどのSS系の繁殖牝馬ともほどよい相性を示してくれるだろう。父系がしっかりNorthernDancerの血を持っているので、むしろ母系はNorthernDancerの血は薄くても構わない。4代目もしくは5代目に1つ、NorthernDancerの血が1つあるぐらいでちょうどいいはずだ。

個人的には、少し晩成傾向が強くなってしまいPOG的には微妙かもしれないが「父ロードカナロア×母父ダンスインザダーク」の産駒に注目したい。この組み合わせの時点でNorthernDancerの血の総量が5×5×5相当になるので面白そうだ(例:ドゥラメンテやレッツゴードンキ、ヤマカツエースなどがNorthernDancerの5×5×5持ち)。現時点で2015年生まれのこの組み合わせは10頭が登録されている

次にフレンチデピュティ、クロフネを母父に持つパターンについてだが、母父フレンチピュティが入るとその時点でNorthernDancerの6×6×5×5のクロスが完成するので、こちらもまたNorthernDancerの血の総量は近年の競馬トレンドにマッチしたいい配合になりそうな予感だ。ただし全くサンデーサイレンスの血を持たないというのはやや不安なので、母母方にSS系が来る配合のほうが安心感がある。

それ以外では、父キングカメハメハの仔はMr.Prospecterのクロスを持っている産駒はダート色が強くなると言われているので、ロードカナロアが同じ特性を持っているとすればMr.Prospecterのクロスの有無については気にしておきたいポイント。

あと母系にSadler’sWellsが入る産駒は面白いかもしれない
ロードカナロアが持つNureyevとSadler’sWellsが3/4同血クロスとなって爆発力を生むケースがある(注:その分、気性面のリスクもある)。Sadler’sWellsが入って、短距離志向は弱くなるかもしれないが、マイル~中距離で結果を出す産駒も出てくるかもしれない。いずれにしてもキングカメハメハ系統は名牝Specialの血をクロスさせることで爆発力を生みだすケースがあるのでSpecialの血を持った牝馬の仔にも注目してみたい。

■ノヴェリスト

まずノヴェリストの現役時代をおさらいすると、2~4歳時に独仏伊英で11戦9勝2着1回という成績を残している。2歳時は1戦1勝、3歳になってからも3連勝をして4戦無敗で挑んだドイチェスダービーは2着。その後、バーデン大賞を挟んで伊G1ジョッキークラブ大賞で初G1制覇を果たす。

4歳になってからも仏G1サンクルー大賞を勝利。そしてその後、英G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを制する。この時、アスコット競馬場のレコードを更新。その後、独G1バーデン大賞も制してG1を3連勝して種牡馬入りしている。

先に筆者の見解を述べておくと、ノヴェリストには不安を感じつつも高い期待をしている。その理由は主に2つある。

1つはスピードという観点で評価できる可能性があるため。先述のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスではハービンジャーが樹立したレコードタイムを2秒以上、短縮している。日本の競馬で結果を出すにはスピードの下地は必要不可欠であり、この点は強調してよいストロングポイントだろう
少し余談になるが、ハービンジャーも日本に導入当初は“洋芝専門”といった評価を受けていたが、ここ最近では高速馬場の京都などでも勝ち星を積み上げるなど日本の馬場への高い適性を見せている。このことからハービンジャーよりもスピードのポテンシャルを持ったノヴェリストが日本でハービンジャー以上の成績を収める可能性は十分にある。

もう1つの観点は、Monsunの系統は実はすでに日本のG1で結果を出しているという点。
ノヴェリストの父Monsunはオークス2着馬のピュアブリーゼを輩出している。Monsun産駒は日本で2頭走っていて、そのうちの1頭がG1で2着になっている点は興味深い。
ただしこの分析で要注意なのは、ピュアブリーゼが2着になったのはエリンコートが勝ったオークス。覚えている人も多いだろうが、良馬場発表とはいえ、かなり雨が降っていて馬場は極悪。その他の戦績も重馬場のフローラSで3着、福島牝馬Sで3着と、いかにもパワータイプらしい戦績。このことからスピードよりもパワーに長けた血統である事実は忘れてはいけないポイント。

上記のことから、配合としては母系にはスピードのある血を入れたい。
安直なところではSS系はぜひとも入れたいところ。ちなみにピュアブリーゼはまったくSS系を含んでいない。SS系との相性が良ければ、ピュアブリーゼが届かなかった重賞勝ちまで届くかもしれない。
ノヴェリスト産駒の母父にはSS系の中でもスピードを感じる血を入れると良さそう。サンデーサイレンスはもちろん、キレを重視してのディープインパクト、アメリカ血統を入れて血を軽くする意味でゼンノロブロイあたりはいい相性を見せてくれそうな予感はある。

ハービンジャーとの比較でやや劣る点としては、NorthernDancerの血がやや薄いという点だろう。ハービンジャーは4×5×4のクロス(15.63%)、一方ノヴェリストは5×4のクロス(9.38%)。可能であれば母系の5代目までにNorthernDancerの血は入れたい。

最後に社台スタリオン見学者などの情報を見ていると、評価はあまり高くないというのは少し気になるところ。あまり見栄えは良くないのかもしれない。
このあたりはいろいろな仮説が考えられるが、ノヴェリスト自身が2歳時からバリバリ活躍したタイプではないので、産駒もまた晩成傾向が強い可能性はある。適性距離も中距離よりも長いところなのでそのことを踏まえて産駒の取捨選択をしていくことが必要だろう。

■エイシンフラッシュ

日本ダービー、天皇賞秋など大舞台で勝負強かったエイシンフラッシュ。
SSの血が中距離路線を席巻しまくる日本競馬の中でSS系の血が入らないエイシンフラッシュが32~33秒台の末脚を発揮したのは異質で、場合によっては今後、エイシンフラッシュが「中距離版キングカメハメハ」となって日本の競馬界で大きなウェイトを占めていく可能性はある。

血統的には半分が日本では主流ではないドイツ血統を占めているのでどんな牝馬とも交配できる点は種牡馬としては大きな武器になる。
ちなみに少し面白いのはKingmanboが3代目に入っており、キングカメハメハ産駒の牝馬とも交配が可能。2015年度には2頭の「父エイシンフラッシュ×母父キングカメハメハ」というKingmambo3×3のクロス持ちが2頭生産されている。

配合の可能性としては、やはりSS系とは好相性を示して欲しいところ。実際、多くのSS系牝馬と交配されている。
あとエイシンフラッシュをキングカメハメハと同じような配合適性を示すと仮想した場合、キングカメハメハ産駒の中距離タイプに多い「母系にノーザンテースト」が入る繁殖との仔には注目してみたい(代表例:ドゥラメンテ、ヒットザターゲット)。キングカメハメハに比べてエイシンフラッシュはNorthernDancerの血が薄いのでその点でもノーザンテーストは有効かもしれないという仮説をここで唱えておく。

またロードカナロアのところで提唱したSpecialの血をクロスさせる配合も有効かもしれない。ただしエイシンフラッシュの場合は父系が重厚なのでSadler’sWellsはマイナスに働くかもしれない。もしSpecialの血を入れる場合にはSadlers’sWellsを経由しない形、たとえばNureyevやジェイドロバリーを経由してSpecialの血を厚くする方法も注目してみたい配合パターンだ。

血統的にはポテンシャルが高いエイシンフラッシュだが、初年度は少し厳しい船出になるかもしれない。
やはり同じキングマンボ系であるロードカナロアと同じ年の種牡馬デビューというのは大きな向かい風になっている。SS系と相性がよいとされるドイツ血統でどれだけSS系の優良な繁殖を集められるかがカギになるが、ノーザンファーム生産の1歳馬はロードカナロア産駒が31頭、エイフィンフラッシュが10頭とやや水をあけられている。ちなみに系統は異なるがノヴェリストが18頭なので、ノーザンファームの期待度という点では厳しめの評価をする必要がありそうだ。

この逆風を乗り越え、種付け数を増やしていくためには非ノーザンファーム産の馬で結果を出していけるかがポイントになっていくだろう。

■ヘニーヒューズ

新種牡馬といいつつも、すでに輸入産駒でモーニン・アジアエクスプレスと2頭のG1馬、そしてその2頭を含めた4頭が重賞勝ち&1億円以上の賞金を稼いでいる注目株がヘニーヒューズだ。

ヘニーヒューズ自身は2~3歳時にアメリカで活躍し、10戦6勝2着3回の成績を収めている。ヴォスパーグSやキングスビショップSなどダート6~7ハロン戦で活躍した。
そのイメージ通りにダート巧者を多く輩出しており、原則的にはダート馬の扱いとしたい。芝スタートの東京ダートマイルのスタート地点の芝やアジアエクスプレスの朝日杯FSなどから見ても芝もこなせる。ただこなせるといっても、当時の朝日杯は芝が荒れていたのでパワーを要する芝には対応できるという程度の認識でいいだろう。

ヘニーヒューズ産駒の黄金配合は「母系にCozzene」
前述のモーニン・アジアエクスプレスが該当する。このCozzeneに代表されるようにNasrullah[ナスルーラ]の血と相性がいい。兵庫ジュニアグランプリやシリウスSを制したケイアイレオーネも母系にNasrullahのクロスを持っており、Nasrullahの血は何本でも入っててよい感じだ。
逆にNasrullahの血が入っていないタイプとしてはデビューから2連勝でファルコンSを制したヘニーハウンドがいる。おそらくBold Rulerに代表されるようなNasrullahの血が入るとダート色が強くなるので、逆張りでNasrullahが入っていない芝の短距離向きの馬を見つけるのもひとつのアプローチだろう。

またヘニーヒューズはNorthernDancer系なので日本の馬場への適応能力が高いことはポイント。
ただしヘニーヒューズ自身のNorthernDancerの血は濃くないので、母系にも5代目までにNorthernDancerが入っていることが好ましい。NorthernDancerの中でもVice Regentのような北米系ノーザンダンサーが好ましい。Danzigも悪くないはずだ。

ヘニーヒューズの2015年度産駒は現時点で128頭の登録。牝系にSS系を持つ交配も多く、初年度から繁殖相手に恵まれた印象はある。SS系との相性に関しては未知数だが、父父にSS系と親和性の高いStorm Catがいるのでそこまで酷い結果にはならないのではないだろうか。

強いて弱点をあげるならば、モーニンやケイアイレオーネなど大跳びが原因で小回りコースにやや難点がある産駒が多くなりそうという点だろうか。地方の競馬場での走りには注目したい。いずれにしても、そんな不安をかき消すほどにポテンシャルは高いのは間違いない。前述のCozzeneやクロフネ・フレンチデピュティなどの血を持て余している日高の牧場にとっても救世主になるだけの可能性を秘めており、その動向からは目が離せない種牡馬といっていいだろう。

(文=桜木悟史) @satoshi_style



あなたの愛馬のグッズがあるかも!?

←他のPOGサイトも見てみる




コメントを残す

必須欄は * がついています