POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2016年調教師データ分析:木村哲也厩舎(美浦)

| 0件のコメント

木村哲也厩舎(美浦)

■2016年度成績
37-34-22-14-19-124

2016年リーディング:9位 (※2015年24位)
特別レース勝利数:6

勝率:.148(5位)
連対率:.284(2位)
複勝率:.372(2位)

馬房数:20

1馬房あたり平均出走数:12.50
1馬房あたり平均賞金額:27,409千円
1出走あたり平均賞金額:2,192千円
※馬房数は2016年3月末日時点

2016年2歳新馬・未勝利成績:28戦8勝(勝率.286)
2013世代勝ち上がり率:.576(33頭中12頭)

■依頼騎手
1位:戸崎圭太 39鞍(10勝)
2位:柴山雄一 30鞍(2勝)
3位:石川裕紀人 24鞍(2勝)
4位:ルメール 23鞍(6勝)
5位:田辺裕信 14鞍(3勝)

■分析
一口界隈で話題になることも多い木村哲也厩舎は前年リーディング24位から9位へ躍進。

ノーザンファームから素質馬が預託されていることもあり、元々複勝率の高い厩舎ではありましたが、2016年は1着が増えたことで一気に順位を上げました。その原因をひも解くと、一因としては「上位騎手への依頼が増えた」ことが挙げられます。

2015年は柴山騎手(50鞍)、北村宏騎手(40鞍)を中心に依頼していたのを、リーディング1,2位の戸崎騎手(39鞍)・ルメール騎手(23鞍)へ一部切り替えたことで勝ち星を増やすことに成功しました。

データを見ると、他の上位厩舎と比較すると特別競走の勝ち星が6勝と少なめ。獲得賞金関連のデータでは上位に見劣りますが、下級クラスではしっかり結果を出しつつある点は評価に値します。

それと関連して、2歳戦は好調。2016年は8頭の2歳馬が勝ち上がっており、1勝目が重要な一口馬主においてはありがたい傾向だと言えます。ただし2013年世代のデータでいえば、預託頭数が33頭と多めなので、なかなか入厩の順番が回ってこないというパターンも多そうです。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ
※本ブログで紹介するデータは独自の集計をしており、一部公式データと異なる部分がございます。あらかじめご了承ください。






コメントを残す

必須欄は * がついています