POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

エアスピネルの全弟エアウィンザーがゲート試験合格ほか/POG近況次走情報

| 2件のコメント

■次走・近況情報

ダンビュライト
新馬快勝後は放牧へ。復帰は秋を予定している。

ロジセンス
体調が整わないために予定していた中京2歳Sは回避。次走は未定。

ファーブルトン(母セレブレイションキャット)
柴山騎手「先週、函館で追い切りの際にはブリンカー着用で集中していた。まだ緩さはあるがいいものを感じる」

カロス(母タイキジャスパー)
ゲート試験に合格。7/31札幌芝1800mでデビュー予定。鞍上は池添騎手。
「スクリーンヒーロー産駒2014年度産駒 配合注目馬」で紹介

ビートフォーセール(母ライフフォーセール)
7/23中京芝1400mでデビュー予定。鞍上はホワイト騎手。

ウルミラーレ(母ウミラージ)
先週末に美浦へ入厩済み。
TM評価:兄ウムブルフとは違うタイプで筋肉量豊富でバランスが取れている

ピンクガーベラ(母ルシュクル)
昨年の函館2歳S勝ちのブランボヌールの全妹。7/15に入厩済み。

ピスカデーラ(母ドリームスケイプ)
7/14栗東坂路 4F54.9-12.1(馬なり)をマーク。
TM評価:先週のCW追いも上々でハイレベルの動きを連発しており、出たとこ勝負。
「ブラックタイド産駒2014年度産駒 配合注目馬」で紹介

ステレオグラム(母ステレオタイプ)
美浦に入厩済み。7/15ゲート試験合格。牝馬ながらボリュームのある体を見せている。

エイプリルミスト(母スターダムバウンド)
7/13美浦Wで5F69.3-1F12.8(強め)をマーク。

マイネルパラディ
次走は8/28新潟2歳Sを予定

リンクスゼロ
次走は8/6ダリア賞を予定

エアウィンザー(母エアメサイア)
7/14ゲート試験合格。
前川助手「2歳馬にしては落ち着いているし賢そう。入厩後も順調にトレーニングできている」

■ゲート試験合格馬(7/13-7/15)

★7/13函館
ナイスレイズの2014

★7/13栗東
エイシンムー、カネトシジュテーム、ゲットグローリー、コスモヴァーズ、サンライズソア、ジェームス、スマートウェルズ、タマモサザンクロス、ニシノムーンサルト、マジョラム、マニアックスター、ショウサンウルルの2014

★7/13美浦
アパラチアン、グリッタードリーム、コントローラー、ジャックマニー、セツナイキモチ、セブンハーバー、タイセイハニー、トーホウアイレス、パサデイラ、マラン、ミステキサス、ミヤビキャッスル、カネスカンテービレの2014、スピードエアロの2014、テスラーの2014、マイネマリアンヌの2014、ミスイースターの2014

★7/14函館
アヴァント、アドマイヤプリヴ、アモーレ、カロス、サトノリュウガ、ジュンテオドーラ、
ドゥーヴル、リガス、レッドアンシェル、ロードアイビス

★7/14栗東
アッティーヴォ、ゴーフォーザベスト、ステイッフェリオ、タガノディグオ、デルマミセラレテ、トミケンキパジ、ハッシュタグ、メイショウテンセイ、リムーブザリミット、アジヤタイリンの2014、エアメサイアの2014、ケイエスホノカの2014

★7/14美浦
アクアオーラ、コウギョウマスター、ザイマカ、スズカグラーデ、ディアシューター、ベストリゾート、マイネルベレーロ、アドマイヤファインの2014、アーバンテーストの2014、ネイチャーガイドの2014、ハッピービーチの2014、モアスマイルの2014、ライズキッスの2014

★7/15函館
クレオス、ナンヨージュピター、マックスハート

★7/15栗東
アイファーイチオー、アグネスウィン、アスカノハヤテ、ウィッシュノート、エナジーハピネス、キクノブルス、グラッドシエル、クリデュクール、サイモンミラベル、サトノグラン、シゲルハスキー、シビックファミユ、タガノアンピール、デザートストーム、デルマオテモヤン、ドリームアロー、ニューミレミアム、ネオレジェンド、パッションチカ、ブライトクォーツ、フリーフリッカー、ヤクシャハソロッタ、リージェンツパーク、コケレールの2014、ビップピュアレディの2014

★7/15美浦
オウケンブライト、オリヴェヴリオ、キスミーオンアイス、コスモクウェンチ、コンボルド、サクラトップビクト、サンキューゴッド、ジャカントジョー、ジュンスターホース、ステレオグラム、スピールアスール、タカラキングダム、デルマアンコツバキ、ハットラブ、プラウドデイ、ブルブルブル、ブーカローズ、ベストティアーズ、ベニノシリウス、マリノレビン、ミッキークルソラ、メイプルストロング、ルネディ、レイテストバード、レッドローゼス、ロジベスト、アークティックシルクの2014、スズノエミーの2014、スマイルビクトリーの2014



←他のPOGサイトも見てみる


■こちらの記事も読まれています

調教師データ分析:リーディング上位厩舎の1馬房平均出走数、依頼騎手ベスト5など

2016年度デビュー新種牡馬の分析[オルフェーヴル、ロードカナロア、ノヴェリスト、エイシンフラッシュ、ヘニーヒューズ]

POG2016-2017 関連書籍発売日まとめ


2件のコメント

  1. 既デビュー組が、次走以降どうかな、といった新馬戦でしたので
    ピスカデーラには、是非新馬勝ちをお願いしたいものです。
    動きすぎて、出走前に出来落ちしないか心配です。

    POGの話ではなくなってしまいますが、クラリティスカイが
    あのお馬さんのいらっしゃる斎藤厩舎に転厩になったということで
    斎藤調教師は、立て直しが上手いという感じはありませんが
    彼とどちらが働くでしょうか(笑)

  2. >黙殺常習犯さん
    コメントありがとうございます!
    ピスカデーラは扱いとしてはノーザンの期待を受けているように思えます。ブラックタイドは仕上がり早いので2歳戦は楽しみにできるように思います。個人的にも注目している馬なので、クラシックに駒を進めてほしい1頭です。

    クラリティスカイの転厩は驚きました。古馬よりも2,3歳で結果を出している厩舎なので、手腕としてはあまり期待できませんが(爆)、厩舎にとっていい経験になるでしょうから、どんなレースに使ってくるのかなど注目したいと思います。

コメントを残す

必須欄は * がついています