POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

アヴェンチュラの2015(父キングカメハメハ)評価【キャロットクラブ募集番号44】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方を書いていきます(当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する賞金回収率を重視
・クラブ内世代トップ10を目指せるか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・厩舎力、厩舎の方針、厩舎データ
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)


アヴェンチュラの2015

アヴェンチュラの2015

父:キングカメハメハ
母:アヴェンチュラ(7歳)
母父:ジャングルポケット

5代目までのクロス:Northern Dancer 5x5x5x5、トライマイベスト・El Gran Senor 4×4、Nureyev 4×4

牝馬

募集価格:6,000万円
預託予定先:栗東・角居勝彦厩舎 (調教師データ分析)

まず種牡馬の傾向でいうと、キングカメハメハ産駒は「牡馬優勢」。獲得賞金上位20頭のうち、牡馬が18頭と牡馬を狙うのがセオリー。実際、キャロットクラブからは7頭の重賞勝ち馬が出ていますが、6頭が牡馬。キャロットクラブなので母親優先まで見据えれば牝馬もアリですが、ここは個人の判断によるかと思います。

次に配合に関して言えば、「キングカメハメハ×母父ジャングルポケット」の配合はサンプルが少なく、ロッカフラベイビー(14戦1勝)のみ。配合の可能性としては未知の部分が大きいと言えます。

そこでもう少し範囲を広げた「キングカメハメハ×トニービン系」の組み合わせではルーラーシップという成功例もありますが、ルーラーシップの場合は母母方のノーザンテーストやパロクサイド牝系のほうが配合のキモになっており、これだけをもって相性が良いとは言い難いと言えます。

ここで今度はジャングルポケット側からこの配合を見てみると、ジャングルポケット産駒の活躍を見ても母系がミスプロ系の馬というのはほとんどおらず、「キングカメハメハとジャングルポケットの相性はそこまで良くない」というのが筆者の見解。種牡馬傾向と配合からは推しづらいと評価しました。

ただトライマイベスト(El Gran Senor )4×4、Nureyev4x4という強烈な相似配合になっていますので、これが爆発力につながったら簡単にG1を勝ちそうな気もします。配合の評価が難しいというのが正直なところです。

馬体では左前脚の捌きが気になりました。少し内にささり気味のように見えましたので、本馬に関しては故障リスクを高めに見積もりました。昨年、シンハライトを故障リスクの観点で「危険な人気馬」としてジャッジして失敗しましたが、今年も懲りずに人気馬にも故障リスクのジャッジをするならこの馬は少し危険だとみています。ただ昨年「名門厩舎は故障リスクをうまくケアしてくれる」ということを学びましたので、角居厩舎がうまくやりくりしてくれることを期待したいと思います。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2015年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2015



←他のサイトも見てみる






コメントを残す

必須欄は * がついています