POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

カニョットの2015(父ハーツクライ)評価【キャロットクラブ募集番号11】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方を書いています(当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する賞金回収率を重視
・クラブ内世代トップ10を目指せるか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・厩舎力、厩舎の方針、厩舎データ
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


カニョットの2015

カニョットの2015

父:ハーツクライ
母:カニョット(10歳)
母父:Sunray Spirit

5代目までのクロス:なし

牝馬

募集価格:1,800万円
預託予定先:美浦・斎藤誠厩舎

まず「ハーツクライ×Storm Cat系」の組み合わせは現状、そこまで勝ち上がり率も高くなく、重賞級の馬が出ていないのが現状。配合的には高く評価しにくいと言えます。

ただしこれまでカニョットは2頭の仔を産んで、そのうちの1頭が中長距離で2勝を挙げているメイアルーア(父スペシャルウィーク)ですので繁殖能力が低いわけでありません。特にSS系との組み合わせで重賞馬を出すケースもあるアルゼンチン血統ですので侮れないような気がします。特に半兄が中長距離で結果を出していますので、よりその路線に定評があるハーツクライに変わって長所は伸びそうです。

ちなみに本馬は母父方にSeattle Slewを持っており、「ハーツクライ×Seattle Slewは長距離砲配合」として有名。このパターンに該当するのがカレンミロティック(天皇賞春3着)、カポーティスター(日経新春杯)、マジェスティハーツ(神戸新聞杯2着)など。Seattle Slewが他のSS系種牡馬とあまり相性が良くない中でハーツクライとの組み合わせはそれなりに結果を出していますので、スペシャルウィーク→ゼンノロブロイときて3番仔のここで当たりとなるケースはありえない話ではないように思えます。

Northern Dancerのクロスが5×6と薄めなのが近年のトレンドを踏まえるとやや物足りない感じはありますが、中長距離路線で花が咲く可能性を秘めた配合と言えそうです。馬体に関しては、現状トモの筋肉は物足りないと思いますが、後脚の可動域が広めで差し比べになった時に比較的速い上がりを出せそうな印象はあります。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2015年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2015



←他のサイトも見てみる






コメントを残す

必須欄は * がついています