POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ワールドリープレジャーの2012(ワールドリースター)『週刊Gallop』POGドラフト会議 板津雄志記者4位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

ワールドリープレジャー2012

父:Admire Don
母:ワールドリープレジャー

入厩予定:松田博資厩舎

◎ 板津記者 4位指名

◆会議内でのコメント
産地馬体検査で直接、確認した渡辺記者も高評価。
産地馬体検査の早来の1日目に登場した中では一番馬の評価(きょうイチ)とのこと。
松田博調教師に2歳馬のことを聞くと、8-9割はこの馬の話になる。それだけ師の印象に強く残っている1頭。父アドマイヤドンによく似ているそうだ。松田師いわく『芝で走らなくても、ダートで走れるだろう』とのこと。
ノーザンファームの林宏樹厩舎長もかなりの好感触を持っている。
すでに3ハロンの調教タイムでも41秒台の好時計を出している。

◆情報局の見解
この馬はリストアップの時点で完全にノーマークだったので面白い1頭だと感じました。

松田博厩舎はPOGに関しては、牝馬のほうが優勢ですが、師もそろそろ定年が近づいてきていますので、師の悲願のダービー制覇をこの馬で一緒に夢見るというのも面白い楽しみ方だと思います。

調整も早く進んでいて、北海道デビューが濃厚でしょうから、POGのエースになれる可能性がありそうです。

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています