POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

調教師データ分析:高木登厩舎(美浦)

| 0件のコメント

高木登厩舎(美浦)

■2015年度成績

23-23-23-21-23-152

2015年リーディング:49位
特別レース勝利数:6

勝率:0.087
連対率:0.174
複勝率:0.260

■馬房数・各種データ

馬房数:22
1馬房あたり平均出走数:12.05
1馬房あたり平均賞金額:19,793千円
1出走あたり平均賞金額:1,643千円
※馬房数は2015年3月末日時点

■依頼騎手ベスト5

1位:大野拓弥 100鞍(13)
2位:吉田隼人 25鞍(1)
3位:黛弘人 23鞍(0)
4位:蛯名正義 17鞍(4)
5位:松岡正海 17鞍(2)
※( )内は勝ち鞍数

■分析

近年、スノードラゴン・サウンドトゥルー・ホワイトフーガなどの活躍馬を続々輩出している高木登厩舎。上記の賞金額の計算には地方での獲得賞金が含まれていないので、額面以上の評価をするべきである点には注目(地方4勝)。

勝ち鞍の分布をみると、厩舎27勝のうち20勝がダートとダート指向が強い。
また距離分布では1400~1800mのゾーンで21勝。これはダートのレースがこの距離帯に集中していることを関係しているだろう。ちなみに1200m戦では2勝しかあげていない。POG向きというよりは一口馬主向き。スノードラゴンのイメージに捉われず、短距離血統よりもダート血統を狙っていきたい厩舎だ。

騎手の起用では、上記の代表馬の主戦である大野拓弥騎手に厚い信頼を置いており100鞍も依頼している。それ以外では蛯名正義騎手が好相性。外国人騎手への依頼は非常に少なく4鞍だけ。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ




コメントを残す

必須欄は * がついています