POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2016年調教師データ分析:音無秀孝厩舎(栗東)

| 0件のコメント

音無秀孝厩舎(栗東)

■2016年度成績
45-29-25-32-30-237

2016年リーディング:4位 (※2015年8位)
特別レース勝利数:17

勝率:.113
連対率:.186
複勝率:.249

馬房数:28

1馬房あたり平均出走数:14.21
1馬房あたり平均賞金額:42,666千円(5位)
1出走あたり平均賞金額:3,001千円(9位)
※馬房数は2016年3月末日時点

2016年2歳新馬・未勝利成績:60戦7勝(勝率.117)
2013世代勝ち上がり率:.455(33頭中15頭)

■依頼騎手
1位:松若風馬 116鞍(13勝)
2位:デムーロ 17鞍(5勝)
3位:ルメール 22鞍(3勝)
4位:武豊 17鞍(3勝)
5位:北村友一 16鞍(1勝)

■分析
非常にデータ分析に困る数字が出てきたのが音無厩舎。

2015年度の36勝から9勝を上積みして45勝でリーディング順位を上げたことは評価しないといけないのですが、しかしその質があまり良くないというのが筆者の見解。

まず勝率は.113と低く、これは音無厩舎よりも100レース以上も多く出走している矢作厩舎とほとんど変わらない数字。これは1馬房あたりの平均出走数が12.37→14.30とアップさせたことによる影響で、2015年との比較で言えば「馬房の回転率を上げたことで1出走あたりの質が低くなった」との見方ができます。少なくとも馬券的には信用を下げた形となります。

そして特に危惧しているのは、複勝率の大幅な低下で.299→.249と5%も下げているのは厩舎の質を考察する上でマイナス評価。それを裏付けるかのように、2013年世代の勝ち上がり率はリーディング10位以内で唯一5割に達していません。この点を考慮すると、一口馬主で出資するには少し不安が残ると言わざるを得ません。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ
※本ブログで紹介するデータは独自の集計をしており、一部公式データと異なる部分がございます。あらかじめご了承ください。






コメントを残す

必須欄は * がついています