POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ディアデラノビアの2015(父キングカメハメハ)評価【キャロットクラブ募集番号6】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方を書いています(当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する賞金回収率を重視
・クラブ内世代トップ10を目指せるか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・厩舎力、厩舎の方針、厩舎データ
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


ディアデラノビアの2015

ディアデラノビアの2015

父:キングカメハメハ
母:ディアデラノビア(13歳)
母父:サンデーサイレンス

5代目までのクロス:Raise a Native 4×5、Northern Dancer 5×5

牝馬

募集価格:5,000万円
預託予定先:美浦・国枝栄厩舎

キングカメハメハ産駒は総じて牡馬のほうが大物が出やすく、牝馬は統計的にはマイナスなのですが、その中で重賞勝ち馬となっているディアデラマドレの全妹ということで配合としては文句ありません。

ちなみにキングカメハメハ産駒は過去の重賞勝ち馬を見ても「母父サンデーサイレンス」が圧倒的で、今回の募集馬の中では本馬とピンクパピヨンの2015が該当。配合のポテンシャルにはまったく問題がなく、あとは本馬を出産した母13歳という年齢を気にすればいいでしょう。

そこで兄たちの成績をチェックしますが、2つ上のサンマルティン(ハービンジャー)が先月3勝目をあげ、1つ上のドレッドノータスは京都2歳S勝ち。繁殖ポテンシャルが下がっている可能性は低いとみてよいでしょう。 現5歳の全兄ディアレルレイも5歳になっても勝ち星を積み上げるなど息の長い活躍をできるのもディアデラノビアの仔のプラス材料だと言えます。回収率重視でいくならば、息の長い活躍は望ましいと言えます。

最後にあまり参考にならない筆者の相馬見解ですが、本馬に関しては前脚の踏み出しがいまいちに見えました。これを故障リスクだとはジャッジしませんでしたが、能力・健康度の両面でどのような結果になるのか経過を観察したいところです。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2015年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2015



←他のサイトも見てみる






コメントを残す

必須欄は * がついています