POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

カサパサーの2015(父シニスターミニスター)評価【キャロットクラブ募集番号38】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方を書いていきます(当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する賞金回収率を重視
・クラブ内世代トップ10を目指せるか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・厩舎力、厩舎の方針、厩舎データ
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


カサパサーの2015

カサパサーの2015

父:シニスターミニスター
母:カサパサー(13歳)
母父:エルコンドルパサー

5代目までのクロス:Seattle Slew 4×5、Mr. Prospector 5×4

牡馬

募集価格:1,400万円
預託予定先:美浦・上原博之厩舎

シニスターミニスター産駒がキャロットクラブで募集されるとは思っていませんでしたが、インカンテーションなどを輩出しているダート種牡馬で注目している方も多いのではないでしょうか。シニスターミニスターはSeattle Slew系の種牡馬ということで、変にサンデーサイレンスが入るよりかは、ロベルト系などのコテコテにダートっぽい牝馬との馬を選ぶのが王道。本馬はどうでしょうか。

母父エルコンドルパサーは、アンビシャスやマリアライトなどの芝馬も出しつつ、クリソライトなどのダート馬も出している万能型です。ただ、いずれにしても全体的には中長距離向きのスタミナ豊富なサドラー感が強いのが特徴。

この部分に注目して「シニスターミニスターとSadler’s Wellsは合うのか?」という観点で、シニスターミニスター産駒で母方にSadler’s Wellsを持っている馬がいるのかをチェックすると、賞金上位にその条件に該当する馬はいません。ただし今年の3歳ダートOPで活躍したマイネルバサラは母母方にSadler’s Wellsを持っていて2勝していますから、大幅なマイナスということはないでしょう。ただ強調できるほどの材料もないように思われます。

カサパサーの仔は8頭いて、その半分の4頭がシニスターミニスター産駒ということで牧場側もある程度、自信を持ってシニスターミニスターをつけていると思われます。それがこのタイミングでノーザンファーム・キャロットクラブに回ってきた経緯は気になるところ。「非ノーザン生産」かつ「兄姉実績に乏しい」パターンは過去にも数頭募集されましたが、いきなり突然変異の活躍をしたケースはほとんどないので、あまり好意的な解釈はしないほうが賢明だとみます。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2015年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2015



←他のサイトも見てみる






コメントを残す

必須欄は * がついています