POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ウィンターコスモスの2012(グリュイエール)『週刊Gallop』POGドラフト会議 和田稔夫記者3位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

ウィンターコスモス2012

父:ディープインパクト
母:ウィンターコスモス
牡馬

入厩予定:藤原英昭厩舎

◎ 和田記者 3位指名

◆会議内でのコメント
和田記者が『丸ごとPOG』を見ていて、馬体が非常に気に入った1頭。
母ウィンターコスモスの伯父にはクロフネがいるなど、金子ブランドの結晶とも言える1頭
全姉のナイトジャスミンは未勝利[4戦0勝]に終わったが、姉よりも走るのでは?
始動は秋以降になる模様。

◆情報局の見解
まず美浦担当である和田記者が、栗東の馬を獲りに行ったというのは、記者という立場を無視しても獲りに行きたかったということが読み取れるので、本気で馬体を気に入ったというのは想像できます。

個人的には、初仔が未勝利で終わっての2頭目となると兄弟の実績に乏しく、少し狙いにくい印象もありますが、姉が黒鹿毛だったのに対し、グリュイエールは芦毛。クロフネファミリーの影響が強く出ている可能性もあり、姉とは違う成績を収めてもおかしくはないと思います。

ただそれでも、桜木血統理論によれば母方にクロフネ系統が入ると大成しにくいと分析しているので、積極的には狙いにくいという印象を持っています。

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています