POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2016年調教師データ分析:池江泰寿厩舎(栗東)

| 0件のコメント

池江泰寿厩舎(栗東)

■2016年度成績
45-38-29-32-26-146

2016年リーディング:3位 (※2015年2位)
特別レース勝利数:21

勝率:.142(7位)
連対率:.263(8位)
複勝率:.354(6位)

馬房数:28

1馬房あたり平均出走数:11.29
1馬房あたり平均賞金額:62,380千円(2位)
1出走あたり平均賞金額:5,527千円(3位)
※馬房数は2016年3月末日時点

2016年2歳新馬・未勝利成績:54戦10勝(勝率.185)
2013世代勝ち上がり率:.679(28頭中19頭)

■依頼騎手
1位:川田将雅 57鞍(16勝)
2位:ルメール 26鞍(4勝)
3位:デムーロ 22鞍(3勝)
4位:ホワイト 20鞍(3勝)
5位:藤岡康太 16鞍(1勝)

■分析
昨年の2位の時とほとんど数字が変わらず、非常に安定感があるのが池江泰寿厩舎の強み。

そんなわけで分析としては、前年の分析記事に書いた内容とあまり変化がないので新たに書く内容があまりないのですが、昨年書いた内容を少し振り返ると、昨年の分析では「マイナー種牡馬の産駒よりも王道な種牡馬の仔の活躍が目立つ」と書きました。

近年の活躍馬を見ても2015年のラブリーデイ(キングカメハメハ)、2016年のサトノダイヤモンド(ディープインパクト)であり、一口馬主やPOGではやはり王道を狙いたいという見解は変わりません。またこれに関連するのか、池江厩舎は芝レースでの勝ち鞍が多いのも特徴。全45勝のうち37勝が芝での勝利

具体的な話をすると、キャロットクラブでいえば、募集時に人気になったサンタテレサ(ドリームジャーニー)はダートにも挑戦しているが、なかなか適性条件が見つからず苦戦中。「マイナー種牡馬でマイナス」という傾向に加え、「池江厩舎の牝馬は割引」という個人的な方針についても「やはり…」と感じているところです。(王道牡馬のキングカメハメハ産駒トウザクラウンは頓挫してしまいましたが…)

さて、今年の調教師データ分析では、新たな項目として「2歳の新馬・未勝利戦の成績」「世代の勝ち上がり率」という項目を追加したのですが、池江厩舎は2016年の2歳戦で10頭が勝ち上がり、そのひとつ上の2013年産駒は勝ち上がり率.679と優秀。ある程度、2歳戦から使ってくれ、さらに勝ち上がり率も高いので、なんだかんだでPOGや一口馬主では頼りになる厩舎だと言えます。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ
※本ブログで紹介するデータは独自の集計をしており、一部公式データと異なる部分がございます。あらかじめご了承ください。






コメントを残す

必須欄は * がついています