POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

トゥザヴィクトリーの2012(トーセンビクトリー)『週刊Gallop』POGドラフト会議 渡辺武仁記者1位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

トゥザヴィクトリー2012

父:キングカメハメハ
母:トゥザヴィクトリー

入厩予定:角居勝彦厩舎

◎ 渡辺記者 1位指名

◆会議内でのコメント
トーセンビクトリーを手掛けるのは、今年のクラシックをハープスター、サングレアル、レーヴデトワールで賑わせたノーザンファーム日下和博厩舎。
そしてトーセンビクトリーは上記3頭よりも牧場での評判が高い。
兄弟と比べても、『全兄トゥザワールド(皐月賞2着)よりも走るのでは?』という感触もあるとのこと。
札幌の芝1800m戦でのデビューを目標に調整している

◆情報局の見解
まずこの血統はキャロット血統だったのが今年はトーセンに。ここは気になるところ。
個人的には強気なトーセンは選びたくないなぁという気持ちもあるので判断は難しいですね(笑)。
ただ近年のトレンドからすれば、トーセンホマレボシ、トーセンスターダムと結果を出しているトーセン軍団。GⅠは難しくても、OP・重賞でも獲れれば…という姿勢なら獲りにいきたい1頭です。

血統的にもキングカメハメハ産駒なので、阪神JF・桜花賞が行なわれる阪神マイルコースは好相性。ただ近年ではキレ味に勝るディープインパクト産駒にやられまくりなので、なんとなく重賞善戦マンになりそうな予感も。全兄トゥザワールドも上がり1位率が低いので、そんな感じでイメージするとわかりやすいかもしれません。

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています