POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

フェルミオンの2015(父ノヴェリスト)評価【キャロットクラブ募集番号18】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方を書いていきます(当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する賞金回収率を重視
・クラブ内世代トップ10を目指せるか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・厩舎力、厩舎の方針、厩舎データ
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


フェルミオンの2015

フェルミオンの2015

父:ノヴェリスト
母:フェルミオン
母父:アグネスタキオン

5代目までのクロス:Literat 5×5、Raja Baba 5×5

牝馬

募集価格:1,800万円
預託予定先:美浦・黒岩陽一厩舎

▼参考記事:新種牡馬分析[ノヴェリスト]
http://pog-info.com/archives/2731

ノヴェリスト産駒はキャロットクラブ6頭、シルク0頭、しかもキャロットクラブの6頭はすべて母親優先対象ということで、ネガティブに捉えればキャロットクラブに押し付けられたという解釈も可能。現段階では馬産地のノヴェリスト産駒への評価はあまり高くないという前提で見ていく必要があります。

フェルミオンは半兄ストレンジクォーク(父メイショウサムソン)、アップクォーク(父ベーカバド)で5勝をあげており、種牡馬が主流でないことを考えると非常に繁殖力が高いという評価ができます。とりわけメイショウサムソンにしてもベーカバドにしても欧州の重厚な感じの血統をうまく中和している点は好印象で、不安が先行しているノヴェリスト産駒の中で成功しそうな筆頭といってもよいでしょう。

不安なポイントをあげるとすれば2点。まず兄2頭は父が十分な量のNorthern Dancerの血を持っていたので母方にNorthern Dancerがなくても問題がなかったという点。ノヴェリストのNorthern Dancerの血が薄めなので半兄たちと比較して、日本の馬場への適性には少し不安が強くなります。半兄たちは芝路線で活躍しましたので、場合によってはスピードが足りなかったり、ダートが主戦場になる可能性も考慮しておくべきでしょう。そして、もう1点はノヴェリストとMr.Prospecterの相性は未知数という点。この問題は他のノヴェリスト産駒も抱えている問題ですので、初年度の今年はある程度のリスクを覚悟して出資していく必要はあります。

そして同馬で難しいのは母父アグネスタキオンの存在。ここ1年でノンコノユメやアクティブなどの活躍もありますが、それ以前は億超えホースはおらず全体的には微妙な印象。特にクラシック路線とは完全に無縁でPOGで泣かされた人も多いでしょう。それだけに中長距離適性が強そうなノヴェリストに父が代わってどんな適性を見せるのかは未知数。個人的なインスピレーションで言えば、芝なら距離は1800mぐらいが限界で、場合によってはダートなどの路線に行く可能性もあるかもしれないと感じています。

DVDを見ても、歩き方にゴツゴツした部分があり、ノヴェリストの重厚な感じが馬体にも表れている印象。ノヴェリスト産駒のダート適性はまったく未知数ですが、ダートで走るとしたらこういうタイプのような気がします。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2015年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2015



←他のサイトも見てみる






コメントを残す

必須欄は * がついています