POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ポルトフィーノの2012(ポルトドートウィユ)『週刊Gallop』POGドラフト会議 渡辺武仁記者3位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

ポルトフィーノ2012

父:ディープインパクト
母:ポルトフィーノ
牡馬

入厩予定:高野友和厩舎

◎ 渡辺記者 3位指名

◆会議内でのコメント
ノーザンファームの横手裕二厩舎でも評判の1頭。
母は堅いところがあったが、馬体が柔らかいのが特徴
渡辺記者自身も産地馬体検査で馬体を確認して好評価している。
近年、高野厩舎にはいい馬が集まっており、本馬にも注目が集まる。

◆桜木メモ
個人的には高野厩舎の馬を指名したことがないのでわかりませんが、厩舎の実績を考えるといきなりこの血統というのは荷が重い印象を受けます。

この馬に関しては、母馬が角居厩舎所属だったことを考えると「本来なら角居厩舎に入っていたであろう1頭」と捉えるべきで、それを個々がどう判断するかというところになるかと思います。

血統的には、母父クロフネで獲得賞金を1億円超えているのはカラフルデイズのみ。超大物としては期待しすぎると危険かもしれません。
それでもすでに栗東に入っている点はいいですし、コンスタントに稼いでほしい1頭です。

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています