POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

コートアウトの2012(コートシャルマン)『週刊Gallop』POGドラフト会議 和田稔夫記者4位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

父:ハーツクライ
母:コートアウト
牝馬

入厩予定:松永幹夫厩舎

◎ 和田記者 4位指名

◆会議内でのコメント
『丸ごとPOG』にも掲載されている社台ファームの吉田照哉氏・吉田哲哉氏への取材で好印象。
すでにグリーンウッドに入っており、入厩間近。マイル前後で期待したい。

◆情報局の見解
私自身も今年のPOG向けにリストアップしている1頭です。
個人的にはストロングリターンやレッドオーヴァルを持っていたのでオススメしたい血統です。

ただ、どうしても「ハーツクライ産駒の牝馬」という点は気になります。
ヌーヴォレコルトが走ったのでそこまで気にしなくていいのでしょうが、やはり統計的に見ると牝馬に出たのはマイナスだとは思っています。プラスして兄や姉と比較した場合、シンボリクリスエスとディープインパクトよりも少し長距離傾向の強い血統がついたのも桜花賞などを目標にした場合、少し余分な印象も受けます。

ただそれでも初仔からコンスタントに勝利を挙げて、兄姉5頭合わせて中央21勝の実績は素直に評価するべき。体質さえしっかりしていれば、POGの期間内でも活躍を期待できると思います。

※ただ、これだけは言っておきたいことがあります。
この馬、『丸ごとPOG』の中で「絶対に走る」って書かれていますが、この手の言葉を書かれた馬は地雷になってるケースが多いのでそこは要注意です(苦笑)

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています