POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

キャロットクラブ募集予定馬リストを見た感想

| 2件のコメント

先週末、本年度のキャロットクラブの募集予定馬リストが発表されました。

■募集予定馬

※7/1現在の暫定リストとなります

★ディープインパクト産駒
ウルトラブレンドの2015、ガヴィオラの2015、ヒルダズパッションの2015、アドマイヤキラメキの2015、クリソプレーズの2015、ココシュニックの2015、+イルーシヴウェーブの2015(セレクトセール)

★キングカメハメハ産駒
ラドラーダの2015、アヴェンチュラの2015、シーザリオの2015、ディアデラノビアの2015、ピンクパピヨンの2015、ブルーメンブラットの2015、リーチコンセンサスの2015

★オルフェーヴル産駒
クルソラの2015、シンハリーズの2015、マルティンスタークの2015

★ハーツクライ産駒
ジンジャーパンチの2015、データの2015、バロネスサッチャーの2015、プロミネントの2015、リッチダンサーの2015、アディクティドの2015、エレンウィルモットの2015、カニョットの2015、グレイトフィーヴァーの2015

★ロードカナロア産駒
アンナヴァンの2015、トゥザヴィクトリーの2015、アドマイヤフッキーの2015、ヴィートマルシェの2015、ドルチェリモーネの2015、ビアンカシェボンの2015

★ノヴェリスト産駒
ヴァイスハイトの2015、アソルータの2015、ケイティーズジェムの2015、フェルミオンの2015、ペルレンケッテの2015、ラフォルジュルネの2015

★ルーラーシップ産駒
グレイシアブルーの2015、イストワールの2015、ヴェラブランカの2015、ディミータの2015

★ダイワメジャー産駒
スルーレートの2015、ピューリティーの2015、レックスレイノスの2015、ヴァンドノワールの2015

★ヘニーヒューズ産駒
ヴェルデライトの2015、クロストウショウの2015、フォルテピアノの2015、レースウィングの2015

★エイシンフラッシュ産駒
ジェシカの2015、ブロードピークの2015、ロフティーエイムの2015

★タートルボウル産駒
アレキサンドリアの2015、ジュモーの2015、メガクライトの2015

★キンシャサノキセキ産駒
シェルズレイの2015、ベネヴィントの2015

★ステイゴールド産駒
キューの2015、スプリングシーズンⅡの2015

★ディープブリランテ産駒
ヴィアンローズの2015、ピンクアリエスの2015

★トーセンホマレボシ産駒
アドマイヤサンデーの2015、シャラントレディの2015

★ネオユニヴァース産駒
ラフィントレイルの2015、ヒカルアモーレの2015

★その他
ティフィンの2015(ヴァーミリアン)
マイティースルーの2015(ヴィクトワールピサ)
シーズンズベストの2015(クロフネ)
マチカネチコウヨレの2015(ゴールドアリュール)
スウェアトウショウの2015(ジャングルポケット)
オーベルゲイドの2015(スズカママンボ)
ファーストチェアの2015(ホワイトマズル)
ミスティークⅡの2015(マンハッタンカフェ)
シシリアンブリーズの2015(ヨハネスブルグ)
Teddy’s Primiseの2015(Lemon Drop Kid)

■感想

まず募集リストを見た印象としては、今年は割とこれまでとは違うNF産の馬が回ってきたと思いました。事前に募集予定馬を自分なりに予想していましたが、半分ぐらいしか当てることができず、意表を突かれたという想いが強い今回のリスト。

いろいろ驚いたことはあるのですが、個人的に一番驚いたのはキングカメハメハ産駒の頭数の多さ。その数、なんと7頭! 確かに体調が悪くなる前は7頭募集されていたこともありましたが、種付け頭数制限後にこの頭数の募集は凄いと感じました。キングカメハメハ産駒の実績を考えればセリに出した方が高く売れるでしょうし、その状況下で7頭もクラブに引っ張ってきたあたり、母親優先の都合があるとはいえ本当に凄いクラブになったのだと実感します。

その母親優先の威力の反動と言いますか、ノヴェリスト産駒も6頭と多め。なんと全頭が母親優先の対象馬(笑) 正直、サンデーレーシングの募集などの情報を見て回っているとノヴェリスト産駒の評判は芳しくなく、こういう評判の悪い産駒も収容するのがノーザングループにおけるキャロットクラブの役割なのだと感じました。

その他、追分生産のロフティーエイムの仔がキャロットに回ってきて驚かされましたが、個別の馬でいえば、出資馬だったラフォルジュルネの初仔(父ノヴェリスト)が募集されたのは嬉しい限り。その一方で、「ヘニーヒューズ×Cozzene」の黄金配合で血統的に激アツと思われたホワイトミーティアの2015が募集されずガッカリ。今年はこの2頭を本線に考えていたので作戦は練り直しとなりました。

そんな訳で早速、先週末から血統を中心に募集馬をチェックしています。今年は前年度の落選実績がないので一般枠で獲れる馬を中心に検討していく方針です。なので、新種牡馬は特に検討対象としています。現時点で注目している馬は以下にまとめました。

なお新種牡馬の血統やキャリアに関しては以下の記事にまとめていますのでご興味がある方はお読みください。

2017年度デビュー予定の新種牡馬分析
http://pog-info.com/archives/2731

■個人的注目馬

注目馬1
アンナヴァンの2015(父ロードカナロア)

ロードカナロアのNureyevと母系のSadler’s WellsでSpecialのクロスが完成。自分なりに「ロードカナロアにサドラーが合う」という仮説を立てていますので、その条件を満たす本馬は要チェック。Mr. Prospectorの4×4のクロスを持っているのでダート色が強い可能性もあり、ダート馬の育成に定評のある厩舎なら面白い1頭。
~~~~~
注目馬2
ヴェルデライトの2015(父ヘニーヒューズ)

セレクトセールを見ていてもヘニーヒューズ産駒の筋肉は個人的に好みで、積極的に検討していきたい種牡馬。上記の新種牡馬分析にも書きましたが、ヘニーヒューズ産駒は「母系のNasrullahのクロス」がポイントで、今回募集された4頭のうち3頭がNasrullahのクロスを持っていますが、その中でも一番本数が多いのが7x7x7のクロスを持つのが本馬。また、このクロスを持つとダート適性が強くなるので、その観点でも牡馬のほうが好ましく、本馬はまさに条件にピッタリ。母親優先対象馬なので出資枠が狭い点は悩ましいですが、まずは申し込んでみたい1頭です。
~~~~~
注目馬3
ジェシカの2015(父エイシンフラッシュ)

上記の新種牡馬分析の中で、エイシンフラッシュ産駒の仮説の中で「母系にノーザンテーストが有効なのではないか?」としており、それを検証する意味でも注目しているのが本馬。血統表を見ていくと、Kingmanboにサンデーサイレンス、トニービンにノーザンテースト。構成だけ見ればドゥラメンテを連想させます。5代目までにNorthern Dancerが1本しか入っておらず、日本の速い競馬に対応できるかという不安も大きいですが、スケールの大きさを感じる配合です。
~~~~~
注目馬4
アドマイヤサンデーの2015(父ハービンジャー)

2年前の募集では10頭もいたハービンジャーも今年はわずか2頭。ただ個人的には今春の京都開催など高速馬場に対応するなど進化を見せており自分の中では評価を高めているので、ここは狙い目かもしれません。ハービンジャー産駒の成功パターンはく「牡馬+母はSS系+母・母兄弟が中距離重賞勝ち」。母兄弟にフサイチホウオーやトールポピーがいる本馬はまさに条件にピッタリ。一口10万と予想しますが、その通りなら狙ってみたいところ。
~~~~~~
注目馬5
マチカネチコウヨレの2015(父ゴールドアリュール)

キャロットクラブで意外と高パフォーマンスを発揮してくれるのがマチカネ一門出身の産駒です。ゴールドアリュール産駒の成功パターンは「母系がミスプロ系orロベルト系」なのでこのパターンには該当しないのですが、母系にコテコテのダート血統を持ってくるという意味では半兄にエルムS勝ちのマチカネニホンバレがおり、他の兄姉の勝ち星もダートが中心という点は評価できます。特に個人的に栗毛が大好きなのでこれは絶対に欲しいと思っています(笑)
~~~~~

その他では、この世代が黄金世代ともいえるハーツクライ産駒の中では、ワンアンドオンリーと母父が同じプロミネントの2015や、今年のダービー卿CTを制したマジックタイムと母父が同じエレンウィルモットの2015あたりも検討対象に入れています。

また今年が初めての募集となるロードカナロア産駒はどれも母系のポテンシャルが高そうで、中でもNureyevのクロスが卓越した機動力を生み出しそうなトゥザヴィクトリーの2015や、父方のスピードと母方の適度な血統の重厚さがいいバランスだと感じさせるヴィートマルシェの2015も好感が持てる馬だと思います。

これから本格的に全頭の配合などを確認して、例年通り8月下旬には自分なりの評価を記事にまとめたいと思っています。

(文=桜木悟史) @satoshi_style



←他のPOGサイトも見てみる



2件のコメント

  1. もう改めて書くこともないとは思うのですが、やっぱり、今回も、マルティンスタークの産駒に出資します。牡馬ということで、少し割高にはなると思いますが、足元はしっかりしている気がしますので、しっかり定年退職?してくれることを祈っての出資です。とにかく、募集予定の中に名前があって良かったです。なんだか、大学入試の合格発表みたい・・・

  2. こんばんは。
    今年は、リストを見ましたが人気が割れそうな感じですね。
    人気が割れるので名前だけ見ると欲しい馬が色々といて目移りします。
    とりあえず、カタログ見るのと厩舎が気になる所です。

コメントを残す

必須欄は * がついています