POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ヴィートマルシェの2012(アヴニールマルシェ)-『週刊Gallop』POGドラフト会議 和田稔夫記者1位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

ヴィートマルシェ2012

父:ディープインパクト
母:ヴィートマルシェ

入厩予定:藤沢和雄厩舎

◎ 和田記者 1位指名

◆会議内でのコメント
ノーザンファーム天栄で杉原騎手が調教をつけた際に『飛んでいる』と表現した1頭(もしかすると、やんちゃで跳んだという意味かもしれないとのこと。苦笑)。その後、美浦トレセンに移動。美浦でも北村宏騎手などが調教をつけ、『最初からギアが2速になる感じ』だと評判。来週ゲート試験を受ける予定とのこと

◆情報局の見解
この馬は、私もキャロットの募集カタログで事前チェックをしていた馬です。その時の感想としては「よくも悪くも特徴のない馬」という感じ。ただDVDで動きはチェックした感じだと、故障のリスクは低いと思います。

ディープインパクト産駒ということで、中山よりも東京向き。母父のフレンチデピュティというのも東京適性を後押ししそうです。距離適性に関しては「もしかすると少し短め(マイル~2000m)かな?」という印象です。

藤沢和厩舎は牡馬クラシックで大きなところがとれていません。そしてキャロットクラブとの相性もそこまでよくはないので(やっとバウンスシャッセで重賞制覇という感じ)、このあたりがどうでるかが焦点ではないでしょうか?

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています