POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

トキオリアリティーの2012(レアリスタ)【キャロットクラブ募集番号15】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします。

<今年の出資馬選びの方向性>
募集価格に対して獲得賞金の回収率を重視

<主な分析ファクター>
・種牡馬傾向、性別による傾向
・厩舎力、厩舎傾向
・DVDでの動き(怪我のリスク)

——————————————

15_トキオリアリティー2012

父:ステイゴールド
母:トキオリアリティー
牡馬

募集価格:4,600万円
予定預託先:堀宣行厩舎

2012年産からいよいよステイゴールドも繁殖の質が高くなり、金額も高くなりました。
この馬も高額ですが、少しリスクのほうが高い印象を受けました。

まず、気になったのは、体全体のバランスがゆるい気がします。(ゆるいという表現が適切なのか不明ですが)
ステイゴールド産駒の活躍馬は体全体に丸みがあって、胴がぎゅっと詰まっている馬のほうが好走しています。おそらくそういう体のつくりだからこそスパート時にゴムまりのように跳ねて、爆発力を発揮できるのだと思います。

しかし、この馬の場合は、胴からトモにかけてが間延びしており、爆発力を前に伝えられるのか少し疑問です。

あと、血統的にもアイルラヴァゲインやアドマイヤフッキ―といた短距離馬の下であり、血統的に中距離向きのステイゴールドとのミスマッチ感は気になるところです。

映像で見る限りは、体型は母系(短距離色)のほうが強く出ている印象です。

(文=桜木悟史)

——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。

 

■2012年産の他の産駒の診断も見てみる!
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2012




コメントを残す

必須欄は * がついています