POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

オリエンタルアートの2012(アッシュゴールド)『週刊Gallop』POGドラフト会議 板津雄志記者1位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

オリエンタルアート2012

父:ステイゴールド
母:オリエンタルアート

入厩予定:池江泰寿厩舎

◎ 板津記者 1位指名

◆会議内でのコメント
板津記者は3人による競合も覚悟していた1頭。
全兄オルフェーヴルと比べても、早生まれで完成度が高いとのこと。オルフェーヴルというと気性難の面がありましたが、兄ほどはやんちゃではないそうです。
兄たちがノーザン系での育成だったのに対して、今年は社台ファーム育成という点で異なるのがどう出るかが焦点のようです。

◆情報局の見解
皆さんご存知の三冠馬オルフェーヴルの全弟。
この兄弟に関しては当たればデカいので1位指名にも納得です。

ただ個人的に気になるのは、オリエンタルアートの繁殖力が老いてきていないか? という点。
マトゥラー⇒リヤンドファミユ⇒不受胎?ときての本馬。走る血統といっても故障してしまえばPOGでは大きなマイナスになりますので、このあたりの見極めはポイント。

あとこの血統は精神力で走る部分もあるので、「やんちゃではない」が必ずしもプラス評価にならないとみます。

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています